クラウド開発におけるフィットギャップ分析とは?

すでに、長年ある分野で営業を行ってきた企業には、他の企業にはない独自の運営方法があると思います。

それは、同じ業界で業務を行ってきた他の企業から見ても、かなり独自のものであり、企業が合併したような場合には、現場の混乱を招く元凶ともなります。

そのような独自性は、インターネット上で提供している顧客や、取引先に向けたサービスや、内部での情報処理の面でも存在するのが通常です。

これまで、自社で開発してきた業務用のシステムの仕様を、そのままクラウド上のサービスへ移行するような場合にも、同様な問題が発生することが、予想されます。

 

このように、それまで利用していたシステムを、クラウド上で提供されているサービスへ移行する場合に、どの程度の割合のサービスが、そのままクラウドのサービスへ移行することができるかを、事前にチェックすることを「フィットギャップ分析」と呼んでいます。

この作業を行った結果によって、システムの移行先としてどのクラウドサービスを選択するかを決定する必要があります。

また、この作業に十分な時間をかけないと後で大きな問題が発生する点は、相手の企業の業務内容を完全に確認せずに企業が合併した場合と同様です。

 

フィットギャップ分析とは?

クラウドに限らず、市販されている一般的なシステムを導入する際に、現在の業務で必要としているプロセスが、新しく導入するシステムの機能によって、どれだけ再現できるのか、またはどの程度の相違点があるのかを分析して、導入を予定している新システムの適合性を正確に評価する手法です。

この手順を踏まないか、十分な時間をかけないまま、見切り発車に近い形で、新システムを導入した場合、最悪の場合には、取引相手に渡す見積もり書の作成すらできなくなることがあります。

 

もしも、新システムを導入した後で、それまでの業務手法では、どうしても外すことができない機能が、新システムでは全く利用できないことが判明すると大変です。

その機能だけを実現するために、外部へ業務システムを発注する必要が出てくるかも知れません。

当然、別途費用がかかりますので、コスト削減のために、クラウド上のサービスへ移行した意味がなくなってしまいます。

事前に判明していれば、いくつか存在しているクラウドサービスの中から、最も現在の業務システムに近いシステムを選択することが可能です。

また、全く同じシステムが存在しないときでも、最も現在のシステムに近いサービスを提供しているクラウドサービスを、選択することができます。

 

フィットギャップ分析の必要性

コストを考えなければ、現在の業務形態をそのまま実現できる、専用システムを独自に開発する方法が安心できます。

しかし、それには膨大な開発費用とかなりの時間がかかってしまいます。

また、独自のシステムですから、その保守に対応する担当者が必要となります。

これが、クラウドのサービスであればすぐに利用が可能であり、料金プランによっては利用した量に従って料金を支払えば足ります。

また、提供しているサービスの保守作業は、基本的にクラウドサービスを提供している側が対応します。

 

現在利用している業務システムと、全く同じ機能を提供するサービスが、クラウド上で提供している中に存在しない場合もありえます。

その機能が、どうしても必要なものであるのか、それとも長年の習慣で利用するようになったプロセスであり、必ずしも必要ではないのかによって対応が異なります。

クラウドサービスの中には、その企業が独自に開発したアプリケーションを、一定の基準によって、クラウド上で利用することを可能とするサービスも提供されています。

どうしても、現在の業務に必要不可欠な機能であれば、その部分だけを独自に開発することも可能です。

まずは、それがどの程度業務に必要なものであるかを冷静に判断する必要があります。

 

フィットギャップ分析はクラウドの基本

クラウドサービスによって、低コストで業務用のシステムを構築することに成功した企業の話を知ってしまうと、どうしても、クラウドが万能であるかのように、錯覚することがあると思います。

しかし、実際に、現在の業務の内容に当てはめてみると、完全ではない面も存在するのが通常です。

これまでの長年の習慣で、あまり必要とは思えない手順を、毎回踏んでいるような場合には、クラウドへの移行が良いキッカケになるかも知れません。

クラウドで提供されているサービスは、現在の企業が一般的に必要としている機能となります。

それと異なる習慣や手順は、もしかしたら現在の業務にとって、本当は不要なものであるのかも知れません。