MacBookPro(2016)は買い?それともスルー?とお悩みの方必見

昨年10月に開催されたMacのイベント「Hello Again」で発表された「新型MacBookPro 2016」初のtouchbar搭載など新機能が注目を集めました。

今までMac関連でのマイナーアップデートばかりが目立ったラインナップの中で今回大幅リニューアルで登場、旧型モデルとスペックを比較しながらMacBookPro 2016を検証してみたいと思います。

MacBookPro2016・2015スペック比較

新型15インチモデル 旧型15インチモデル
256GBモデル 512GBモデル 256GBモデル 512GBモデル
Touch Bar 搭載
ディスプレイ  

15.4インチRetinaディスプレイ(2,880 x 1,800ピクセル、220 ppi)

 

15.4インチRetinaディスプレイ(2,880 x 1,800ピクセル、220 ppi)
CPU 2.6GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)、6MB共有L3キャッシュ 2.7GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)、8MB共有L3キャッシュ 2.2GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.4GHz)、6MB共有L3キャッシュ 2.5GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.7GHz)、6MB共有L3キャッシュ
RAM 16GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ 16GB 1,600MHz DDR3Lオンボードメモリ
ストレージ 256GB 512GB 256GB 512GB
グラフィック Intel HD Graphics 530

Radeon Pro 450(2GB GDDR5メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)

Intel HD Graphics 530

Radeon Pro 455(2GB GDDR5メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)

Intel Iris Pro Graphics Intel Iris Pro Graphics

Radeon R9 M370X(2GB GDDR5メモリ搭載)、グラフィックス自動切替機能

バッテリー 最大10時間 最大9時間
ポート 4つのThunderbolt 3(USB-C)ポート

3.5mmヘッドフォンジャック

MagSafe 2電源ポート

Thunderbolt 2ポート(最大20Gbps)x 2

USB 3ポート(最大5Gbps)x 2

HDMIポート

3.5mmヘッドフォンジャック

SDXCカードスロット

高さ 1.55 cm 1.8 cm
34.93 cm 35.89 cm
奥行き 24.07 cm 24.71 cm
重量 1.83 kg 2.04 kg
参考価格(税別) 238,800円 278,800円 224,800円 282,800円

 

薄く軽量化されスリムになったMacBookPro

旧型より約200グラム軽量化されたMacBookPro 2016本体の高さも2mm薄くなってます

MacBookAirやMacBookを使い慣れた方にはMacBookPro 2016を実際持って重さを比較するとMacBookProの方が少し重く感じるかも知れませんね。

 

CPU速度は旧型2015モデルと比較しても大差無し?

MacBookPro 2016のCPUはIntelコアiプロセッサー「Skylake」を採用しています

スペックのベンチマークでは殆ど大差なく今回のMacBook Proはマイナーアップデートと受け取れなくもないです。

出典:https://browser.geekbench.com/mac-benchmarks

 

touchbar搭載で賛否両論!?

今回のMacBookProの注目の目玉「touchbar」搭載、従来モデルからあったファンクションキー(F1〜F12・Home・ENDキー)を廃止してtouchBarを採用、古くからのMacユーザーからは批判的な意見が多かったのに対して、新規でMacを使いだしたユーザーからは「ダサい」や「使いにくい」など不満が殺到しています。

このtouchbarはユーザーがカスタマイズ可能で専用アプリを作成することもできるのが最大の特徴。

touchbar専用アプリもまだ少数なので今後どう発展するか注目です。

参考:http://www.excite.co.jp/News/matome/it/M1477645985353/

 

意外と重く感じる重量

2015年モデルの2㎏から1.83㎏へとダイエットに成功した新型MacBookPro 2016実際持ってみると薄くなった割には重く感じてしますようで、本体がスリムになった分直感的に軽くなった印象を持ちやすくなります、実際持ってみると薄さの割には重いと感じます。

 

他にもあるあるMacBookPro 2016で変更された機能とは

1:USB−Cの採用・・・・従来のmagSafeが廃止され充電端子や周辺機器の接続もUSB−Cになり今まで使っていた周辺機器が使えなくなる可能性もあるし従来の機器を接続するのに変換アダプターを追加購入する必要があるのでその分負担がかかる。

2:起動音が廃止・・・・昔からMacの起動異音といえば「ジャーン♫」がお決まりでしたがMacBookPro 2016から廃止されました。

3:光らないリンゴマーク・・・・正確にはこれはMacBookからリンゴマークが光らなくなったのですがこれも時代の流れなのかハードウェア上の都合なのかMacの起動音廃止同様に残して欲しかった機能の1つ。

 

MacBookPro 2016レビューまとめ

今回のMacBookPro 2016は買いなのかといえば正直微妙(笑)理由はCPU性能は昨年モデルと比較しても劇的な変化は変わらずAdobe製品とも相性が悪いともいわれてますのでGPU搭載モデルは避けたほうが無難かも。

拡張ポートもUSB−Cに変わって今使っている周辺機器が利用出来なかったり、変換アダプターだらけになってしまうのであれば旧モデルを視野に入れたほうが無難な気がします。

新規でMacを購入するとかiPhoneを使っていてMacに興味が出てきた方には新しく搭載されたtouchbarや指紋認証がすんなり受け入れられやすい環境が揃っているので違和感なく受け入れられると思います。

 

今年のAppleは大丈夫なのか?

最近のApple製品は昔のような勢いや斬新さが全くないように感じる、今回のtouchbarや指紋認証機能はWindowsノートPCの後追い機能ですからね

AppleはiPhoneを主軸に展開されている傾向がみられますし今年はiPhone誕生10周年になるのでそれが加速するのか?

それともMacBookProに続きMacminiやMacProの新機種が発表される年になるのかAppleのイベントを見守って行こうと思います。