LTE、3G、WiMAXって結局何が違うの?

現在のインターネット接続の宅内での利用方法は、その方式により有線接続と無線接続に分かれます。

そして、インターネット回線自体の提供方法も、各家庭を光ファイバーや同軸ケーブル等の有線ケーブルで接続する方法と、空中を飛んでいる無線の電波を利用する方法とに分けることができます。

この記事では、無線の電波を利用する方法で、簡単に高速のインターネット回線を利用できるLTE(エル・ティー・イー)、3G(スリージー)、WiMAX(ワイマックス)という三種類のインターネット回線について、わかりやすく説明しています。

どの回線もよく聞く名前ですが、それぞれが別形式のサービスとなっています。その違いと各サービスの特徴を紹介します。

LTE、3G、WiMAXは、なにを表すの?

「LTE(エル・ティー・イー)」は、Long Term Evolution(ロング・ターム・エボリューション)の略称です。

もともと携帯電話の通信規格として開発されました。

現在使用されている「3G」と、次世代の通信規格である「4G」との中間にある規格であるため「3.9G」とも呼ばれます。

 

その後、国際電気通信連合(国際連合の一機関、ITU)が「4G」と呼ぶことを認可したので「4G」とも呼ばれます。

「3G(スリー・ジー)」は、3rd Generation(サード・ジェネレーション)の略称です。

現在、携帯電話でのデータ通信に、もっとも利用されている通信規格です。

 

「WiMAX(ワイマックス)」は、Worldwide Interoperability for Microwave Access(ワールドワイド・インターオペラビリティー・フォー・マイクロウェイブ・アクセス)の略称です。

上の2つの規格とは異なり、携帯電話以外の機器の通信専用規格として、開発されました。

光回線等の固定通信手段がなくても、高速でインターネットの利用ができることを目的としています。

その後、国際電気通信連合(国際連合の一機関、ITU)が「4G」と呼ぶことを認可したので「4G」とも呼ばれます。

 

LTE、3G、WiMAX、それぞれの特徴は?

「LTE」は、現在一般的に使用されている3Gと同じ周波数帯を利用しています。

規格としては、パケット通信(インターネット等のデータ通信で利用)のみを行いますが、この通信形式を利用した音声通話も可能です(「VoLTE」と呼ばれます。)。

 

「3G」は、もっとも利用されている形式ですので、対応エリアが広いことが特徴です。

将来的には、次の「4G」へと引き継がれていく予定ですが、3G自体が、それ以前の2Gからそのエリアと技術を引き継いで誕生しました。

 

「WiMAX」は、場所を選ばずに、データ通信を高速で行うことを目的として誕生しました。

もともと音声通話には対応していません。また、他の規格のように、毎月のデータ送受信の総量によって、通信速度の制限をかけていません。

 

最近登場した新しい規格「WiMAX2.1」では、大幅な通信速度アップを実現しています(国内ではUQコミュニケーションズが「WiMAX2+(ワイマックス・ツー・プラス)」というブランド名でサービス提供中です。

「WiMAX2+」では、契約後一定期間が経過すると、速度制限の適用があることがアナウンスされています(基準となるデータ使用量については、検討中との表現です。)。

 

LTE、3G、WiMAXの通信速度は?

「LTE」は、今のところ、下り75Mbps上り25Mbpsといったところです。

今後も技術の進歩によって更に速度アップする可能性が高いといえます。

次世代の規格である「LTE-Advanced(LTEアドバンスト)では、理論上、固定の光回線並みの速度が期待できる仕様となっています。

 

以下の数値は、あくまで理論上の最高速度です。

「3G」は、当初は、下り384kps(約0.4Mbps)程度の通信速度でしたが、何度かのスピードアップをとげてきました。

まずは「3.5G」と呼ばれるようになり、通信速度は、下り14.4Mbps、上り5.76Mbpsと上がりました。

更に、発展させた規格により大幅なスピードアップが実現されました(DC-HSDPA等の名称で呼ばれています。下り42Mbps)。

「WiMAX」は、下り40Mbps、上り15.4Mbpsから、後継規格のWiMAX2+では、下り110Mbps へとスピードアップしました。今後も更なる速度アップをすることが、すでに発表されています。

 

LTE、3G、WiMAXのこれから

将来的には「4G」の段階で高速通信の規格がLTE-Advanced(LTEの後継規格)とWiMAX2+となることが国際電気通信連合で承認されました。

いまのところ、現在使われているLTE、3Gを発展させた高速通信規格(HSPA+等)、WiMAXも、4Gと呼ぶことが認められています。

4Gの時代になっても、すぐに利用できなくなることはありません。

 

これからの展望としては、現在のように自宅では固定のインターネット回線を利用して、外では携帯キャリア等が提供しているモバイル回線を利用するかたちから、場所に関係なく、モバイル用の機器(または携帯のテザリング機能)を利用する形態が普通になると思われます。

すんなりとそのような形態になるには、データ通信の使用量による制限という高いハードルがありますので、そのあたりの改善が最初に必要になると思います。