KYOTO Wi-Fiの新しい認証方法はボタンを押すだけ

地域ごとに独自に提供されているWi-Fiスポットが多数存在しているようです。

外国から来た観光客にとっても、国内から来た観光客にとっても事前に登録することなく、すぐに無料で利用できるWi-Fiスポットの存在が期待されることは言うまでもありません。

しかし、Wi-Fiスポットによって多少運営方法が異なるようです。

 

今回紹介するWi-Fiスポットは、観光地として世界中から多数の人が訪問している京都市で提供されているものです。

「KYOTO Wi-Fi」と言う名称で呼ばれている、京都市が運営しているサービスです。

 

2014年の12月から、更にアクセスポイントを追加することが発表されました。

しかも、これまでよりも簡単に利用できるような仕組みを採用しています。

実際には、どのような認証方法で接続するのでしょうか?

 

KYOTO Wi-Fiとは?

637_2

京都市の提供している無料のWi-Fiスポットサービスです。

これまで、バス停、地下鉄駅などの公共施設、及びコンビニのセブン-イレブンなどの計650ヶ所以上で提供していました。

これを、更に増やしていき、2015年の3月末までには約760ヶ所を追加する予定です。

 

追加されるポイントは、京都市内に53店舗存在しているマクドナルドやその他の観光に関連した場所です。

更に、認証方法に付いても、これまでのように事前に電子メール送信して登録する方式から、接続する際に端末の画面に表示される利用規約に同意するだけで、すぐに利用できるような方式へ変更します。

 

すでに、サービスが提供されているアクセスポイントに付いても、順次、この簡易な認証方法へ変更していく予定です。

そして、最終的には、約1400ヶ所のWi-Fiスポット全てで、簡単に無料のWi-Fiサービスを利用することができような体制を整える予定です。

今後は、SSIDが「KYOTO Wi-Fi」と表示されているWi-Fiスポットでは、接続する際に表示されるログイン画面の利用規約に同意すると、すぐにインターネットの利用が可能です。

 

ところが「KYOTO_Wi-Fi02」と表示されるSSIDへ接続するには、事前にメールを送信してゲストコードを取得する必要があります。

予定では、2015年の3月末までに、すべてのWi-Fiスポットにおいてこの手順が不要となります

 

KYOTO Wi-Fiは簡単?

最終的には、すべてのKYOTO Wi-Fiが簡易な認証方法へ変更されるため、非常に簡単な手順を踏むことで、すぐに利用することが全域で可能となります。

継続して利用できる時間に付いても、現在3時間以上の継続利用を希望する時は、Wi-Fiスポットの利用を一時的に中止した後で再度接続する必要があります。

しかし、新しく整備されるKYOTO Wi-Fiを利用すれば、連続して24時間利用することが可能となります。

しかも、接続可能時間内であれば、最初に接続した場所から移動して、別の場所のWi-Fiスポットの範囲に入れば、新しい場所のWi-Fi環境へ自動的に接続されますので、SSIDを探して、再度接続動作を行う必要がありません。

 

今後追加される760ヶ所では、すぐに、このような内容の簡易なWi-Fiサービスを利用することが可能となります。

別の場所へ移動しても、自動で接続環境が移行することによって、京都市内にある観光名所を移動するたびに、Wi-Fi環境を探すという手間を省くことができるようになります。

 

観光に来た人にとっては、大変便利な内容のサービスとなりそうです。

基本的に、京都で観光を楽しんでいる間はWi-Fi環境の有無を意識することなく、常に全てのWi-Fiスポットにおいて、快適な環境でインターネットへ接続できるようなサービスを、最終的な目標としていると思われます。

 

KYOTO Wi-Fiの提供する世界

このような至れり尽くせりのサービスを市が率先して提供しているところは、昔から、観光地として多くの訪問客の対応をしている京都の面目躍如、と言ったところでしょうか?

他の観光地でも、似たようなサービスを提供しているようですが、移動先でも継続して接続環境を移行できる点や、24時間継続して利用することが可能である点などは、他の観光地でもぜひ参考にして欲しいところです。