iPhoneで起こりやすいトラブルと対処法まとめ

iPhoneのトラブルは様々

iPhoneで起こるトラブルには様々な原因や要因があります。

物理的に破損したり故障したりうる場合もあればソフトの不具合で起動しなくなったりシステムやアプリがフリーズする場合など色々な要素や原因が絡んで引き起こす現象が起きます。

今回は原因を2つに切り分けて「ハードウェア編」と「ソフトウェア編」に分けてそれぞれの対処法を検証してみたいと思います。

 

ハードウェア編

トラブル事例1:ホームボタンが効かない

iPhoneの中で物理的に故障し易い箇所の1つ、落下による衝撃や部品の劣化でホームボタンを押しても反応がなかったり反応が悪くなる場合があります。

 

対処法

「設定」→「一般」をタップ。

iPhone_trouble-1

「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」

iPhone_trouble-2

「AssistiveTouch」をオンにする。

iPhone_trouble-3

ホーム画面の出ている◯を押して「ホーム」をタップ。

iPhone_trouble-4

 

トラブル事例2:スリープボタンが効かない時も

スリープボタンのトラブルも不具合事例が多い部分ですがトラブル事例1と同じ項目をタップして「画面をロック」にするとロック出来るようになります。

iPhone_trouble-5

 

トラブル事例3:音声ボリュームが効かない

iPhoneの側面にある音量調整ボタンの故障で音量の増減が出来なくなった。

 

対処法

ロック画面・ホーム画面下から「↑」方向にスワイプ。

iPhone_trouble-6

コントロールパネルで音量を調整する。

iPhone_trouble-7

 

トラブル事例4:イヤフォンジャックやスピーカーから音声が出ない

iPhoneに付属するイヤフォンはiPhone購入後1年間サポートが付いてきます。

AppleCareに加入している方なら2年間サポートが付いてきますので故障状態によっては無償交換の可能性もあるのでAppleジーニアスバーで聴いてみましょう。

 

トラブル事例5:充電出来なっくなった

Lightning端子は意外とモロイぶぶでもあります。

こちらも考えられる原因は断線によるバアとLightningコネクターの接触不良や基盤劣化も考えられます。

Lightningケーブルの場合は1年間保証が残っていて自然劣化したLightningケーブルは無償交換の対象となりますので、ジーニアスバーで相談してみることをオススメ致します。

もう一つの原因はバッテリーの減りが急激に早くなったりした時はバッテリーの故障です。

iPhone修理店舗で修理するか正規代理店で交換するかによって価格や対応が異なってきますので価格を抑えたい場合はiPhone修理店舗で修理するか自分で交換する選択種があります。

保証期限切れのiPhoneだと自分で交換してみるのもYouTube等で交換手順動画が公開されていますのでチャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

トラブル事例6:iPhoneが発熱する

充電中や使用中にiPhoneが発熱する場合があります、そんな時は常駐しているアプリケーションが多すぎたりGPSが作動しているアプリケーションをオフにする等を行うと改善する場合もあります。

改善されない時は再起動をするか電源オフにしてiPhoneを冷ましてから電源をオン、それでも治らなければ初期化や復元を実施してみましょう。

 

トラブル事例7:カメラ撮影が出来ない・画像がボケる・LEDライトが点かなくなった

カメラアプリが起動しない場合はiPhoneを再起動して治るケースもあるので再起動してメモリーを開放しましょう。

レンズにキズやホコリが混入した時は部品交換になるのでジーニアスバーで相談するかiPhone修理店での修理になるでしょう。

 

トラブル事例8:フロントガラス割れやタッチパネルが反応しない

不意の落下や衝撃でフロントガラスが割れたり破損した時はApple Storeで交換修理するかiPhone修理店舗での交換となります。

タッチパネルが反応しない時もカメラアプリと同じくメモリー不足の可能性もあるのでiPhoneを再起動させると治る場合もあるようです。

 

iPhone修理店舗一覧

店舗名 支店・主な店舗数 修理時間(最短)
ダイワンテレコム 30店舗 30分〜
シルバーガレージ 4店舗 10分〜
あいさぽ 40店舗 15分〜
リンゴ屋 40店舗 30分〜
ilab Factory 2店舗 30分〜
スマートリペア 28店舗 10分〜
QuickGarage 14店舗 20分〜
iPhone修理ジャパン 22店舗 10分〜
SmartDoctor 24店舗 15分〜
Goodモバイル 6店舗 10分〜

 

ソフトウェア編

IOSのバージョンUによるトラブルやiCloudのトラブル等iPhoneを使ってるとソフトウェア上でも以外な挙動をしてしまうケースも色々発生したりします。

ここでは3つの項目でiPhoneがトラブり易い事例と対処法をまとめて行きたいと思います。

 

トラブル事例1:IOSバージョンUPが出来ない

新しいIOSバージョンが公開されて直ぐにダウンロードしようとすると、回線が混雑してなかなか繋がらないケースも発生します。

その場合は時間を遅らせてダウンロードするか、PC側のiTunesでダウンロードすると解決する場合があります。

 

トラブル事例2:Apple側の問題の場合

今年3月にIOS9.3が公開された時にアップデート出来ない事例やiPad2でアクティべートが出来なかったり、iPhoneのSafariが落ちたりするバグが発生してAppleはIOS9.3の公開を一時期停止した経緯もあります。

公開後すぐにアップデートするのでは無く、一旦様子を見てからアップデートするのも対策の1つではないでしょうか。

参考:IOSバージョンUP失敗

http://news.livedoor.com/article/detail/11356244/

 

トラブル事例3:文字入力がモタツク

辞書登録文字が長い時や多く登録するとモタツキの原因だと考えられます、

「設定」→「リセット」→「キーボード変換学習」

をタップしてリセットすると改善する場合があるようです。

 

トラブル事例4:Wi-Fiが繋がらない

Wi-Fiが繋がらないケースの原因はWi-Fi電波が十分届いてない場合繋がりにくい時があるのでネットワークリセットを試して下さい。

「設定」→「リセット」→「ネットワーク設定」

をタップするとリセット出来ます。

それでも改善しない場合は部品の故障も考えられますのでAppleジーニアスバーか修理店舗で相談して下さい。

 

トラブル事例5:iCloud編

バックアップ出来ない・バックアップが遅い場合はネットワークの見直しするかiCloudの残り容量をチェックしましょう。

iCloudの容量が少ない場合写真や動画がiCloud上に同期されて容量不足になっている事もあるので確認しましょう。

 

確認方法「設定」→「iCloud」をタップ。

iPhone_trouble-8

「写真」をオフにする。

iPhone_trouble-9

写真を撮って行くと同時にiCloudに画像がアップロードするのを防止します、この設定を行うとiCloud上に写真や動画ファイルをバックアップするのを防げます。

有料でiCloudの容量を追加購入するのも対策として検討してみては如何でしょうか。

 

iCloud容量別料金表

容量 月額料金
5GB 無料
20GB 100円
200GB 400円
500GB 1200円
1TB 2400円

 

最後の手段は

色々試してみたけど治らない場合はAppleサイトにある「IOS診断」でチェックすると原因が究明されるかも知れません。

iPhone_trouble-10

まとめ

アプリが落ちたりフリーズが多く発生する時は取り敢えず「再起動」を実施、やり方はホームボタンとスリープボタンを10病患長押しするとリンゴマークが出現して再起動が始まります。

それでも変わらない時はPCでiPhoneを「初期化や復元」を試してみましょう。

今回はハード編とソフト編に分けてレビューしましたがiPhoneは便利で日々持ち歩くデバイスなので不意なトラブルはいつ起こるかわかりません。

そんな時の為にバックアップは取って置きましょう。

iPhone修理店舗も店舗や故障箇所によって価格が変動致しますので事前に見積りを依頼したり、どこに店舗があるかを把握しておくと出先で故障した時は近くの修理店へ持っていく事も出来ますね。