クラウド・ファーストとは?

新しい技術や思想が浸透していくと、ある段階でもはやその効果に疑いを持つことが、一般的ではないと評価されるようになります。

そうなると、それまでは最終的な理想型として考えられていた形態を、最初から目標にした方が低コストで、かつ短時間で結果を出すことができるのは明らかです。

その理屈は、新しいシステムにクラウドを採用する場合も同様です。

 

すでにクラウドの効果は、広く認知されていますので、企業が新しく業務用のシステムを設計する際には、最終的にクラウドへ移行できるようなものを採用する必要はありません。

最初から、クラウドを利用した形のシステムを、採用することが望ましいと言えます。

このように、最初からクラウドを利用することを前提として、システムの採用や移行を行う方針のことを「クラウド・ファースト」と表現します。

 

クラウド・ファーストとは?

最初から、システムの運用を、自社で用意したコンピューター、通信機器、ソフトウェアなどを基盤として構築するのではなく、外部の専門業者が提供するクラウドサービスを採用することによって、その運営コストを、大幅に抑制することを一番の目標にすることです。

 

自社の提供する独自性のあるサービスに付いては、そのクラウド上のデータを利用して、自社独自のアプリケーションによって実現することが可能です。

外部の業者が提供するクラウドは、自社の設備ではありませんので、各種機器の保守に対応するため自社のスタッフを置く必要はありません。

 

自社の負担を極限まで減らすことによって、大規模な設備を不要にするだけではなく、システムを準備する期間の短縮も期待できます。

また、システムの運営上は、最も重要な要件であるセキュリティ対策に付いても、クラウドのサービスを提供している専門の業者によって、常に最新の技術によって対応することができます。

その分、これまで業務用システムのセキュリティ対策に対応していた担当者を、その企業の他の業務に対応させることが可能となり、人的なコストの面でも有利です。

 

クラウド・ファーストのメリット

これまでは、自社のシステムを少しずつ進化させる際に、その選択肢の一つとしてクラウドの採用を検討していました。

しかし、自社で全てのシステムの運用を行う道を選択した企業では、そのために新しい部署を立ち上げて、自前で必要な通信設備やサーバなどの高価な設備を用意します。

また、その運営と保守のために、その設備の規模に合わせて必要な人数の担当者を配置しています。

 

一度、そのような体制が整ってしまうと、いくらクラウドが良い、と言われてもすぐに方針を転換することには問題が多すぎます。

それでは、最初からクラウドありき、と言う方針を採用したらどうでしょうか?

その有効性が確定していない段階であれば、検討材料の一つとしてクラウドを挙げるような状況もありえます。

 

しかし、現在では完全とは言えないまでも、他の手法に比べると企業の負担する各種のコストの面では、最も有効な手法である、との評価がほぼ確定しています。

他の手法を試した後で、再度、クラウドの採用を検討するのでは、かなりの金額の無駄な設備投資をすることになりそうです。

また、企業の運営に必要な各種のシステムも、後からクラウド用に変更するのでは、現場の混乱を招いてしまう可能性が高くなります。

 

クラウド・ファーストの未来

最近の傾向として、企業が、直接利用するクラウドサービスを選択する方法以外にも、その企業に最適なクラウドサービスの選定などを専門に行う業者にクラウドの運営を任せる方法があるようです。

このように、専門的な知識に基いて最適な内容のクラウドサービスを選定する業者を「クラウドサービス・ブローカ」と呼んでいます。

場合によっては、複数のクラウドサービスを併用して、その企業の理想とするシステム運営を実現することを業務としています。

 

更に、現在のシステムをクラウドへ移行する場合は、その専用的な知識に基いて、最も短時間で効率的な方法を提案することを業務としています。

クラウドの世界も、このように新しい業種を生むような、かなり成熟した時期に入ってきたようです。