CalDAV(カルダブ)で業者に関係なくiPhoneカレンダーを同期

何か予定が追加されると、とっさに手に持っているiPhoneやiPadなどのカレンダーへ予定を追加することはないでしょうか?

操作に慣れると一瞬で予定を入力できるところが重宝します。

しかし、後で、パソコンなどにインストールしているカレンダーやWebページにあるカレンダーへ、同じ内容を手入力で転記している人はいるでしょうか?

 

iPhoneを販売しているApple社が提供しているサイトである「iCloud(https://www.icloud.com)」内で、提供されているカレンダーであれば、当然、iPhoneのカレンダーと同期されていますので、すぐに追加情報が反映されます。

しかし、Googleや、Yahoo!の公式サイトで提供されているWeb上のカレンダーを利用している人はどうでしょうか?

すでに、iCloud以外のカレンダーを、パソコンなどで愛用している人であれば、現在、スケジュールの管理に使用しているカレンダーを、iPhoneなどの端末と同期することを希望すると思います。

 

そのような希望に対応することができるような仕組みが、それぞれのカレンダーを提供しているサイトで用意されているようです。

このように便利なサービスの利用を可能とするには、各カレンダーに共通したプロトコル(規格)が必要になると思われます。

 

カレンダーの同期とは?

通常であれば、別の業者が提供しているカレンダーのサービスはお互いに何の関係もないはずです。

ところが、あるプロトコルを採用して、設計されているカレンダーであれば、お互いのカレンダーの内容を自動的に同期することが可能です。

このように、サービスを提供している業者に関係なく、カレンダーを同期することができる規格が「CalDAV(カルダブ)」と呼ばれている通信プロトコルです。

 

このプロトコルのおかげで、カレンダーの情報を共有することが可能となります。

そのため、手元にあるiPhoneなどで、新しい予定を追加したり、予定を変更したり、または予定を削除したりすれば同期されている別のカレンダーでもその変更が反映されます。

また、他の人とカレンダーを共有することによって、お互いの予定を簡単に確認することが可能となります。

カレンダーと言う生活に密接に関係したサービスが、それを開発した企業独自の基準ではなく、共通したプロトコルで運用されているところは、これから新規に開発されるサービスが模範として欲しい部分です。

 

カレンダーの同期の設定

例えば、Googleのカレンダーと同期するには、iOS端末(iPhoneや、iPadなど)の設定アプリを起動して「メール/連絡先/カレンダー」から「アカウントを追加」を選択します。

そこで「Gmail」を選んだら、Googleのアカウント情報を入力します。

最後に、カレンダーの項目が有効になっていることを確認して、内容を保存すれば完了です。

この手順一つで、メールとカレンダーの同期を同時に行うことができます。

 

Yahoo!のカレンダーと同期する場合も、ほぼ同じような手順ですが、アカウントを追加する場合に「その他」から、カレンダーの「CalDAVアカウントを追加」を選択します。

次のアカウント情報の入力画面の「サーバ」のところに「caldav.calendar.yahoo.co.jp」と入力する必要があります。

Yahoo!の場合は、メールアドレスの同期と、カレンダーの同期を、別々に行う必要があります。

 

このような同期機能を有効に利用すれば、一つのカレンダーへ予定を追加することによって、他の端末で利用しているカレンダーへも自動的に内容が追加されるため、同じ内容の予定を別の端末へ再度手入力する際の記入漏れなどのミスを、根絶することが可能となります。

 

カレンダーの同期でミスのないスケジュール管理

以上のように、大変便利な機能が利用できる環境となっていますので、他社の提供しているカレンダーアプリを利用している人は、一度そのカレンダーの設定内容を確認することをお勧めします。

実際の設定方法は、それぞれのサービスによって多少の違いがあるかも知れません。

しかし、上記に記載したGoogle又はYahoo!の設定方法のどちらかに近いものと予想されます。

また、そのカレンダーの「Q&A」に従えば、設定自体に極端な時間はかからないと思います。