エリアフリーTV PlusがあればiPhoneがどこでもテレビに!

iPhoneに付属していない機能の代表格が、端末でテレビを視聴する機能です。

メーカー自体が、テレビチューナーの搭載を考えていないため、その搭載を期待することはできません。

しかし、別体式のテレビチューナーを利用することで、地デジの視聴を行う方法は、以前から他社の製品によって、提供されていました。

しかし、今回紹介する製品は、更に便利な機能を搭載しています。

2014年の12月20日から販売が開始された「エリアフリー録画対応デジタルTVチューナー Plus(エリアフリーTV Plus)」は、自宅に機器を設置することによって、外出先でも、高画質のフルセグ画面を、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスや、Android OSを搭載したデバイスで視聴することができる製品です。

オープン価格ですが、SoftBank SELECTIONのオンラインショップでは、税込16800円で提供されています。

 

エリアフリーTV Plusとは?

自宅の無線ルータに接続した本体のアンテナ入力端子へ、地上デジタル放送、BSデジタル放送、及び110度CSデジタル放送の同軸アンテナを接続する必要があります。

設置が終了すると、自宅のWi-Fi環境、または外出先でも利用できる高速モバイル回線である「LTE」を経由して、手元にあるスマートフォンなどの端末(iPhone、iPadなどのiOS、及びAndroidに対応したもの)の画面で、地デジなどの放送を、リアルタイムで視聴することが可能です。

その他の端末では、Amazonが提供している「Kindle Fire(第2世代以降)」にも対応していいます。

また、本体にHDD(ハードディスクドライブ)などの録画用ドライブを接続すれば、録画した番組を視聴することも可能です。

 

実際に、各端末で視聴するには、専用の無料アプリ(エリアフリーTV Plus)を、それぞれの機器に対応したアプリ・ストアから、利用する端子へインストールする必要があります。

外出先のWi-Fi環境を利用する場合には、特に利用時間を気にする必要がありません。

 

しかし、LTE回線を利用する場合には、その利用時間に応じて、データ送受信量が上がっていきますので、サービス毎に設定されている制限容量を超える可能性があります。

高画質の番組では、1時間あたり約1GB、標準画質で約500MB、もっとも画質を落としても、約250GB前後のデータ通信量を必要とするようです。制限を超えた場合は、月末までの通信速度が、極低速に制限されますので、視聴に問題が発生する可能性があります。

 

エリアフリーTV Plusは、どこがすごい?

自宅に設置することで、基本的に、端末の場所に関係なく地デジや、BS、CSなどの視聴が可能となるところは、かなり便利な機能と言えます。

有料チャンネルの中には、現在視聴ができないものが、いくつか存在するようですが、一般的な放送は、ほとんどが視聴可能です。

唯一の制限としては、90日の間に1度だけは、本体を設置している場所で、Wi-Fi環境を経由して、スマートフォンなどの端末から番組を視聴する必要があるようです。

 

これは、このような「リモート視聴機能」を利用する際に定められている、通信規格上の制限です。

無料で提供されている専用アプリによって、現在放送されている番組、及び録画した番組の視聴が、可能となります。

手元にある端末の画面の大きさや、現在接続している回線の通信速度などによって、視聴する際の画質を、4段階の中から選択することができます。

 

特に、LTE回線を利用している場合には、データの通信量を抑えるために、低画質のモードを選択する必要がありそうです。

その他にも、番組表を表示して、お好みの番組の検索や、録画予約をすることが可能です。

更に、一つの画面でテレビを視聴しながら、同時に表示された別の画面で、インターネットを利用することが可能です(ながら見機能)。

 

この機能を利用すれば、現在視聴している番組のWebサイトを、同時に表示するような利用方法が実現できます。

Apple社のパソコン製品である「Macintosh」でも、有料のソフト(12月下旬に販売開始予定)を購入すると、スマートフォンのように、地デジなどの放送を視聴することが可能となります。

 

エリアフリーTV Plusは、どうですか?

このように、多数の機能が搭載された機器の提供が、はじまりました。有料、無料で利用できるWi-Fiスポットの運用が、拡大されることによって、ますます外出先での楽しみが増えていくようです。

これからは、旅行から戻ったら、大量に録画したテレビ番組を、急いで視聴するのではなく、旅行先のホテルなどのWi-Fi環境を利用して、その日のうちに自宅で録画した番組を視聴するような方法が一般的になるかも知れません。

しかし、旅行先でも、自宅と変わらない環境が実現できることによって、旅情を味あう機会が、それだけ少なくなるかも知れません。

SoftBank SELECTION 公式サイト http://www.softbankselection.jp/cart/top.aspx