Webマーケティングとは?

企業が利益を得るためには、できるだけ低コストで効果的な手法を採用して活動する必要があります。

単に、一時的な利益を得るだけでなく、顧客との信頼関係を築くことによってその市場全体を盛り上げていく必要があります。

このような目的のために、企業が行う活動全般をマーケティングと呼んでいます。

 

必ずしも、直接的に利益に結びつかない活動も、最終的にはその市場の規模の拡大に貢献する場合には、マーケティング活動として評価することができます。

では、インターネット上で各種のサービスを提供している企業にとって、マーケティングとは何を意味するのでしょうか?

このような企業が行っているマーケティング活動を「Webマーケティング」と呼んでいます。

具体的には、どのような活動を行う必要があるのでしょうか?

 

Webマーケティングとは?

Webサイトや、その他のWeb上の技術を利用したマーケティングの手法を言います。

具体的には、Web上の広告によって、自社の提供しているサイトや商品などを宣伝したり、Web上での取引を展開したりといった活動です。

その他にも、Webサイトを経由して顧客と双方向の情報交換を行ったり、消費者が参加できる形で商品を企画するイベント行ったり、Webサイト及びWeb上の技術を利用した市場調査を行ったり、といった活動が含まれます。

 

これまでの手法との違いは、自社の提供している商品に興味を持っている人を狙って効果的な宣伝活動をすることが、可能である点を挙げることができます。

上手に使いこなせば、その商品に興味のない人を含めた多数の相手を対象として宣伝を行ってきた、これまでの手法よりも低コストでより大きな結果を期待することができます。

 

しかし、Web上で行うマーケティングには、それに特有の知識と経験が必要となります。

提供している商品や、サービスに興味を持っている人を、自社の提供しているサイトに誘導する技術と、サイトにやってきた人との間に信頼に基づいた、長期的な顧客関係を築くことができる対応力の両面で高いスキルが必要です。

 

Webマーケティングは簡単?

提供しているサービスの内容が充実していることは当然ですが、それ以外にも多数のテクニックを駆使することによって、初めて有効なWebマーケティングとなります。

集客に付いては、Google(グーグル)などの検索エンジンによる、検索結果の上位にくるようなテクニック(SEO)が必要となります。

 

Web上の広告に付いても、いくつかの手法が存在します。

検索結果のページに表示されるもの、ブログなどにリンクを貼ってもらい、それを経由して行われた成約に応じた報酬を支払うもの、提供しているサービスや商品と関連したWebサイトに限定して、広告を表示するものなどです。

最近では、アクセス数が大幅にアップした、TwitterやFacebookなどのSNSを利用して宣伝活動を行う手法も一般的に利用されています。

 

自社の提供しているサイトへ訪問した人に対して、いかに魅力的な内容の提案をすることができるかも、大変重要な部分です。

これは「サイトの最適化」と呼ばれている分野ですが、一度訪問した人が再度訪問してくれるような内容のサイトである必要があります。

そのため、訪問した人がどのページを閲覧してどのような内容のサービスや、商品に興味を持っているのかを、専用のアクセス解析ツールによって分析する必要があります。

 

そして、その結果を参考にして、常にサイトで提供しているコンテンツのメニューを更新することを繰り返すことによって、多数のリピーター客を獲得することが初めて可能となります。

このような顧客の傾向を元にして、新商品の開発を行うことによって、更なる顧客数の増加を期待することができます。

 

Webマーケティングの未来

技術の進歩によって、これまで予想もされなかったような、理想的な手法を利用したマーケティングが実現できるWebの世界です。

このような新技術は、結局のところ無駄な広告コストをいかに削減するか、と言う共通の目的を持っているようです。

全く興味のない商品や、サービスに関する大量の広告を見たり、聞いたりすることよって、それなりのストレスを感じている現在の状況を、将来的には改善することができるのでしょうか?

 

また、顧客毎の細かな希望や、要望を吸収できる仕組みは、現在のように、商業的な活動に活かすだけではもったいないとも思えます。

国の政策や、方針に関する国民の評価や、希望を簡単にデータ化できるシステムへ転化することができないでしょうか?

それが可能となれば、選挙以外にも「民意」を正確に確認できる新しい手法になりそうです。