IMAP(アイマップ)と電子メールの関係

電子メールをパソコンや、スマートフォンなどで受信するには、その前の段階で、そのメールアドレスを提供しているプロバイダが用意している受信サーバに、届いたメールを保管しておく必要があります。

その保管したメールを、パソコンなどで読み込むにはその手順を定めている通信規格に従う必要があります。

一般的には、POP(ポップ、Post Office Protocol)と呼ばれているメール受信用のプロトコルに従います。

 

しかし、もう一つ使用できるプロトコルとして、IMAP(アイマップ)と呼ばれているものが存在します。

2つのプロトコルが存在している、と言うことは、それぞれが異なる特性を持っている訳ですから、利用環境によってはもしかしたらIMAPの方が適しているのかもしれません。

では、実際には、どのような個性を持っているプロトコルなのでしょうか?

そのメールサービスを提供しているプロバイダによっては、この2つのプロトコルの両方に対応しているところもあるようです。

 

IMAPとは?

IMAPとは、Internet Message Access Protocolの略称となります。

POPと同様に、電子メールを保存しているメール受信サーバから、メッセージを読み込む際に使用するプロトコルです。

POPとは異なり、メッセージを全部読み込むのではなくて、そのタイトルや発信者のみのリストを表示します。

 

利用者は、そのリストの内容を確認のうえ、必要なメッセージを選択するとそのメッセージの本文と設定にもよりますが、添付ファイルが端末に読み込まれる仕組みになっています。

端末で読み込んだメールを含めて、受信したメール自体はプロバイダのメール受信サーバに保管されますので、スマートフォンなどのように記憶容量が少ない端末に適した仕様となっています。

 

POPを使用して、受信サーバに保管してあるメッセージを読み込むと、通常は、そのメッセージは受信サーバから消去されることになります。

サーバの容量にも限りがあることを考えると、そのような対応が適していると言えます。

しかし、複数の通信端末から、1つのメッセージを読み込むことを、希望するときにはそれでは困ります。

その点、IMAPでは、常に、メール受信サーバにメッセージを残すように設計されています。

 

現在のように、複数の端末を使用する利用環境に適した内容の規格と言えそうです。

POPの場合も、通信端末に入っているメールソフトの設定を変更すると、常にメッセージのコピーをサーバに残すことが可能です。

 

IMAPとPOPの違い

すでに述べましたように、この2つのプロトコルはそれぞれ適した利用環境があるようです。

1台の通信端末でメールの受信を行うような場合であれば、全てのメッセージを受け取ることができるPOPを使用しても特に問題はありません。

しかし、全てのメッセージを保存している端末のハードディスクに、不具合が発生したような場合にはすべての情報を失ってしまいます。

 

その点では、常に、メッセージをサーバに保存するIMAPを使用した方が、データ保護の面では適しているのかも知れません。

しかし、IMAPの特徴として、選択したメッセージを、常に受信サーバから受信するためそれなりの通信速度を必要とします。

 

複数の通信端末で、一つのメールアドレスを共用する場合には、機能の面からはIMAPが適しているかもしれません。

 

例えば、あるメッセージが迷惑メールであるときや、すでに中身を確認しているため不要であるときなどは、そのメッセージを、迷惑メールフォルダへ移動したり、削除したりすると、それが受信サーバ中で保管してあるメッセージに反映されますので、他の端末で、同じようにメッセージの振り分けをする必要がありません。

 

ところが、POPを使用して、メッセージのコピーを、受信サーバに残すように設定すると、他の端末でも全てのメッセージを読み込む事になりますので、その端末でも不要なメッセージを振り分ける必要があります。また、現在の一般的な回線速度であれば、IMAPであっても、特にメッセージの読み込みに要する時間が問題になることはありません。

 

IMAPの利用

同じような目的で使用されている通信プロトコルであっても、利用環境に応じて使い分ける事によって、これまでよりも快適な環境で各種の通信端末を利用できるようです。

現在の一般的な利用環境であれば、どちらのプロトコルを使用しても、特に問題はないようです。

しかし、複数の端末で、1つのメールアカウントを利用する必要がある人は要検討です。

そのプロバイダが対応しているようであれば、一度、IMAPを利用することができるようにメールソフトを変更して、その使い勝手を確認してみてはどうでしょうか?