島HUB(シマハブ)とは?

家庭でも、会社でも、有線接続で複数のパソコンを接続できるように、2つ以上のHUB(ハブ)を組み合わせていませんか?

このように配線しておけば、すぐに新しいパソコンをネットワークへ接続して、インターネットを利用することができますので大変便利な手法と言えます。

Wi-Fi環境を利用する場合のように、SSIDと、パスワードを知らなくても、すぐにネットワークへ接続することができる有線LANの環境は、新しいパソコンでもすぐに接続できるところが特徴です。

会社の場合は、それぞれの部署ごとに、誰でも利用できるように、HUBが設置してあると思います。

 

では、その部署のメンバーが増えることによって、有線LANケーブルを差し込むLANポートが不足する時は、どのように対応しているでしょうか?

おそらく、現在使用しているHUBのLANポートへ、別のHUBを接続することによって急場をしのいでいるのではないでしょうか?

このように、会社などで、その部署などを単位として、HUBを増設する方法によって、多くの通信端末を接続している利用形態を「島ハブ」と呼んでいます。

 

島HUBとは?

このような名前の製品が存在している訳ではありません。

一般的に、一定の基準に従って、一定の区画毎に分かれている状態を「島(シマ)」と呼んでいるところから、俗称として使われている表現です。

会社などで、その島毎に独立してHUBを設置している様子を表しています。

 

では、このような利用形態を表現する用語が有るということは、この島HUBを利用した接続環境が、便利なだけではなく何らかの問題を発生する可能性があると言うことでしょうか?

現在利用しているHUBのLANポートを、常に、1箇所だけ空けておけば、新しいメンバーがパソコンと一緒にやってきても、すぐにネットワークへ接続することができます。

これは、どう考えても、その会社の業務の進行の面からは好ましい環境と言えます。

 

これならば、新しいメンバーもすぐにネットワークを利用して、会社の業務に取りかかることができそうです。

一見すると、何の問題もない風景ですが、実は、便利な環境は、裏返せば、危険な状況を生む元凶であるとも言えます。

 

島HUBは安全?

便利な「島HUB」環境ですが、もしも、外部から入ってきた人が、カバンの中から取り出したノートパソコンを、有線ケーブルでHUBへ接続したらどうでしょうか?

このような利用方法をとれば、簡単に他の端末と同じネットワークへ侵入できる環境である、とも言えます。

 

Wi-Fi環境では、基本的に、SSIDと、パスワードが不明であれば、ネットワークへの接続が不可能です。

そのため、よほど旧式の無線親機を利用していない限り、Wi-Fi環境を利用して、簡単に、会社のネットワークへ接続することはできません。

確かに、最近のネットワーク機器は、非常に性能が上がりましたので、各部署に設置するHUBを含めた通信機器を、遠隔で管理することも可能となっています。

 

しかし、そのような管理機能を持っている機器は、高機能と引き換えに、非常に高価となっています。

そのため、全ての島HUBを、このような高価な通信機器に交換することは、コストの面から困難であるのが現状です。

 

しかし、通信機器の各メーカーとしては、このように島HUBとして利用している機器を、自社の高性能な製品に置き換えるチャンスを、狙っています。

そのため、最近では、これまでよりも低額で、かつ、データ通信が一カ所で集中管理できる高性能な製品を、市場に投入しているようです。

例えば、通信機器メーカーのバッファローでは、2万円を切る価格で「SNMP」に対応した「高機能スイッチ」を販売しています。

 

このスイッチとは、単なるHUBの分岐機能だけではなく、更に高度な機能も、搭載している通信機器です。

そのような高い性能を持ちながら、金額としては、これまでの半額程度の価格帯で、販売しているようです。

SNMPに対応している機器を、島HUBとして設置すれば、ネットワーク管理者のパソコンの画面に、全ての通信端末の状態を、表示することが可能となります。

 

これで、どこの部署に設置している通信機器が、不具合を起こしているのかを、すぐに確認することができます。

また「VLAN機能」にも対応しているので、配線を変更することなく、仮想的に、複数のネットワークを利用することが可能です。

この機能によって、重要なデータが保存してある端末へのアクセスを制限する、などの対応が、簡単にできるようになります。

また、認証されたユーザーの端末のみが、ネットワークへ接続できるようにする機能も、利用することができます。

 

島HUBをどうするか。

今後も、島HUB方式のネットワークが、企業から、完全に無くなることはないのかも知れません。

しかし、その便利な部分だけではく、危険性も認識して利用する必要があります。

島HUBの全てを高額な通信機器に交換することは、困難であるかも知れません。

しかし、部外者でも利用できるエリアのネットワークだけでも、厳重な通信管理が可能である通信機器を経由させるように変更すれば、セキュリティ対策としては一歩前進することができます。