UQWiMAXとUQmobile何が違うの?

UQmobileとUQWiMAX2つの事業者がありますが同じUQコミュニケーションズが運営する会社であります。

しかし2014年末にKDDIのMVNO事業「KDDIバリューイネイブラー」がUQブランドを開始して2つのUQWiMAXとUQmobile「UQブランド」が存在してそれぞれ運用していました。

それが2015年10月に「KDDIバリューイネイブラー」がUQコミニュケーションと合併して1つの会社となって、KDDIのMVNO事業である「UQmobile」とMNOとして事業を展開している「UQWiMAX」をUQコミュニケーションズがの2つを運営する事になりました。

公式:http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/kddi-ve/201508271.html

 

UQmobile編

UQmobileは基本的にスマートフォンを取り扱う事業を主に展開している会社と認識した方が解りやすいと思います。

料金プランもSIM単品で提供されていたり端末とセットの料金プランもあり最近では「イチキュッパ割」や「iPhone5sを取り扱い開始」で話題を集めています。

 

7月1日スタート!(新規・MNPイチキュッパ・スマトクキャンペーン適用価格を表示しています。

  月額基本料金 無料通話 月額データ容量 国内通話 通信速度 契約期間
ぴったりプラン

新規・MNP(イチキュッパ割+スマトク割を適用)

1,980円

 

2,400円(最大60分) 2GBまで  

 

 

 

20円/30秒

下り最大150Mbps(上り最大25Mbps)月間データ容量を超えた場合は上下通信最大300kbps

 

24ヶ月(自動更新)
たっぷりオプション +1,000円 4,800円

(最大120分)

6GBまで

別途端末代金、SIMパッケージ料金(3,000円)及びユニバーサルサービス料2円/月(2016年2月現在)がかかります。公式URL:http://www.uqwimax.jp/plan/mobile/pittari/detail.html

 

iPhone5s取り扱い開始

uqwimaxmobilediff-2

7月15日から「iPhone5s」が取り扱い開始になりますます過熱する格安SIM指標に殴り込を掛けてきました。

ピッタリプラント組み合わせる事で低価格でiPhone5sが持てる様になります。

残念なのが16G モデルのみですが新しいサービス「ぴったりプラン」「ぴったりプランたっぷりオプション」「データ通信+音声通話」「データ無制限+音声通話プラン」対応でSNSやテザリング可能で発売するようです。

公式:http://www.uqwimax.jp/information/201606291.html

 

SIM単品料金プラン

  高速データ通信容量制限あり データ通信無制限
料金プラン データ通信プラン データ通信+音声通話プラン データ無制限プラン データ無制限+音声通話プラン
月額基本料金 980円 1,680円 1,980円 2,680円
通信速度/容量 月間データ容量3GBまで
受信最大150Mbps
(送信最大25Mbps)
3GBを超えた場合は送受信最大200kbps
月間データ容量無制限で
通信速度最大500kbps
SIMサイズ MicroSIM・nanoSIM
SMS送受信/テザリング 無料
最低利用期間 12ヶ月 12ヶ月
     [オプション]
電話基本パック 380円 380円
チャージ容量 料金 有効期限 データ繰り越し ターボ機能
100M 200円 90日  

 

有り

専用アプリ

UQ mobile

iTunesAndroid

500M 500円 90日

公式:http://www.uqwimax.jp/plan/mobile/option/

 

洗えるスマホDIGNO L登場!

uqwimaxmobilediff-3 uqwimaxmobilediff-4

DIGNO Lオススメポイント

7月28日に発売される「DIGNO L」の特徴は防水防塵対応でハンドソープで洗えるスマホを売りにUQmobileから発売されます。

今までガラケーを使っていた方には馴染み深いケータイ入力を採用、フリック入力に抵抗感がある方には有り難い機能です。

画面サイズが5インチと大きめなので、防水機能を活かして入浴中に動画や読書も楽しめます。

裏面はキズが付くと修復する素材スクラッチヒーリングを採用しているので耐久性に優れたスマートフォンなので落下したりキズが付いたとしても安心構造になっています。

 

DIGNO L(ディグノL)スペック表

メーカー名 KYOCERA
サイズ 約141×71×10.1mm
重さ 約155ḡ
OS Android 5.1
メモリー 2GB
ストレージ容量 16GB
ディプレイサイズ 5インチ(1280☓720 HD)
カメラ メイン:1300万画素 サブ:200万画素
クロック周波数 1.2Ghz コア数4
外部メモリー MicroSDHC/128GB 対応
ネットワーク(LTE) 最大下り150Mbps
Bluetooth 4.1
バッテリー容量 3000mAh
テザリング
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n
防水・防塵

公式:http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/digno-l/

 

WiMAX編

WiMAXはWi-Fiルーターを軸に格安MNOとしてサービスを展開しています。

主に量販店で多く取り扱っていて自宅のネット回線と外で使う機会が多い方がメインターゲットにうユーザーを拡大しています。

キャリアアグリケーションと4✕4MINOを組み合わせる事で最大440Mbpsに高速化する予定で対応Wi-Fiルーターを年内に投入する予定

最終的に2020年までに1Gbpsを目標に掲げて業界最高速通信を目指して他のサービスと差別化を図っていくようです。

 

UQWiMAX基本料金プラン

  高速データ通信無制限 高速データ通信容量制限あり
料金プラン UQFlatツープラスギガ放題 オトク割&長期利用割引適用(-500円) UQFlatツープラス オトク割&長期利用割引適用(-500円)
月額基本料金 4,880円 4,380円(新規契約最大3ヶ月:3,696円 4,196円 3,696円
通信速度/容量 月間データ容量制限なし
受信最大150Mbps
(送信最大25Mbps)
3日で3GBを超えた場合は送受信最大128kbps
月間データ容7GB
受信最大150Mbps
(送信最大25Mbps)

3日で3GBを超えた場合は送受信最大128kbps

 

公式:http://www.uqwimax.jp/plan/wimax/gigahodai/

 

UQフェムトセルとは?

uqwimaxmobilediff-5

UQフェムトセルとは自宅内に設置するネットワーク拡張小型基地局と理解した方が解りやすいかも知れません

設置は無料で事前に申し込みが必要です。

公式:http://www.uqwimax.jp/area/femto/

 

まとめ

今までUQmobileとUQWiMAXは同じ「UQ」ブランドを名乗りつつも別会社で運営していましたが、合併によって効率化が図られると共に他の格安SIM事業者と負けず劣らずな展開になってきました。

解りやすくまとめますと、UQmobileは「スマホ」を軸に、UQWiMAXは「モバイルWi-Fiルーター」を軸に格安SIMを提供している会社と考えた方が解りやすいですね。

UQmobileは洗えるスマホ「DIGNO L」や「iPhone5s投入」が今後どう影響するのか興味深く見守って行きたいと思います。

WiMAXもキャリアアグリケーションを進化させて通信速度UPに力を注ぎ込んでいます、この合併が今後格安SIM業界に活気が湧いてくる可能性にも期待したい所ですね。