LTE、3G、WiMAXの速度はどうなってるの?

現在、モバイル通信の手段として、一般的に利用されているものはLTE(エル・ティー・イー)、3G(スリージー)、WiMAX(ワイマックス)の3つです。

このうち、「どれが一番早くデータを運ぶことができるのか?」、という疑問は利用者のだれもがもっているのではないでしょうか?

 

できるだけ通信速度の早いサービスを、安い料金で使いたい、というニーズがこれまでもデータ通信の発展の原動力になってきたと思います。

この記事では、利用できるエリアを気にしないで「とにかく通信速度の面で」それぞれのサービスを比較したいと思います。

それと同時に、将来的にはどれくらいの通信速度のアップが理論的に可能なのかも含めて紹介したいと思います。

 

現在、高速通信のエリアに住んでいない方にとっては、すこし未来に実現するお話にはなりますが、全国で着々と進行している高速無線通信のエリア拡大により、ちかい将来には、実現可能な高速回線のお話です。

記載された速度については、あくまで理論上の最高速度となります。

 

LTE、3G、WiMAXの速度アップ競争の現状

現状では、サービスを提供できるエリアが限定されますが、各サービスでかなりの通信速度を実現しています。

まずは、LTEでは、NTTドコモ提供の「Xi」(クロッシィ)が一部のエリアで、下り150Mbpsを実現しています。

 

WiMAXの後継規格であるWiMAX2.1を採用したUQコミュニケーションズのWiMAX2+(ワイマックス・ツー・プラス、)が、下り110Mbpsのサービスの提供を開始していますし、ワイモバイル(旧イーモバイル)が、3Gから発展した「3.5G」とも呼ばれる規格(DC-HSDPA)では、下り42Mbpsのサービスを提供しています。

 

LTE、3G、WiMAXの速度アップの将来

今後も、さらなる通信速度のアップが予定されている各サービスです。LTEの後継規格である、LTE-Advanced(LTEアドバンスト)では、理論上の最高通信速度が、下り1Gbps( = 1000Mbps!!)以上、上り500Mbps以上と光ファイバー並みの速度が実現可能となっています。

 

WiMAXの後継規格であるWiMAX2.1については、現在の通信速度(下り110Mbps)を、2014には下り220Mbps、さらに2017年には下り1Gbpsを目指すことが、WiMAX2+を提供している通信会社から発表されています。

WiMAX2+と今までのWiMAXは、切り替えて使用することができますし、WiMAX2+の届かないエリアに入れば、通常のWiMAXの信号を受けることが可能です。更にWiMAXのエリアすら外れる場合は、LTEの信号を利用できるモバイル通信用の機器も用意されています。

 

下り1Gbps( = 1000Mbp)という通信速度ですが、現在提供されている使用場所が固定される光回線の最高速度と同じ速度となります。

あくまで理論的にだされた数字なので、それがそのまま実際の通信速度ではありませんが、どちらにしてもモバイル通信の世界では、夢でもみることのない数字です。

 

3Gに関しては、その利用している周波数帯を徐々にLTEへ転換していくようです

今後の発展は望めない状況のようです。すぐに利用できなくことはありませんが、少しずつ利用できる周波数帯が減っていくことになります。

 

LTE、3G、WiMAXの速度アップを楽しむ

新しい通信規格が発表されるたびに、「今度はどのくらいの通信速度が実現されるのかな?」という期待感でワクワクしてしまう人は、結構存在するのではないでしょうか?

現在のモバイル通信の開発のスピードでは、今後の数年間で、現在利用されている光回線のような利用場所限定のデータ通信回線がモバイル回線に置き換わる状況が、決して夢物語ではなくなりそうです。

自宅と、外出先で、おなじモバイル通信機器(または、スマートフォン)を利用して、それまでの光回線と同レベルのデータ通信ができるようになったら、どんなに便利な世の中になることでしょう。

問題は、今のところ高速のモバイル回線には、データの送受信に量により、通信速度がガクッと落ちてしまう制限があることです。

サービスごとに差はありますが、おおよそ通信速度が半分以下におちてしまいます。

 

WiMAXでは、そのような制限がありませんが、後継規格であるWiMAX2+では、いまのところ契約から約2年経過すると、速度制限の対象になることが、サービスを提供している通信会社からアナウンスされています(制限のかかるデータ送受信の量については「検討中」との表現なので断定はしていません。)。

この点は、今後の課題となりますが、その制限を緩和するかどうかが、今後、モバイル回線のサービスを決定する際の重要ポイントになることでしょう。