スティック型Android端末は革命?

以前から、テレビの画面でパソコンの操作をする方法は存在していました。

それは、パソコンの本体とテレビ側の映像入力端子を専用のケーブルで接続することによって、テレビをパソコン用のモニターとして利用する方法でした。

 

しかし、最近は、最初からテレビをモニターとして利用することを前提とした製品もあるようです。

片手で、簡単に持つことができる程度の大きさと、重さですぐにテレビに接続できるように、最初から最近のテレビの標準的な接続方法に対応したHDMI端子を備えています。

これをテレビの映像入力端子に差し込むだけで、高機能で多数のサービスを利用できる「スマートテレビ」が誕生です。

 

 

見た目は、少し大きめのUSBメモリーのようです。この形状から考えるとテレビへ接続することによって初めてその利用が可能となる設計です。

しかし、単なる記憶装置ではありません。中には、パソコンやスマートフォンで利用されているOSである「Android」が動作できるような機能が搭載されています。

このような「スティック型Android端末」は、予想以上の低価格でいくつかの製品が販売されています。

実際には、どの程度の能力を持っているのでしょうか?

 

スティック型Android端末とは?

単独では、全く動作できないタイプの端末ですが、テレビの一般的な入力端子である「HDMI端子」へ差し込むことによって、その機能を利用することができる製品です。

最近のテレビには、もともとインターネットを閲覧できるような機能が、搭載されていることが多いようです。

 

しかし、この製品で利用できる機能は、スマートフォンなどと同じAndroid OSが提供していますので、操作性の面と利用できる機能の面でははるかに高性能です。

テレビのHDMI端子では、電力を供給することができないため、別に付属しているUSB端子を経由して電源を確保する必要があります。

また、製品によっては、リモコンが付属していないため、その場合は手持ちのスマートフォンをリモコンとして利用する必要があります。

 

また、インターネットへ接続する手段としては、Wi-Fi環境が必要となりますので無線ルーターなどの設置が必要です。

もともと、Wi-Fi環境を利用している場合は、この機器のために専用の無線機器を設置する必要はありません。

実勢価格では1万円を切っている製品が多数存在しているようです。

 

スティック型Android端末の機能は?

一例として、携帯キャリアの「au」の製品である「Smart TV Stick」を紹介します。

この製品は、税込10800円で販売されているものです。

専用のリモコンが付属していますが、対応しているスマートフォンへリモコン機能を追加することも可能です。

 

スマートフォンと同じように、You Tubeの視聴や、インターネットの閲覧、及びGoogle Playで提供されているスマホ用のアプリをテレビの画面で楽しむことが可能です。

Wi-Fi環境を利用して、インターネットへ接続することが必要なタイプです。

また、無線規格の「Bluetooth」に対応しているキーボードや、マウスを利用することが可能です。「auスマートパス」の利用が可能となっていますので、auの回線(携帯、固定回線)を利用している人にお勧めです。

 

次に、楽天市場でも購入できる「上海問屋」の提供している製品である「アンドロイドOS搭載メディアプレーヤー」を紹介します。

税込8228円で提供されている機種ですが、いくつか特徴があります。

まずは、有線LANケーブルを接続してインターネットを利用するところです。

 

また、リモコンが付属されているところと、USBポートが2ヶ所付いているところもチェックポイントです。

このUSBポートへ接続したマウスを使って、画面を操作することが可能です。自宅にWi-Fi環境がない方に適した仕様の製品となっています。

なお、Wi-Fi環境への接続機能は搭載していません。

また、取扱説明書が英語表記であるところは多少不安を感じるところです。

機能的には、一般的なスマートフォンと同様の利用が可能です。

 

スティック型Android端末はどうなの?

特に動画などを楽しむ際に、スマートフォンの画面ではどうしても迫力のある場面を100パーセント楽しむことが出来ません。

また、操作画面を見るにもスマートフォンでは、細かい部分が見づらいと感じる人は、結構いるのではないでしょうか?

 

自宅の大画面のテレビで、付属のリモコンを操作することによって、スマートフォンと同じ機能を簡単に利用できる環境は大変素晴らしいものです。

これは、いつもスマートフォンを操作している人ほど理解できるのではないでしょうか?