Boot CampでMacintoshがWindowsパソコンへ変身!!

1台のパソコンで、複数のOSを利用できたらどんなに便利でしょう。

しかも、それがWindows OSと、Apple社の製品であるMacintoshパソコンに搭載されているOS X(オーエス テン)であれば、なおさらです。

 

通常は、この2つのOSを利用するには、それぞれ専用のパソコンが必要です。

そのため「どちらのOSでも操作できますよ」と言える人は少数派でした。

有料のソフトを利用して、仮想環境をMacintoshパソコン内に作ることで、この2つのOSを同居させることは以前から行われてきました。

しかし、どうしてもパソコンへの負担が大きくなるため、あまり実用的ではありませんでした。

 

ところが、Intel(インテル)社のCPUを搭載している現在のMacintoshでは状況が変わっています。

なぜならば、Windows OSを利用しているパソコンに搭載されているCPUと全く同じタイプのものを搭載しています。

そのため、比較的容易に、Macintoshパソコンの中へ、Windows OSをインストすることが可能です。

 

そして、Windows OSでパソコンを起動することによって、通常のWindowsパソコンとして、利用することができます。

これを可能とする機能が、MacintoshのOSに標準で搭載されている「Boot Camp(ブートキャンプ)」です。

 

Boot Campとは?

この機能を利用して、Windows OSをインストールしておけば、パソコンを起動するたびに利用するOSを切り替えることができます。

結果として、1台のパソコンで、本来は、全く共通点の存在しないはずのWindows OSと、そのMacintoshパソコンに、もともとインストールされているOS Xの両方を利用することが可能となります。

 

CPUがIntel製になった新型Macintoshの販売が開始された当初は、一部のMacintoshユーザーがこのような方法で利用していましたが、専門的な知識が必要である上に、Apple社の積極的な協力は期待できない環境でした。

その後、Apple社がこのBoot Campの機能をOSに標準で搭載することによって、誰でも比較的容易にWindows OSの導入を行うことができるような環境が整いました。

 

もちろん、Windows OS自体はOS Xには含まれていませんので、正規のWindows OSのインストールディスク(または、ディスクイメージ)が必要になります。

インストールの際には、プロダクト・キーの入力も必要となります。キーボードの様式が多少違う点を除けば、Windowsパソコンとして、普通に利用することが可能です。

 

Boot Campはどんな世界?

現在のところ、Windows XP以降のOSをインストールすることが可能となっています。

DVDドライブが搭載されていないタイプのMacintoshでは、外付けのDVDドライブから、WindowsのインストールDVDが認識できないことがあります。

 

その時だけは、そのDVDからディスクイメージを作成する必要があります。このような特殊な事情がなければ、Macintoshのアプリケーションである「Boot Camp アシスタント」の指示に従うことで、Windows OSのインストールを行うことが可能です。

無事にインストールが終わってMacintoshを再起動すると、システム環境設定の「起動ディスク」の中に「BOOTCAMP Windows」と「Macintosh HD」という2つの表示が並んでいます。

 

次回、Windows OSで起動したい時は、起動ディスクの中の「BOOTCAMP Windows」の方を選択して、再起動すればWindows OSで起動することが可能です。

Windowsの画面から、次回の起動に使うOSを選択することも可能です。

 

また、パソコンを起動する際に、キーボードの「optionキー」を押したままにしておくと、起動するOSを選択する画面が開きますので自由に選択することができます。

このように、毎回利用するOSを選択する方法ではなくて起動したMacintoshの画面の中に、同時にWindowsを起動することができるアプリケーションも販売されています。

 

この場合、どうしてもパソコンに対する負担が増えますので、Boot Campを利用してWindows OSを起動OSにした場合よりも動作が重くなってしまいます。

同時に複数のOSを利用できる環境は「VMware Fusion」や「Parallels Desktop」などの有料ソフトの利用により実現可能です。

すでにBoot Camp機能でインストールしたWindows OSが、そのMacintoshに入っている時はその情報をそのまま利用できます。

 

Boot Campを利用して1台で、2台分の存在

以上のように、標準で利用できる機能として大変便利なものが用意されています。

もしも、以前利用していて廃棄したWindowsパソコンのインストールCDなどがあれば、一度、Boot Campで利用できるかどうかを、Apple社の公式サイト(http://www.apple.com/jp/)で、確認してはどうでしょうか?

 

この公式サイトから「Boot Camp」で検索すれば詳しい要件を確認することができます。

インストールできれば、これまでは利用を諦めていたWindows OS専用のアプリケーションも、当たり前のように利用することができます。