Windows OS 8の新機能「記憶域プール」とは?

一般的に利用されているWindows OSですが、その中には非常に便利な機能が用意されています。

OSの中には、基本的な利用方法を、更に高い次元でサポートする機能が、いくつか用意されているのが通常です。

特に重要な情報を保存する必要がある人にとっては、万が一、データを保存しているハードディスクなどの記憶装置が故障したような場合に、どのような方法でデータを復元するのか、という問題は非常に気になるところです。

 

今回紹介する機能は、Windows 8に標準で備わっている機能ですが、万が一の場合も重要なデータを守ることができます。

それが「記憶域プール」と呼ばれているものです。この機能は、コントロールパネルから、システムとセキュリティの項目を開いて、記憶域ツールを起動すると利用することが可能となります。

実際には、どのような手法で大事なデータを保護することができるのでしょうか?

 

記憶域プールとは?

例えば、パソコンの内部、または外部に、Windows 8がインストールされている起動ディスク以外に、最低でも、1台のハードディスクが存在するとします。

通常であれば、それぞれの記憶装置は、独立した存在です。1台がデータで満杯になれば、次にまだ余裕のある他の記憶装置へ、別のデータを保存するのが通常です。

しかし、大きなファイルであれば、複数の記憶装置にまたがって、保存することができません。

また、1台が故障すれば、基本的にその中に保存してあるデータは消えてしまいます。

 

そのような複数の記憶装置を、論理的に1台の大容量の記憶装置として、利用することができる機能が「記憶域プール」です。

この機能を利用すれば、少ない容量の記憶装置を複数接続して、大容量のファイルを保存することが可能となります。

それでも、記憶容量が足りなくなったら、さらに記憶装置を追加して、コントロールパネルで設定すれば、その追加した記憶装置の容量も記憶域プールに追加することが可能です。

それぞれの記憶装置の容量が異なる場合でも、この機能を利用することが可能です。しかし、この単純で、シンプルな方法では構成する記憶装置の1台が故障するとデータは回復することができません。

 

記憶域プールはデータを守る。

この機能では、万が一に備えて、故障した記憶装置の中に保存してあった情報を、完全に守る方法が用意されています。

最もわかりやすい方法が、全く同じデータを、複数の記憶装置に保存する方法です。

これは、この機能を有効にする際に、回復性の種類で「双方向ミラー」または「3方向ミラー」を選択することで可能となります。

双方向ミラーでは、2つ以上の記憶装置(ドライブ)が必要となります。その代わりに、1台のドライブが故障してもデータは守られます。

 

そして、3方向ミラーの場合は、5つ以上のドライブが必要となりますが、同じデータを3台のドライブに書き込みます。

構成するドライブのうちの2台が故障しても、データは無くなりません。

最後に、最低でも3台のドライブが必要となる「パリティ」を選択した場合です。

 

このパリティ・モードの良い所は、他の方法を選択する場合よりも、記憶装置の容量を有効に利用できるところです。

全く同じ容量のドライブであれば、その合計容量の66パーセントにデータを書き込むことが可能です。

この書き込めるデータ量の割合は、双方向ミラーでは、50パーセント、3方向ミラーでは、33パーセントとなります。

 

パリティ・モードでは、データを復旧する際に必要となる「パリティ・データ」を作成して、記憶装置に書き込む分だけ、データを書き込む速度がどうしても遅くなります。

全てのモードに付いて言えることですが、論理的な記憶域を構成する、それぞれの物理ドライブの容量が、一定でない場合は、回復可能なデータ容量(実際に、書き込めるデータ量)を単純計算することが多少難しくなります。

しかし、記憶容量が不足していることが判明した段階で、後からドライブを追加すれば、問題はありません。

また、コントロールパネルからの操作では、特定のドライブに優先してデータを書き込んだり、予備のドライブを予め決めておいたり、と言ったような細かい設定ができません。

 

しかし、このOSに標準で用意されている「PowerShell」というアプリケーションを利用すると、更に細かい設定を行うことが可能です。

ただし、コントロールパネルと異なり、コマンドライン・ツールであるため、その操作方法は事前にネットなどで調べておく必要があります。

 

記憶域プールの可能性

以上のように、専用のアプリケーションを利用しなくても、かなり高度な機能を利用して、データを保護する方法が、OSの中に用意されている「Windows 8」です。

ひとまず、現在利用していないハードディスクなどがあれば、パソコンに接続してみてはどうでしょうか?

重要なデータの更新を行うたびに、手動で、別の記憶装置に、そのバックアップをとっておく必要が無くなることは、非常に便利なことです。

また、所有しているパソコンの新たな可能性に気が付くことは、すこし得をしたような気分にもなりそうです。