iPhoneがさらに進化!この秋に公開予定「iOS 9」の新機能とは?

例年であれば、9月頃に発生する新型iPhone祭り。それに合わせるようにiOSも大幅なアップデートを予定しています。

今回も多数の機能が追加されるようですが、基本的な部分でもユーザーにとってうれしい変化が。

モバイル端末にとって、最も重要な問題である内蔵電池の持続時間という永遠のテーマ。これに対するApple社の技術陣の挑戦ともいえる今回のアップデートには、かなり期待しても良いでしょう。

iOS 9の新機能とは?

米国の開発者会議で、2015年の6月8日に発表されたiOSの新バージョンが「iOS 9」。一般にアップデートが公開されるのは、新型iPhoneの販売が開始される秋頃になりそうです。アップデートの対象となる機種はiPhoneでは「4S」以降、iPadでは「iPad2」以降、iPod touchでは第5世代の製品となります。

一般的な改善点としてはバッテリー駆動時間の延長という嬉しい話も。これまでよりも約3時間バッテリーが長持ちする「省電力モード」を新たに用意するようです(当然ですが、処理能力はかなり低下)。

各機能の向上という点からみると、秘書機能アプリ「Siri」の反応と学習機能が向上。そしてiPadでは、とうとうマルチタスクが可能となりました。これによって、2つのアプリを画面に並べて操作できる機能(Slide Over)を搭載。また、動画視聴と同時に他のアプリを利用できるようになります。

進化した新機能による変化

これまでiPhoneやiPadでWebサイトを閲覧していた人には気になる変化も。標準のWebブラウザである「Safari」に広告ブロックを可能とする拡張機能が搭載されるようです。

「Proactive(積極的)Assist」と命名された機能も気になります。これはユーザーの行動・興味を分析して蓄積する機能。最終的にはその情報に従って、ユーザーに対してより使いやすい使用方法を積極的に提案するという新機能です。ユーザーの好みを収集して、欲しがっている情報を配信する「Google Now」と類似したものです。

登場した当初は酷評された独自の地図アプリも、ついに電車の乗り換え案内機能が搭載されるようです(日本の都市が含まれるかは未定)。さらに検索機能が向上して、目的の店舗がApple Pay(iOS独自の決済機能)に対応しているかどうかまで知ることができるようになります(Apple Payは米国・英国のみで利用可)。

新機能によってさらに進化する新型iPhone
他にも細かな点で進化している新OS。これを搭載した新型iPhoneは、どれほどの驚きを与えてくれるのか?登場が待ち遠しい現在の状況です。

iOS 9による新機能のなかでは、特に省電力モードとProactive Assist機能の搭載が気になるところです。Proactive Assist機能によって、最も利用しやすいように補助してくれるiPhoneやiPadにはさらに愛着がわくことでしょう。

その他にもSpotlightによる検索機能の大幅な強化などを実現している今回のiOS 9。かなり期待できるアップデートになりそうです。