シンガポールで開発された「nana」は、寝る子を育てるモニター

言葉では現在の状況を説明できない乳幼児。そして病気やケガなどで意思を正確に伝達できない患者などが快適な睡眠環境で健康に暮らせる方法とは?

マットレスの下に引いたセンサーによって、簡単に睡眠状態を確認できる製品「nana」が登場したというニュースがやってきました。日本での販売予定は今のところありませんが、非常に興味深い機能を持っているnanaとは?

このようなタイプの製品とスマホがあれば、言葉にしなくても現在の睡眠環境がどの程度快適なものであるかを簡単に確認できます。そんなnanaはシンガポールのメーカーが開発した製品です。

nana、赤ちゃんなどの睡眠状態をモニタリング

2015年5月にシンガポールで開催されたイベントに出展されたnana。センサーを内蔵したマットを利用する「ベビーモニター」というコンセプトで開発された製品です。このセンサーによって収集された乳幼児の睡眠データは、専用アプリをインストールしたスマホから確認可能。

このnanaによって取得される睡眠状態に関するデータは、乳幼児期の子供にとって重要なものです。「寝る子は育つ」と一般的にいわれているように、科学的にも睡眠中に成長ホルモンが分泌されることが実証されています。

睡眠状態が安定しているかどうかは、特に乳幼児期の子供が順調に成長するうえで重要な要素のひとつです。それを手元にあるスマホによって簡単に可視化できるnanaは、単なる監視カメラには対応できない方法による健康管理が可能です。

nana、データをクラウド上に保存

収集したデータをクラウド上に保存するnanaのシステム。保存されたデータをスマホから確認する際には、監視対象となっている乳幼児と同年代になる他の子供のデータを比較できる機能が用意されています。

このnanaをマットレスの下に敷くだけで、正確なデータ収集が可能です。子供の体に密着させる必要さえありません。それだけで対象者の睡眠リズムやそのパターンを確認可能。確認したデータに基づいてオムツの交換や授乳などの予定をたてることで、保護者も時間を有効に利用できます。

もしも収集したデータから子供の睡眠リズムなどに問題があることが判明したら、寝室の温度や明るさなどを調整して、快適な睡眠環境を整えることが可能です。まだしゃべることができない子供に代わって、nanaが快適な睡眠環境を整える手助けをしてくれます。

nana、小さなベビーシッター

2015年の11月から、まずは米国や中国などで販売が開始される予定のnana。日本円にすると約3万円程度の価格で提供される予定とのことです。

マットレスの下に敷くだけで、寝ている子供の心拍数や呼吸、寝返りなどの細かな動きも確認できる敏感なセンサー。それを簡単に解析できるクラウド・サービスとタッグを組んで、科学的に子育てを行うことができるnanaの日本上陸が望まれます。

子供だけではなく、高齢者や自分の睡眠状態を詳細に確認したいという人にも適した製品といえるnanaは、睡眠の面から我々の健康を維持してくれる小さなベビーシッター兼ホームドクターです。