New!SPEED Wi-Fi NEXT WiMAX2 W03登場!

WiMAX2+対応3波キャリアアグリケーションを搭載して新登場!

SPEED Wi-Fi NEXT WiMAX2+ W03 6月7日発売

メーカー/機種名 W03
サイズ・カラー 120(W)x62(H)x11.4(D)mm

オレンジ・ホワイト

重量 120g
同時接続台数 10台
連続待受時間 約1040時間
対応通信規格 WiMAX2+・4GLTE
ディスプレイ 2.4インチカラータッチパネル(320×240)
バッテリー容量 3,000mAh
対応モード ハイスピード(WiMAX2+)

ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+/FD-LTE)

最大通信速度 Download 370Mbps

Upload 25Mbps

 

無線LAN規格

IEEE802.11a/b/g/n/ac (LAN)5G対応

参考:プレスリリース https://www.atpress.ne.jp/news/104569

 

W03の特徴

3波キャリアアグリケーションとは?

1:3波CA(3CA)とはWiMAX2+のTDD波(110Mbps×2)とFDDLTEの1波(150Mbps)を束ねて3つの通信規格を組み合わせて高速通信を実現させた通信規格で、最大370Mbpsの高速データ通信を実現しました。

WiMAX2+4GLTEのCA→220Mbps(WiMAX2+CA)+150Mbps(2GHZ)=最大370Mbps

※370Mbpsは東京都渋谷駅周辺エリアから開始し、愛知県名古屋駅周辺、大阪府梅田駅周辺、山手線主要駅周辺などへ拡大予定(送信速度は対象外)。駅構内はご利用いただけない場合があります。

 

2:Wi-Fi規格IEEE802.11acに対応。

 

3:NFC対応スマホがあればパスワード入力することなくワンタッチで接続可能。

 

4:専用アプリをDLすることでワンタッチスリープ復帰可能な「リモートウェイクアップ機能」を搭載、カバンの中に入っているルーターを出し入れすることなく電源のオン・オフが可能になり、専用アプリからネットワーク状態や通信モード変更、通信容量バッテリーの残量や各種設定変更が可能になります。

 

5:利用用途の合わせて通信パフォーマンスを実現できる「ハイパフォーマンス」と「エコモード」を搭載。

 

6:バッテリーに優しい設定時間内に通信がない場合は自動で電源がオフになるバッテリーセーブ機能搭載。

 

通信モードを徹底解説

ハイスピードモード(WiMAX2+)

WiMAXエリアが速度的に遅く世代交代として縮小傾向にあります。

その後継手段としてWiMAX2+エリアが拡大中でWiMAX2+が標準モードとして展開して行きます。

 

ハイスピードプラスエリアモード

auの4GLTE回線が使えるのでWiMAXの電波が入らない場所で4GLTEに切り替わります。

デメリットとしては利用月のみ1,005円のオプション料金が掛かるので注意が必要です。

 

WiMAXノーリミットモード

WiMAXでのみ速度制限無しで最大下り40Mbpsと速度は落ちますが定額で使い放題プランでしたが、WiMAX2+に移行して行くので2018年にはサービスが停止されます。

対応しているルーターが現状WX01のみですがノーリミットモードとハイスピードモードが自動切り替えなのでノーリミットモードのみで使うことは出来ません。

 

料金プランは?

Flatツープラスとは

UQWiMAX公式の料金プランを参考にしてWiMAX2+を2年間使って場合、月額3,696円で7Gを超えると速度規制に制限されます。(ハイスピードモード・ハイスピードプラスエリアのみ)

 

Flatツープラスギガ放題とは

WiMAX2+を2年間契約の月額容量制限を無くしたのが「ギガ放題」プランです。

3日間で3GB以上超えると速度制限あり、月額料金は4,380円で申し込み月から3ヶ月間はFlatツープラスの料金3,696円でご利用可能でプラン変更が何度でも制限なく変更可能出来るのが特徴です。

※価格表記はUQWiMAXを参考価格にして表記してます。

 

オススメルーター3機種!

メーカー/機種名 NEC/WX01 NEC/WX02 Huawei/W02
サイズ 109(W)x66(H)x9(D)mm

 

110(W)×66(H)×9.3(D)mm W121 x H59 x D11.1mm
重量 約97ḡ 約95g 約119ḡ
カラー ディープブルー

パールホワイト

メタリックレッド

パールホワイト

マットブラック

グリーン

ホワイト

対応モード WiMAX/WiMAX2+

ハイスピードモード

ノーリミットモード

WiMAX2+

ハイスピードモード

WiMAX2+/4GLTE

ハイスピードモードau 4G LTE

同時接続台数 Wi-Fi機器:10台, USB:1台

または、Bluetooth機器:7台、USB1台(BTテザリング設定時)

Wi-Fiテザリング時:10台

Bluetoothテザリング時:3台

USBテザリング時:1台

Wi-Fi機器:最大10台(Wi-Fiのみ)
連続待受時間 休止状態:約400/650時間(リモート:有/無)

ウェイティング:約35時間

休止状態:約400/650時間(リモート:有/無)

ウェイティング:約35時間

約35時間(WiMAX 2+利用時)、最大約7時間20分(LTE利用時)
専用アプリ AndroidiTunes AndroidiTunes
クレードル オプションで提供

参考:http://www.uqwimax.jp/products/wimax/

 

3機種のオススメポイント

  • WX01・・・唯一ノーリミットモード対応のWi-Fiルーターで3色のカラー展開でUSBで接続出来るのも特徴ですね。
  • WX02・・・軽さと携帯性ではピカ1なWi-Fiルーター、WX01の後継機種なのでノーリミットモードが使えないのは残念ポイントですが3つボタンのシンプル設計なので簡単操作で初心者に最適な1台です。
  • W02・・・2.4インチタッチパネル液晶を採用、W02は今や格安スマホの代表メーカーであるHuawei製この機種の特徴はau 4G LTE河川が利用可能でWiMAXが繋がらないエリアで威力を発揮しそうですね。

 

クレードルは必要?

付けるかどうか悩みどころなのがオプションの「クレードル」

クレードルとはWi-Fiルーター機器を充電するのはもちろん、最大のメリットは有線LANが繋げられるのがメリットで使い方や状況に応じて便利な点がいくつかあるのでご紹介します。

例えば自宅に固定回線プロバイダーがある場合クレードルと固定回線を繋ぐことでWi-Fiルーター代わりとして使えるメリットがあります。

他にはビジネスホテルのネット環境が有線回線だけの場合もクレードルを使うことで無線LANWi-Fiルーターとして活用できるのでオプションのクレードルを付けるかお悩みの方は検討してみてくださいね。

 

オススメWiMAXプラン

プラン名称 価格・キャッシュバック
とくとくBB WiMAX 2年契約

・月額3609円~(初月無料、登録料3000円)

・最新のデータ端末 0円

・キャッシュバック有り

UQ WiMAX ・2年契約

・月額 3696円~(初月日割、登録料 3000円)

・データ端末 1円~

・3,000円分商品券

DTI WiMAX ・2年契約

・月額3500円~(初月日割、登録料3000円~)

・最新のデータ端末 0円

キャッシュバック ギガ放題25000円

 

まとめ

格安SIMや格安スマホが今年の2月から施行されてから注目を浴びてきています。

右肩上がりで加入者数が急上昇している勢いなので今使っているスマホの月額料金に不満ある方には間違いなくオススメです。

WiMAXは家電量販店でも取り扱っているのがメリットの1つとして実機を触って体験出来るのも悩んでいる方の背中を押してくれるはずなので、家電量販店で試したり店員さんのアドバイスを聴いてから参考にするのもいいですね。