ハイブリッド・クラウドとは?

すでにクラウドを利用したサービスを使っている人は、この非常に便利な仕組みによって、得ることができるメリットが、どのようなものであるかを知っていると思います。

そのため、将来的には、この形態によるインターネットの利用が、一般的なものになることを予想しているのではないでしょうか?

しかし、個人情報なども含めて、全てのデータの保管を外部に委託することには、どうしても不安を感じてしまう人が存在するのではないでしょうか?

 

一時的に保存する必要はあっても、その中には個人を特定できるような情報が入っていないデータであれば、外部のクラウド上に保存することに抵抗は感じません。

しかし、顧客情報などの社外秘の情報だけは、社内の保管しながらも、クラウド経由で外部からその重要情報へアクセスする手段は存在しないのでしょうか?

このような要求に対応できる手段が、今回紹介する「ハイブリッド・クラウド」です。

では、どのような方法でこのような要求に対応しているのでしょうか。

 

ハイブリッド・クラウドとは?

クラウドの手法は、大きく2つに分けることができます。

これまで、手元にあるパソコンなどで管理していたソフトウェアや、デートなどを、インターネット経由で、外部の業者が提供している、クラウドシステムの管理に任せる手法が「パブリック・クラウド」です。

反対に、クラウドのシステム自体を自社で提供することで、データの管理を、自社のサーバによって行う手法が「プライベート・クラウド」です。

運用コストを考えると、前者の手法が有利ですがセキュリティ対策としては、後者の手法が確実です。

 

ハイブリッド・クラウドとは、この両者を同時に利用するクラウドの利用方法です。

一つのクラウドサービスでありながらも、そのデータの内容によって、外部のクラウド上に保存する場合と、自社の運用しているサーバで保存する場合とに分かれているところが特徴です。

 

例えば、顧客情報などに関係するシステムは、常に、プライベート・クラウドへ保存しておきますが、それ以外のシステムに関しては、パブリック・クラウドを利用するような方法です。

その他にも、通常は、自社の提供しているプライベート・クラウドによって、全てのシステムを運用します。

 

しかし、一時的にアクセスが集中して、その処理に対応することができなくなった時にだけ、パブリック・クラウドを利用する、と言った方法もあります。

これによって、パブリック・クラウドの利用料金を抑えることができますので、全体として運用コストを低減することも可能です。

「ハイブリッド」と言う単語には、もともと、異種のものを組み合わせる、と言う意味があります。

異なる方式である、2つのクラウドを組み合わせることで、お互いの特徴を上手に活かすような運用が可能となります。

 

ハイブリッド・クラウドの利用方法は?

一例として、運送会社でハイブリッド・クラウドを使って、業務全般を運用するケースを考えてみましょう。

まずは、顧客からの仕事の受注や、物流の管理などをパブリック・クラウドで対応します。

しかし、仕事の受注によって発生した債権債務の関係になると、一般的に公開するような内容とは言えません。

また、流出した場合に、その情報を悪利用される可能性もありますので、ここは運送会社のサーバ内のシステムが運用している、プライベート・クラウドが担当します。

 

ここまでは、外部からのアクセスが必要となる部分です。

例えば、債権債務の関係は、外部の決済機関からのアクセスが必要となりますので、完全にアクセスを遮断することができません。

外部からのアクセスが不要であり、かつ、外部への流出を防ぐ必要のある情報、例えば経理や、顧客名簿などの情報は、プライベート・クラウドの中でも、外部からのアクセスを完全に遮断したシステムで、保管することになります。

 

同じクラウドのサービスであっても、内部のネットワークからのアクセスのみを可能とするシステムがあれば、それだけセキュリティ上の問題が発生する事態を防ぐ効果が高くなります。

この最後の部分は、社内にある特定のパソコンなどを利用しますが、クラウドとは常に接続していなければ経理や顧客の管理ができません。

通常は、VPNなどのセキュリティ対策を取ることができる方法で、自社が利用しているクラウドシステムへ接続します。

 

ハイブリッド・クラウドの活用

インターネットを利用して提供する全てのサービスを、自社で用意したサーバで運用していた時代には、その設備の準備と保守管理に莫大な費用を費やしていました。

ところが、外部へ委託することができるようになり、企業の負担を大幅に減少することができました。

しかし、どうしても全てのデータの管理を、外部に委託することには抵抗があると思います。

 

そのような場合に、多少の費用を負担しても良ければ、データを分散して管理する手法として、ハイブリッド・クラウドを選択することができます。

完全に、全てを任せるよりも、一部の運営を担う形態にした方が、得るものがあると思われます。

常に、最新のクラウドの様式に精通することができますし、万が一の場合の対応にも日頃の経験が役に立つのではないでしょうか?