ネットストリーミング・サービスの台頭とは?

音楽を楽しむ手法としては、すでに当たり前の存在となっているWeb上の音楽配信サービスです。

その提供方法としては、大きく分けるとアルバムや曲ごとに料金を支払って、自分のパソコンやスマートフォンに音楽をダウンロードして保存する方法と、毎月一定の料金を支払うことによって、登録されている音楽を、好きなだけ聞くことができる方法の2つに分かれます。

 

どうせお金を払うのであれば、自分の持っている端末に入れておいて、何時でも好きな時に聞きたい、と考えるのか、それとも定額料金で多数の音楽をインターネット経由で聞く方が良い、と考えるかによって判断が分かれます。

しかし、海外では、Apple社の提供している音楽ダウンロードサービスである「iTunes Store」の売上が、最近では減少しているようです。

どうやら、音楽を楽しみ方法としては、後者の「ストリーミング・サービス」の勢いが、以前よりも増しているようです。

 

ストリーミング・サービスとは?

インターネット経由で端末にダウンロードした音楽や、動画のデータを受信しながら同時に再生する手法です。

この方法では、ダウンロードしたデータを端末の中に保存する必要がありませんので、その端末の記憶容量に関係なく大量の音楽を楽しむことが可能です。

通信速度が飛躍的に向上した現在の通信環境では、通信速度の低下による問題の発生する可能性が非常に低くなったことによって、利用者が増加する環境が整ったようです。

 

しかも、かなり魅力的な内容で提供されているサービスも存在しています。

その中でも、毎月定額料金を払うことによって、大量の音楽を自由に楽しむことができるサービスが大変な人気を獲得しているようです。

 

日本では、まだまだ、これからのサービスですが、海外では「Spotify(スポティファイ)」などのサービスが、すでに多数の会員を獲得しています。

ちなみに、このSpotifyの会員数はすでに4000万人を超えているとのことです。

海外での料金は、月額9.99ドル/ユーロ(日本円では、1200円~1500円前後)とのことです。

無料会員でも、広告表示付きの音楽を楽しむことが可能となっています。

 

有料会員は、高音質の音楽を広告なしで楽しめるうえに、インターネットに接続できない環境でも利用できるように、音楽データを端末の中に一定期間保存することが可能です。

現在、日本での提供を行うため準備中ですが、実現すればかなりの話題になると思われます。

現在の段階では洋楽を中心として約2000万曲が登録されています。

 

ストリーミング・サービスの強みは?

定額の料金で、大量の音楽を楽しみことが出来る点は非常に魅力を感じる部分です。

音楽データをダウンロードして保存する方法では、スマートフォンなどの場合はその記憶容量の問題で、好きなアーティストの音楽を全て入れておくことが困難です。

 

そのような制限もなく、インターネットに接続することさえ出来れば、どこにいても好きな音楽を楽しむことができるサービスです。

常に、新しく登場したアーティストの音楽を確認していないと、気が済まないタイプの人には相性が良いのではないでしょうか?

日本では、今のところ市場を独占するほどのストリーミング・サービスは存在していません。

 

しかし、これからは、複数のサービスが激しく競合するような状況に、なるのではないでしょうか?

固定回線やモバイル回線の高速化の面では、日本もこのような形態のサービスを提供できる環境がすでに完成されています。

後は、日本のユーザーが最も満足できる内容のサービスを「いかに安価な月額料金で提供できるか」という問題が残っているだけです。

 

単に音楽を聞く機能だけではなく、関連した機能も気になるところです。

すでに紹介したSpotifyでは、聞いた曲を、Facebook上でシェアすることや、登録してあるプレイリストを分析して、現在の状況やムードに合わせたプレイリストを自動で作成すること、などが可能となっています。

日本での提供が期待されるところです。

 

ストリーミング・サービスのこれから

音楽を楽しむ方法は人それぞれです。

特定のアーティストにとことん拘る人であれば、ダウンロードした音楽を、自分の端末に保存することを希望するでしょう。

新しい作品を次々と聞いていくことを希望する人が、その欲求を満たすにはスマートフォンの記憶容量が少々足りないかもしれません。

 

将来的には、自分の希望する形態で音楽を提供しているサービスを自由に選択できる状況となりそうです。

どちらにしても、音楽はこれからも我々にとって、重要なエネルギー源であることは変わりません。