オープンソース・ソフトウエア(OSS)とは?

誰でも、自分が苦労して作ったものは、自分一人のものにしたいと考えるはずです。

これが、コンピューターで利用されるプログラムであれば、その内容は秘密にしておいて、その利用を希望する人には、そのプログラムを使うことだけを許可する方法を選択するのが通常です。

プログラムの中身を公開すれば、他の人が勝手に中身を変更して新しいプログラムを作成するかも知れません。

自分の作ったプログラムの別バージョンが存在することは、許せないと思うことは当然かも知れません。

 

しかし、実際には、プログラムの内容を、自由に変更することまで、許可した状態で自分で苦労して作成したプログラムを、その中身とも言えるソースコードを含めて、公開している人がかなりの数に上るようです。

このような形で、作成したプログラムの中身を公開しているものを「オープンソース・ソフトウエア」と呼んでいるようです。

それでは、なぜ、このような形でプログラムを無償で公開しているのでしょうか?

 

オープンソース・ソフトウエアとは?

一定の条件に従うことを要件として、自由に中身を変更したり変更したものを再度公開したり、と言うような行為が許されているソフトウェアです。

通常は、インターネット上に無償で公開されています。

プログラムの中身とも言えるソースコードまでも、公開していますので自由にプログラムの構造を確認することが可能です。

 

企業などでは、このような無償で公開されているプログラムに更に機能を追加することによって、自社の業務用システムを構築したり、自社の製品として販売したりしています。

これまで、有料ソフトを利用していた企業にとっては、もともと、無償で公開されているプログラムを利用することによって、圧倒的に低コストで自社の業務内容に適した、業務用システムを用意することができると言うメリットがあります。

 

オープンソース・ソフトウエアのメリット

それでは、このような形式で、自分の考えたプログラムのソースコードを、無償で公開することによるメリットはあるのでしょうか?

まず、そのプログラムが、高く評価されることによって、それを作成した人の評価も当然高くなります。

その人が、他に行っている業務(例えば、有料ソフトウェアの開発など)にとってもそれは非常に有利に働きます。

次に、ソースコードを公開することによって、世界中のプログラムの専門家がその内容を確認することになります。

その結果として、作成者でも気が付かなかった問題点や、可能性が発見される可能性を挙げることができます。

 

無償のソフトであっても、有名なオープンソフトウェアであれば、その中身を、チェックする人の数が多くなるため、一般的な有料ソフトよりも、プログラム上の問題が少なく、品質が高いと評価されているようです。

実際に、このような形式で公開されているソースコードに問題が発見されることがあります。

そのような場合でも、最初に、プログラムを公開した人に対しては、責任を問うことができないことが、利用者が守るべき規約の中に規定されていることが通常です。

 

オープンソース・ソフトウエアの未来

ある程度、プログラムに関する知識を持っている人であれば、自由に中身を確認できるソフトウェアを、自分が必要とする機能を追加することによって、有効利用することは大変実用的なことです。

また、多くの人の目を通ることによって、ソースコードを秘密にして販売している、有料のソフトウェアよりも信頼できる、と評価されている点は、多少皮肉な話ですが、セキュリティ対策の面では決して無視できないメリットです。

 

これまでのように、商品として購入したソフトウェアの問題は、そのメーカーが提供するアップデートをインストールするまでは解消することができませんでした。

それに対して、いつでもソースコードを確認して、問題の所在を確認できるオープンソース・ソフトウエアのような手法が、もしかしたら今後の流れになるのかも知れません。

将来的には、プログラムの基本的な知識があれば、ソースコードの構造が、ほとんど理解できるようなプログラムの開発が待たれます。

特に、セキュリティ上の問題に付いては、発見次第、即座に解消する必要があります。

船底に空いた穴をすぐに塞がないと沈没してしまいます。

自動で、ソースコードの問題を修復できるようなプログラムの提供が必要ではないでしょうか?