ハイレゾ音源をWi-Fi経由で再生 Stellanova(ステラノヴァ)

「少しでも良い音で好きな音楽を楽しみたい」と言う欲求は、技術の進歩によっても限度がないようです。

レコードから、CDへと音楽メディアの主流が変わっても、更に音質の良いメディアとして「ハイレゾ音源」に対応した音楽プレーヤーが、将来的には一般的になりそうです。

しかし、ハイレゾ音源を再生できる機器の組み合わせには、まだまだ制限が存在するようですが、その制限も今回紹介する製品の登場などによってどうやら無くなりそうな状況です。

 

今回紹介する製品も、現在存在しているハイレゾ音源を再生する際の制限を、無くしてしまうような内容です。

なぜなら、手元に持っているiPhoneなどの端末からでも、ハイレゾ音源のような高音質の音楽ファイルを、Wi-Fi環境を経由して再生することができるからです。

これは、オーディオメーカーのパイオニアから販売が開始された「Stellanova」(ステラノヴァ)」と命名された新製品です。

ワイヤレスユニットと、USB対応のDACアンプが別体式で提供されているこの機器は、どのような世界を実現するのでしょうか?

 

Stellanovaとは?

iPhoneや、iPadと無線LAN経由で接続できる「ワイヤレスユニット(APS-WF02J)」と、ハイレゾ音源に対応した「USB DAC アンプ(APS-DA101J)」の2つに分かれている新製品です。

ワイヤレスユニットには、4ヶ所のUSBポートが装備されていますので、そこへ接続した外付けのハードディスク・ドライブなどに保存されている、高音質のハイレゾ音源などの音楽ファイルを再生することが可能です。

また、同じく接続された光学ドライブ内のCDの再生や、音楽データのコピーなどにも対応しています。

 

このような音楽データの管理や、再生などは、パソコンがなくても、iPhoneなどから行うことが可能となっています。

使用するiPhoneなどのiOSデバイスには、専用の無料アプリ(Wireless Hi-Res Player)をインストールする必要があります。

パソコンにも、専用の無料アプリをインストールすれば、Stellanovaをコントロールして、音楽データの管理や、再生などを行うことが可能です。

パソコンのOSは、Windowsでも、Macintoshでも対応しています。

 

Stellanovaの特徴

iPhone、iPadや、外付けのドライブの中に保存してある高音質のハイレゾ音源を、ワイヤレス環境で再生するために、独自の技術である「Air Hi-Res Link Technology」を採用しています。

この技術は、音楽データを、端末の中で、USB規格からLANで転送できる形式へ変更してワイヤレスユニットへ送信します。

このデータを受け取ったワイヤレスユニット内では、受け取ったデータをもとのUSB形式の音楽データへ復元してUSB端子から出力します。

その信号をUSB接続されたDACアンプが受け取り、スピーカーを駆動する仕組みです。

ワイヤレスユニットは、単に、音楽データを送信するだけではなく、アンプ内のメモリーの管理も行うことで「ジッタ」の発生を防いでいます。

 

ジッタは、リアルタイムで配信される映像や、音声の乱れを起こす原因となります。

この製品では、USB規格に対応した音楽データの伝送のタイミングによる影響を受けない「アシンクロナス(非同期)伝送」に、世界で初めて対応することによって、ジッタの発生を防ぐことが可能となりました。

ハイレゾ音源に対応したスピーカー「APS-SP101」も同時に販売が開始されます。

3点をセットにして、パイオニアの通販価格は、69800円(税抜)の販売価格で提供されていますが、それぞれを単独で購入することも可能です。

しかし、ワイヤレスユニットと、DACアンプは同時に利用することを前提として、設計されているようです。

折角の新技術を体感するには、少なくとも、この2つの機器だけは、同時に購入することをお勧めします。

 

Stellanovaの誕生する環境

常に新技術を導入することで、進歩を実現してきたワイヤレス環境での音楽再生ですが、今回紹介した新製品も更に新しい世界を実現したようです。

単にデータを伝送するだけではなく、音質の面でも、厳しく評価される音楽の世界では、これからも音質を劣化させない仕組みが、新たに開発されると思われます。

それにしても、音楽のデジタル化を開始した当初には、このように、音質の面で不満を感じる状況は、全く予想されていなかったと思います。

CDが登場した時代には、デジタル化すれば少なくとも音質の面では万人が満足するであろう、と考える人が大多数でしたが、現実はそこまで甘くなかったようです。