新しいMacOS「Sierra」のpublicbetaテスト版提供開始

登録手順

今までAppleの最新OSを体験できるのは主に「Developer Program」に登録して年会費を支払っている開発者向けの方しかダウンロード出来なかったのですが、2015年から「Apple beta Software Program」がスタートしてるのでDeveloper登録や年会費を支払わなくてもAppleIDがあれば誰でもbeta版をダウンロード出来る様になりました。※(任意でバグ報告をAppleに送信して協力するのが目的)

公式:https://beta.apple.com/sp/ja/betaprogram/

ダウンロード手順

Apple beta Software Program」からAppleIDからログイン。

MacOSSierraインストール可能機種

デスクトップMac iMac(Mid 2007年以降)・Mac mini(Early209年以降)・Mac Pro(Early 2008年以降)・Xserve(Early 2009)
MacBookシリーズ MacBook(Late 2008アルミニウム製、又はEarly 2009以降・Early 2015)・MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)

MacBookAir(Late2008以降

新しいMacOS「Sierra」をインストール出来る機種は2009年製MacBookから可能と比較的古いPCでも無料で使えるようになります、そこで・・・

MacBook Air(Late2010)でインストールしてみたよ

筆者のモデルMacBookAirはカスタマイズモデル、CPUCore2Duo1.86MHz、メモリー4GB、SSD容量128GBのハードウェア構成と今となってはかなり古い(^_^;)

現在でも執筆専用PCとして現役なのですが試しにインストールしてみた感じをレビューしたいと思います。

sierrapublicbeta2

ダウンロード開始から完了するまでの時間は?

MacOSのファイルサイズは約5GBなので回線の混み具合や通信環境の違いで時間が掛かるかも知れませんが大体30〜40分くらい掛かりました。

sierrapublicbeta3

画像ではYosemiteになっていますが実際はEl Capitanをインストール済みでEl CapitanからMacOSへアップデートしてみました。

インストール完了までは1時間くらいで終わったのでトータル1時間30分くらい掛かります。

sierrapublicbeta4

インストール直後の画面キャプチャー、システム領域だけでも40Gを消費しているのがわかりま、これはEl Capitanからアップデートを行ったのでクリーンインストールした時と若干ファイルサイズが変動する可能性があります、MacOSSierraはEl Capitanと比較して約1GBくらいファイルサイズが少なくなっているようです。

El Capitanと違う所は?

一番の違いといえば「Seri」が搭載されたのが一番目を引くアップデートだと思いますが、その他にもAutoUnlock機能やPictureinPictureなどiPhoneにも有った機能が盛り込まれています。

  • Auto Unlock
  • Picture in Pcture
  • Universal Clipboard
  • Optimized Storage

AutoUnlock

筆者はAppleWatchを持っていないので確認できませんがpublicDeveloper版には未実装なので使えないそのが少し残念ですね。

 

Picture in Picture

元はiPhoneのIOS9からの新機能で動画を観ながらデスクトップ作業が行えるのでYouTubeで動画を再生しつつプログラムCodeを書いたり動画編集作業には捗りそうですね。

 

Universal Clipboard

iPhoneやiPadでメモをした内容をMacへペーストしたりその逆も可能でテキストファイルを頻繁にiPhoneやiPadからコピペする方には便利機能となりそうですね。

 

Optimized Storage

Macの中に溜まった不要ファイルを認識して古いファイル順や普段使わないファイルを識別してiCloudへ保存される機能です。

 

iCloudへ移動されるファイル形式とは?

(JPEG・PNG・RAW・古いスクリーンショット・テキストファイル・ドキュメントファイル・スプレットシート・クリピングファイル・古いビデオ・Keynoteファイル・メール添付ファイル。

 

利用頻度が少ないファイル

使わないフォント・言語ファイル・辞書ファイル

 

移動せず削除されるファイル

SafariのWebキャッシュファイル・Xcodeのキャッシュファイル・AppleMusicのプレイバックキャッシュファイル・各種ログ(イベント・エラー等)

 

MacOSにSiriは必要?

iPhoneでもお馴染みのSiri必要か?と言われれぱ正直微妙(^^;;

siriを使う前にキーボードやトラックパッドで入力した方が速い気がします。

sierrapublicbeta5

Beta版のSeriで出来る事を簡単にまとめてみましたので下記を参照。

  • 音声で音楽再生
  • 音声でメール・メッセージを送受信信
  • 音声によるマップやルート検索
  • スケジュール登録・確認
  • 写真画像検索
  • ファイル検索

などiPhoneで使い慣れている方にはすんなり溶け込みそうですね。

 

まとめ

MacOSの歴史を振り返ってみるとスティーブ・ジョブズがAppleを去ってから当時Next社で使っていたOSをベースにOSの開発がスタート

ジョブズがAppleに復帰してからMacOSが本格的に始まった歴史が一覧表でも見てとれます。

 

Mac OS Xバージョンとコードネームの歴史(発表時期はアメリカ時間で表記)

バージョン コードネーム 発表時期
Mac OS X Developer Preview 無し 1998年5月11日
Public Beta Kodiak 2000年9月13日
Mac OS X v10.0 Cheetah 2001年3月24日
Mac OS X v10.1 Puma 2001年7月18日
Mac OS X v10.2 Jaguar 2002年5月6日
Mac OS X v10.3 Panther 2003年6月23日
Mac OS X v10.4 Tiger 2004年5月4日
Mac OS X v10.5 Leopard 2006年6月26日
Mac OS X v10.6 Snow Leopard 2008年6月9日
Mac OS X v10.7 Lion 2010年10月20日
OS X v10.8 Mountain Lion 2012年2月16日
OS X v10.9 Mavericks 2013年6月10日
OS X v10.10 Yosemite 2014年6月2日
OS X v10.11 El Capitan 2015年6月9日
Mac OS X v10.12 Sierra 2016年10月?日

 

「Mac OS X v10.0からMac OS X v10.7」までは「Mac OS X」のバージョンが使われていて「OS X v10.8」「Mountain Lion」から「OS X v10.11」「El Capitan」までバージョン表記が変更されているのがわかります。

コードネームもOS X v10.8まではネコ科の動物を使っていてOS X v10.9からはカリフォルニア州の地名をコードネームに使われる等ネコ科の動物だけではネタが尽きてしまったのでカリフォルニア州の地名に変更されたのでは?

と憶測が飛び交っていました。

 

新しいMacOSを使ってみた感想としてEl Capitanよりサクサク動く印象

MacOSSierraはiPhoneやAppleWatchとの連携を強化していますからそれを使える環境が整って初めてMacOSSierraと言うOSが発揮されるので正式版のリリースを期待して待ちましょう。