iPhone7キャリア別料金プランまとめ

9月7日にAppleから新しいiPhone7とiPhone7Plusが発表されて発売日も9月16日と決定、各携帯キャリア別料金プランをまとめてみました。

今回のiPhone7/7Plusは日本仕様

前回の記事でiPhone7におサイフ機能が搭載されるかも?

記事を書いたわけですが、Appleの発表会での現地の反応は会場の日本人以外は無反応だったらしいです。

当然と言えば当然で「FeliCa」?なにそれ??的なリアクションが多数だったはずです。

 

SIMフリー版iPhone7/7Plusの価格

機種名 32G 128G 256G
iPhone7 78,624円 90,504円 102,384円
iPhone7Plus 92,664円 104,544円 116,424円
iPhone6s 66,744円 78,624円
iPhone6sPlus 78,624円 90,504円

※価格は消費税込みで表示しています。

 

注目するところはiPhone6sPlusの価格とiPhone7の32Gが同じです。

iPhone7にこだわらなくて画面サイズ重視なら旧機種のiPhone6sPlusも購入候補に上がってくるのではないでしょうか。

 

docomoは割高?auとSoftBankは横並びと思いきや・・・意外な落とし穴が

月額料金のみで比較するとdocomoが高めに料金設定をしていますが、機種代金だけを見るとSoftBankが他社より6千円〜1万円高めの料金設定になっているのに注意が必要です。

これは2年縛りの途中で解約した時の違約金を高めに請求出来るようにするSoftBankの苦肉の策だと思います。

Phone7sが来年発売した場合機種変更時に高めの違約金が請求されるのでiPhone7sも視野に入れて機種変更をする方はこれを期に他社に移った方が良いでしょう。

 

各キャリア別iPhone7価格

一覧表上の前提条件

  1. 基本料金は「カケ・ホーダイライト」プランを適用。
  2. 各種割り引きや旧機種下取りプログラムは適用しないで価格で計算しています。
  3. パケット定額は5GBを基準で表記しています。
新規・MNP docomo SoftBank au
容量 32G 128G 256G 32G 128G 256G 32G 128G 256G
機種代合計額 82,296円 93,960円 105,624円 88,080円 99,840円円 111,840円 79,200円 90,720円 102,600円
月額機種料金 3,429円円 3,915円円 4,401円円 3670円 4,160円 4,660円 3,300円 3,780円 4,275円
割引金額 -2,322円☓24ヶ月

(-55,728円)

-3,220円☓24ヶ月(-77,280円) 3,230円☓24ヶ月(-77,520円) 3,235円☓24ヶ月(-77,640円) -2,850円☓24ヶ月

(-68,400円)

基本料金 カケホーダイライト

1,836円

スマ放題ライト

1,836円

スーパーカケホ

1,836円

実質負担金 1,107円 1,593円 2,079円 450円 930円 1,425円 450円 930円 1,425円

 

機種変更 docomo SoftBank au
容量 32G 128G 256G 32G 128G 256G 32G 128G 256G
機種代合計額 82,296円 93,960円 105,624円 88,080円 99,840円円 111,840円 79,200円 90,720円 102,600円
月額機種料金 3,429円 3,915円 4,401円 3670円 4,160円 4,660円 3,300円 3,780円 4,275円
割引金額 -2,322円☓24ヶ月

(-55,728円

-2,815円☓24ヶ月(-67,560円) 2,825円☓24ヶ月(-67,800円) 2,830円☓24ヶ月(-67,920円) -2,445円☓24ヶ月

(-58,680円)

基本料金 カケホーダイライト

1,836円

スマ放題ライト

1,836円

スーパーカケホ

1,836円

実質負担金 1,107円 1,593円 2,079円 855円 1,355円 1,830円 855円 1,355円 1,830円

※価格は税込み価格表示

iPhone7Plus

新規・MNP docomo SoftBank au
容量 32G 128G 256G 32G 128G 256G 32G 128G 256G
機種代合計額 96552円 108,216円 119,880円 99,840円 114,000円 126,000円 92,800円 104,760円 116,640円
月額機種料金 4,023円 4,509円 4,995円 4,160円 4,750円 5,250円 3,870円 4,365円 4,860円
割引金額 -2,349円☓24ヶ月

(-56,376円)

-3,140円☓24ヶ月(-75,360円) 3,235円☓24ヶ月(-77,640円) 3,240円☓24ヶ月(-77,760円) -2,850円☓24ヶ月

(-68,400円)

基本料金 カケホーダイライト

1,836円

スマ放題ライト

1,836円

スーパーカケホ

1,836円

実質負担金 1,674円 2,160円 2,646円 1,020円 1,514円 2,010円 1,020円 1,514円 2,010円

 

機種変更 docomo SoftBank au
容量 32G 128G 256G 32G 128G 256G 32G 128G 256G
機種代合計額 96552円 108,216円 119,880円 99,840円 114,000円 126,000円 92,800円 104,760円 116,640円
月額機種料金 4,023円 4,509円 4,995円 4,160円 4,750円 5,250円 3,870円 4,365円 4,860円
割引金額 -2,349円☓24ヶ月

(-56,376円

-2,735円☓24ヶ月(-65,640円) 2,830円☓24ヶ月(-67,920円) 2,835円☓24ヶ月(-68,040円) -2,445円☓24ヶ月

(-58,680円)

基本料金 カケホーダイライト

1,836円

スマ放題ライト

1,836円

スーパーカケホ

1,836円

実質負担金 1,674円 2,160円 2,646円 1,425円 1,920円 2,415円 1,425円 1,920円 2,415円

※価格は税込み価格表示

 

料金比較まとめ

比較的docomoが料金が高めな設定になっています。

これは総務省から指摘があったのも影響しているのかも知れませんね、SoftBankとauは同家格を維持しています。

 

iPhone7の背面にある「総務省」ロゴのワケとは?

livejupiter_1473999232_101

今回iPhone7とiPhone7Plusには待望のFeliCaが搭載されてiPhoneユーザーが待ち望んだ機能ですがその代償?と言わんばかりにiPhone7の背面に「Model A1779 総務省指定 MIC/KS 第EC-16007号」と刻印がされています。

ネット上で話題騒然となり「ダサい!」等賛否が別れていますがこれは「電波法施行規制」で定められているためで「FeliCa」のリーダ・ライター機器は誘導式読み取り通信機器に該当するので該当製品に刻印するように定められているためです。

今後画面表示に置き換えられる事も検討しているそうなのである意味貴重ななiPhoneになるかも知れませんね。

 

個人的にはiPhoneってケースやカバー付けるしあまり気にする必要はないでしょう。

同じおサイフ機能を搭載しているAndroidスマートフォンには「総務相指定」刻印がない理由はFeliCaチップから出る周波数の電波強度を抑えてた独自設計で法規制内と言うことで総務省指定マークが付かないそうです。

画像引用元:http://i2.wp.com/www.gadget2ch.com/wp-content/uploads/2016/09/livejupiter_1473999232_101.jpg