Tiki(ティキ)モバイルの通話SIMプランが登場

格安でモバイル回線を利用することができるサービスを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)が、以前からプロバイダ業務を行っている通信業者であるケースがあります。

プロバイダとして、自社のサービスを利用している顧客に対して、新サービスとしてモバイル回線を格安で提供することで相乗効果が期待できます。

 

今回紹介するサービスも、以前からプロバイダ事業を行っていたNDS株式会社が提供しているものです。

NTTドコモの高速モバイル回線をレンタルして、格安のデータ通信サービスを提供していますが、他社にはない独自のサービスも提供していようです。

また、これまではデータ通信にのみ対応していましたが、2014年の12月からは音声通話にも対応したプランの提供を開始しました。それが「Tiki(ティキ)モバイル 通話SIM」プランです。

 

Tikiモバイル 通話SIMプランとは?

これまで提供していたデータ通信と、音声通話の両方が利用可能となる新サービスです。

料金は、月々最大で2GBの容量で、下り最大150Mbpsの高速データ通信ができる上に、30秒当たり20円(税抜)で音声通話も利用できるプランが、月額1850円(税抜)で提供されています。

 

手元にあるスマートフォンが、SIMフリーや、NTTドコモの回線で利用していたものであれば利用可能です。

この2GBの制限容量は、100MB、または500MB毎に追加料金(それぞれ、税抜250円、または税抜1000円)を支払うことによって、増加することが可能です。

現在、このような増加オプションは、データ通信のみに対応したプランでは提供されていません。

 

モバイル回線を、常に利用しているような人には、データ通信専用のプランがおすすめです。

毎月最大で、7GBまでの高速データ通信を行うことができるプランが、月額2490円(税抜)で提供されています。

これが、5GBであれば、月額1990円(税抜)となっています。LINE(ライン)などのように、SMSを利用して、認証を行うことが必要なアプリのインストールを希望する人には、月額140円(税抜)で、SMS機能の付いたSIMカードも提供されています。

基本的に、メールの送受信以外に使用しない人には、月額934円(税抜)で、毎月2GBまでの高速通信が利用できる「タイプM」、又は同じ料金で、毎日70MBまでの高速通信を利用できる「プランD」などが、適しているのではないでしょうか?

 

Tikiモバイルの独自サービス

中古の通信端末とセットにして、SIMカードを購入することが可能となっています。

一般的な携帯電話、から、iPhoneなどのスマートフォンまでが、中古販売の対象となっています。

中古端末の代金は、クレジットカードで、分割払いにすることによって、毎月の実質的な負担額を低額に抑えることが可能です。

 

例えば、中古の「iPhone 5c 16GB(公式サイトでは、31000円と評価)」と、SIMカードを購入した場合で、端末の代金を24回払いにすると、もっとも高額な通信プラン(7GBプラン)を選択しても、合計した毎月の負担額は、通話量を除くと5000円を切ります。

このような方法で、通常よりも低額で、中古の端末を手に入れることができることは非常に魅力的です。

他の通信会社の提供しているサービスでは、通信料金をいかに低額に抑えるかに最も力を注いでいるようです。

 

しかし、実際には、SIMカードを差し込む端末が必要となります。

確かに、新品のスマートフォンとのセットで、SIMカードを購入できるサービスは他社でも提供されています。

しかし、自分の好きな端末を、例え中古であっても低額で手に入れることが可能となっているところがこのサービスの特徴です。

 

Tikiモバイルの魅力は?

以上のように、中古端末とのセットで購入できる独自のサービスと、低額で利用できる料金体系などが、かなり気になるTikiモバイルのサービスです。

特に、現在、スマートフォンなどの端末を持っていない人には、かなり気になる内容ではないかと思います。

ただし、iPhoneなどのスマートフォンは、中古の価格が、かなり変動しますので、購入前に適正な中古相場を調べてから決断することをお勧めします。

Tikiモバイル 公式サイト http://www.tiki.ne.jp/index.html