SaaS(サース)とは?

クラウド上で提供されている各種のサービスは、アプリケーションをパソコンなどの通信端末へインストールすることなく利用することができます。

このような方法で利用できることによって、その端末に内蔵されている記憶装置の利用可能な容量を、全く減らすことなく必要な作業を行うことが可能となっています。

また、高機能なアプリケーションであっても、利用した期間や機能に応じて、料金を支払うことでコストを抑えることもできます。

 

更に、プログラム上の問題が発覚して、そのアプリケーションをアップデートする必要が発生しても、それはクラウド上のサービスを提供している側で対応すれば、サービスを利用している端末側の対応は不要です。

このように、クラウドには非常に適していると思われるこのようなサービスの提供方法を「SaaS(サース)」と呼んでいます。

これは、クラウドが登場する前から利用されていた手法です。

 

しかし、各端末に、必要なアプリケーションのプログラムをインストールしていた、これまでの手法を近い将来には過去のものへと、完全に追いやってしまうような勢いを感じます。

実際には、どのような場面でSaaSが活躍しているのでしょうか?

 

SaaSとは?

一般的には、インターネット経由で、必要な機能を、必要な期間だけ、利用できるように提供されているサービスです。

実際にプログラムが稼働しているのは、このサービスを提供している側のサーバ内であり、ユーザーはその機能のみを自分の端末で利用します。

有料のサービスであっても、通常は、使用した期間や、使用量によって課金されるため、低コストで、しかも高機能のアプリケーションを利用することが可能です。

 

また、常に最新のアップデートが行われた状態で、各機能を利用することができます。インターネットへ接続して、SaaSのサービスを提供しているサイトを表示さえできれば、基本的に、使用しているパソコンなどの端末のOSにも影響されることなく、各サービスを利用することが可能です。

サービスを提供している側にとっても、端末毎にアプリケーションをインストールする販売形式よりもメリットが多数存在します。

 

例えば、ユーザー毎に、インストールの方法を案内したり、トラブル発生時のサポートに対応したり、といった手間を省くことができる点、利用している間は、継続して料金を受け取ることができる点などです。

更に、利用状況に応じて、低コストで利用できる料金体系であり、また、OSなどに依存しないサービスであるため、新規ユーザーの獲得が容易である点などを挙げることが出来ます。

デメリットとしては、ネットワークの障害によって、利用が一時的に止まってしまう点、常にインターネットを経由するサービスであるため、ユーザー側の端末の状況によっては、セキュリティの問題が発生してしまう点などが想定されます。

また、一般的には、ユーザーの細かい要求に応じた、各アプリケーションの仕様変更などには対応できない点などを挙げることが出来ます。

 

SaaSでどうなる?

これまでの有料アプリケーションでは、ほとんど利用する可能性がないような高度な機能も含めてその製品の金額を決定していました。

そのため、実際には利用していない機能のために、ある程度の金銭的な負担を強制されていたとも言えます。

しかし、SaaS的な手法では、必要な機能を、必要な時間だけ利用することが可能となりました。

 

もちろん、SaaSのサービスを長期間利用すれば、結局は、利用しない機能を内蔵しているアプリケーションを購入した場合と支払い総額の面では変わらないかもしれません。

しかし、常に、セキュリティ面でも問題のない、最新バージョンのアプリケーションを利用できる点を考慮すると、その出費に見合った内容のサービスを受けていると評価できるのではないでしょうか?

自社で独自に開発したシステムに比べると、どうしても細かな機能の面では完全とは言えないSaaSのサービスです。

 

本当にその細かな機能が、現在の業務の遂行に必要であるかを、検討する必要があります。全てを自社で対応することにより、発生するコストと外部の業者が提供しているサービスを利用することによるメリットを比較して、少しでも有利な方を採用すべきです。

 

自社独自のサービスでは、開発から、実際に運用が開始されるまでには、かなりの時間が必要になりますが、SaaSを利用したサービスはすぐに利用が可能である点も重要なポイントです。

つまり、現在の業務内容のうち、どうしても外すことができない項目を満たしているサービスが、SaaSから提供されている時は、検討する余地があると言うことになります。

 

SaaSの可能性

これからも、企業などで利用される割合が、ますます増えていくことが予想されるサービスです。

そして、更に細かな対応が可能となるサービスへと、進化するのではないでしょうか?

現在利用しているシステムとできるだけ同じ内容のサービスが、SaaSでも提供されることを希望することは当然です。

その流れがすすめば、自分の使用している通信端末に、新しく使用するアプリケーションをインストールしようとしている人が、周りの人から、不思議なものを見ているような目で見られるような時代が、近い将来にやって来るかも知れません。