チャットとは?

非常に便利なサービスである電子メールですが、毎回メールの送信と受信を繰り返しながら会話を継続するには多少手間がかかります。

文章の作成と、それを送信するだけでもいくつの手順を必要とします。

これならば、直接電話で話した方が早いのではないか、と判断したことも過去にはあったのではないでしょうか?

 

それならば、もう少し簡単に、メッセージのやり取りを行う方法は存在しないのでしょうか?

そのような希望に対応できるサービスが「チャット」と呼ばれているものです。

これは、通常の電子メールよりも、簡単な手順によって即座にメッセージを送信できるように設計されています。

 

普通に会話しているような感覚でメッセージのやり取りを行うことが可能です。

インターネットが登場する前の時代、パソコン通信が一般的に利用されていた時代には、すでに利用されていた仕組みです。

しかし、常に、全てのサービスが、迅速に利用できることを、一番に求められている今の時代には、その要求に応じることができる手段として沢山の人に愛用されています。

 

チャットとは?

ネットワークを経由して、リアルタイムに、文字などを利用した会話を行うことができるサービスです。

チャット(chat)は、英語で「雑談」を意味する単語です。

また、個人同士、1対1の間で、チャットを利用することができるアプリケーションのことを「メッセンジャー」と呼んでいます。

 

電子メールのように、毎回、受信動作をしなくても、自動的に、相手から送信されたメッセージが表示されます。

また、作成したメッセージも、パソコンであれば、一度キーボードの「Enter(又は、Return)」のキーを、一度押すだけで、即座に送信されて、やはり相手の端末の画面に表示されます。

スマートフォンであれば「送信」などの表示があるボタンを、指で押す(タップ)だけで、送信可能です。

 

とにかく、迅速にメッセージをやり取りすることが、目的のサービスですので、誤字脱字や、文字変換の間違いを訂正する前に、送信してしまう可能性が、メールよりも、ある程度は高くなります。

そのため、正式なビジネス文章を送信する手段としては、向いていないかもしれません。

チャットでは、多数の人が、お互いに、他の参加者のメッセージを、同時に表示するような形で、メッセージのやり取りをすることが可能です。

 

このように、多数の人が、参加できる仮想的な空間のことを、一般的には「チャットルーム」と呼んでいます。

インターネット上では、このように多数の人が、同時に参加できるチャットルームを、無料で提供しているサイトも存在しています。

ちょうど、掲示板のように、メッセージが届いた順番によって、一覧で表示されるような仕組みになっているのが通常です。

この手のサービスのほとんどが、匿名での参加を、必須としていますので、当然のように、自由な発言が、限度を超える事によって、トラブルに発展する可能性があります。

 

チャットの特徴は?

目の前に座っている人と話しているような感覚で、メッセージのやり取りをすることができるため、仮想的な一体感や、連帯感を得ることができるサービスです。

しかし、それが、限度を超えることによって、必要以上に、相手の世界に深入りしてしまう危険性は常に存在しています。

また、本人確認をしていないチャットルームは、ある意味「だまし放題」の世界となっています。

その当たりの状況を理解したうえで、大人として、楽しむことができるかどうか、と言うところが、このサービスを利用する際の注意点です。

過去にも、低年齢者の参加しているチャットルームに、年齢を偽って参加した変質者が、未成年者の個人情報を、巧みに聞き出すことによって刑事事件に発展したことがありました。

 

便利で、誰でも簡単に参加できるようなサービスには、必ず付き物の問題ですが、特に、インターネットの利用経験がないような若年層が、このようなサービスを利用する際には注意が必要です。

保護者の監視が必要になるサービスの典型、と言えます。

それでも、このチャットの仕組み自体は大変便利です。

家庭でも仕事でも、面識のある相手との通信では迅速に要件を伝達できる点で大変重宝する手段です。

 

チャットのある世界

便利なサービスに、必ず存在するのが、そのサービスの性質から生まれる落とし穴です。

裏返せば、それだけサービス自体が、素晴らしい特性を持っている、と言うことになります。

インターネット上で提供されている、ほとんどのサービスが「善人」を基準にして設計されていることが、問題である、との意見はよく聞かれるところです。

しかし、悪意のある人を基準にして、設計するとしたら、インターネット上には、全く自由の存在しない暗黒の世界が誕生しそうです。

利用者が、犯罪に巻き込まれないような仕組みは、間違いなく必要ですが、限度を超えた制限はインターネットの世界を誰も近づけないくらいに、冷え込ませる可能性が高いのではないでしょうか?