SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)とは?

現在、最も利用されている外部記憶装置であるハードディスクは、大容量のデータを保存できる上に、低額製品が次々と登場することによって、この分野では揺るぎない地位を築いています。

しかし、必ずしも、記憶装置としては、完全とは言えない部分もあるようです。

その仕組みから考えると、モーターで回転する部品が使用されているため、どうしても機械的な装置に特有の問題が予想されます。

また、常に回転することによって、どうしても消費電力の面では不利であると言えます。

 

では、現在のハードディスクに代わるような記憶方式が存在するのでしょうか?

実は、価格以外の部分では、ハードディスクの代わりになりそうな記憶装置がすでに登場しています。

これが、一般的には、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)と呼ばれているものです。

 

では、どのような仕組みでデータを記憶して電源がなくても保存することができるのでしょうか?

そして、本当に、ハードディスクの代わりとして、利用できるような性能を持っているのでしょうか?

 

SSDとは?

ハードディスクのように、電源を切っても保存してあるデータが消えないタイプの記憶装置です。

その中身は、半導体のメモリである「フラッシュメモリ」を使用して、データを保存できるようになっています。

ハードディスクのように、回転する部分がありませんので、消費電力の面では非常に有利です。

 

また、当然ですが、全く動作音が発生しません。

特に、ノートパソコンやスマートフォンなどのように、内蔵している電池を使用して動作するタイプの端末とは最適の組み合わせとなります。

 

もう一点の特徴として、ハードディスクに比べると衝撃に強い、と言う特徴もあります。

ハードディスクの場合は、高速で回転している磁気ディスクと、そこへデータを記憶する磁気ヘッドが、衝撃によって接触すると、記録されたデータが破壊される、と言う致命的な欠点があります。

そのため、最近の機種では、衝撃を感知すると、自動的にヘッドを退避させる機能が、搭載されています。

 

その点、SSDでは、もともとデータを記憶する方法が異なりますので、多少の衝撃ではデータは影響を受けません。

また、消費電力が少ないと言うことからも予想できるように、発熱量も少ない記憶装置となっています。

 

問題は、その価格ですが、やはりハードディスクに比べると、同じ記録容量の記憶装置が、少なくとも、5倍以上の価格で販売されているようです。

その他の特徴としては、ハードディスクと比べると、データの読み出し速度の面でかなり有利と言えます。

 

ハードディスクでは、回転する磁気ディスクの上で、磁気ヘッドを移動してデータの保存場所を探す時間がどうしても必要となります。

しかし、そのような時間が必要ないSSDでは、すぐに、データの読み出しをすることが可能です。

特に、パソコンなどの端末の起動時間(OSの読み込み時間)や、保存データの読み出し速度などに付いては、かなり有利と言えます。

 

SSDの上手な使い方は?

その価格以外の点では、ハードディスクの代わりとなりそうなSSDです。

しかし、データの書き込み速度の面では、ハードディスクの方が、現在のところは優っているようです。

この点は、今後の技術の進歩によって、SSDが、解消すべき課題となります。

 

もう1つの問題として、SSDでは、利用方法によって、その記憶装置としての寿命が、かなり短くなる点を挙げる必要があります。

これは、データを書き込むたびに、データを記憶しているフラッシュメモリが、極わずか劣化することにより発生します。

最近のSSDでは、その劣化を、最小限に抑えることができる機能を追加したものが提供されています。

利用しているSSDのこれまでの利用状態と、記憶装置としての寿命を、チェックすることができるアプリケーションも提供されています。

 

書き込みを、何度も繰り返すような使用方法では、それだけ早く寿命がやって来ることになります。

頻繁に利用するアプリケーションや、データなどを保存する記憶装置としては、どうやらSSDが優れているようです。

しかし、大容量のデータを保存したり、頻繁にデータの読み書きを繰り返したり、と言うような環境では、現在のところハードディスクの方が優れているようです。

 

この2つの異なった特性を活かすには、両方の記憶装置を同時に利用して、それぞれの特性に合致した利用方法で使い分ける、と言うような手法が、もっとも理想的な使用方法、と言えそうです。

最近は、このような理想を実現するために、両方の方式の記憶装置を搭載したパソコンや、外付けの記憶装置が、実際に販売されています。

 

SSDの今後は?

記憶装置としては、まだまだ歴史が浅いSSDですので、これからも、上記に挙げたような短所を解消する新機能が開発されることは、確実である、と言えます。

その構造から、衝撃や、機械的な問題によって、記憶装置としての機能を失う可能性が少ないところは、特に、移動して利用する可能性が高いタイプの端末などには、絶対に必要な特性です。

これからも、更に進化したSSDが、登場することになりそうです。