Microsoft Bandで健康管理

健康を維持することを目的とした製品は昔から多数販売されてきました。

その状況は、現在でも全く同様ですが、すこしだけ提供されている製品の様子が変わっているようです。

デジタル技術の発展によって、非常に小さな製品を身につけるだけで、その人の健康状態を調べることができる「フィットネス・バンド」と呼ばれる形態の製品が、最近の人気商品となっているようです。

 

このような流れに乗って、パソコン用のOSである「Windows」などのソフトウェアを主力商品としている「Microsoft(マイクロソフト)社」からも、独自の機能を搭載するリストバンド型の端末である「Microsoft Band(マイクロソフト・バンド)」と命名された新製品の販売が開始されました。

 

一体、どのような機能を搭載した製品なのでしょうか?

今のところは、日本での販売予定は決まっていませんが、気になるところです。

 

Microsoft Bandとは?

フィットネス・バンドとして、この製品を装着した人の心拍数、歩数、カロリー消費量、睡眠品質、移動ルートの記録を行う機能、及び紫外線モニターなどの機能を搭載しています。

更に、これらのフィットネス情報を、Microsoft社が提供するクラウドサービスによって蓄積して分析することが可能です。

このようなフィットネス・データを保存する新しいプラットフォームとして「Microsoft Health」を開発しました。

 

実は、これ以外にも重要な機能を搭載しています。

この独自機能の提供によって、他のメーカー製のフィットネス・バンドとの差別化を図っています。

 

それは、自社の提供している「Windows Phone」は当然にしても、それ以外のiPhoneや、Androidに対応したスマートフォンなどと連携することが可能であることです。

Windows Phoneだけは、この製品に標準で搭載されている音声認識アシスタント機能(Cortana)によって、すぐに連携することが可能です。

 

他のメーカー製の端末に付いても、専用のアプリをインストールすれば、すぐに連携機能を利用できるようになっています。

他のメーカー製の端末との唯一の差が、この音声認識アシスタント機能を利用できるかどうかと言う点です。

連携によって、ポケットに入っているスマートフォンに触ることなく、手首のバンドでコントロールすることが可能です。

 

Microsoft Bandの性能は?

公開されている仕様によると、一回のフル充電によって、約2日間の使用が可能となっている点がこの端末の特徴です。

他にも、搭載しているセンサーの数などの点では、例えばApple社が発売を予定している「Apple Watch」などの類似した製品よりも優れているところがあるようです。

また、すでに記載しているように、連携できる端末を、基本的に制限していない点は大きなポイントとなります。

フィットネス・バンドとしての機能と、スマート・ウオッチとしての機能を、一つの小さなバンドに搭載することに成功していると思われます。

 

今後も、このような機能を持っている新製品が登場すると思われますが、この製品は、必要とされる機能をほぼ全ての面で実現することに成功しているのではないでしょうか?

自社の提供しているスマートフォン以外も連携の対象としているところからは、メーカーとしての本気度を感じることができます。

日本でも、販売されるようになれば、多数のスマートフォンユーザーがその魅力に気がつくのではないでしょうか?

 

また、アメリカでは、少なくともApple Watchよりも低額の販売価格で提供されているようです。

日本国内でも、人気が出るかも知れません。

 

Microsoft Bandの可能性

手首に付けた小さなバンドで、健康管理とスケジュール管理の両方が実現できる世界、散歩中でも仕事をこなすことができる世界がどうやら近い将来には実現可能となりそうです。

しかし、散歩中でも、仕事から逃げることができない状況が、本当に幸せなのかは疑問です。

それでも、小さな端末によって、必要な業務を迅速に進めることができる状況は理想的な姿ですので有効に利用したいところです。