「ドコモ光パック」は、なにが新しいの?

これまでの大前提であった制度が変わるタイミングは、突然やってくることが多いようです。

通信業界では、その高い公益性を考慮する必要が存在すること、及び完全に自由な競争が、逆に不公平な結果を招くことから、通信会社が提供できるサービスの内容に制限を加えてきました。

例えば、同一のグループであるNTTドコモのモバイル回線と、東西のNTT地域会社が提供している光回線をセットにして販売することは、これまで法律による規制の対象でした。

 

ところが、ドコモ以外の携帯キャリアの営業努力によって、携帯電話の世界では、絶対多数の顧客を保有している通信キャリアが、存在しなくなった、との判断がされたようです。

他社が提供しているような携帯電話と、固定回線をセットにして、格安料金で提供するサービスを、NTTドコモも提供できるようになりました。

この新しいサービスが、来年、2015年の2月にスタートする「ドコモ光パック」です。

 

ドコモ光パックとは?

すでに、auや、SoftBankなどの、他の通信キャリアでは、提供されているサービスです。

固定回線と、携帯電話を、同じ系列の通信会社に統一しているユーザーの通信費の合計額を、割り引くことで、ユーザーの固定化を図ることを目的としています。

もともと、圧倒的な数の顧客を保有していたNTTドコモだけは、このようなサービスを提供することが、これまではできませんでした。

 

しかし、規制の緩和によって、他社とほぼ同じ内容のセット販売を、行うことになります。

実質的には、NTTグループ内の企業がタッグを組んでいるように見える、今回の新サービスの提供ですが実はそうではありません。

そもそも、現在の法律では、NTT東西、及びNTTドコモが、特定の企業のみを優遇するようなサービスを提供することを禁止しています。

そのため、まずNTT東西が、自社の光回線の卸売りを、開始することを発表しました。

 

それに応募したのがNTTドコモ、と言うことですので、あくまでNTTドコモは、自前で用意した光回線と携帯電話の回線をセットにして、新しいサービスを提供することになります。

総務省によって、このNTT東西による光回線の卸売り、と言う新しいサービスが容認されたため、これからは、光回線網を持っていない他の通信会社からも、光回線の利用を申し込む可能性が高くなりそうです。

特に、SoftBankでは、比較的早い段階で、NTTの光回線と、自社の携帯電話のサービスをセットにしたサービスの提供を、開始するのではないかと言われています。

 

ドコモ光パックは、なにが新しいの?

単なる割引サービス以上のサービスを提供すると思われます。

例えば、スマートフォンや、タブレット端末などと、自宅の光回線を連携したサービスが予想されます。

外出先で見ていた動画の続きを、自宅の光テレビでも、見ることができるようなサービスが、予想されています。

 

また、ドコモの携帯電話の料金プランとの組み合わせによって、割引率が変わるような、料金体系になるそうです。

自前の光回線を持っているKDDI陣営にとっては、不意打ちに近い形での、新サービスの発表となります。

これまで「auスマートバリュー」と呼ばれているサービスで、自社の光回線や、系列のケーブルテレビ会社の回線などを、au携帯とセットにする手法で、顧客数を大きく伸ばしてきたKDDIに、最も影響を与える可能性がある、ドコモの新サービスです。

 

ドコモ光パックはどうですか?

現在、ドコモの携帯電話を利用している人にとっては、かなり魅力的な内容の新サービスが、来年の2月からスタートすることになります

携帯はドコモでも、自宅でのインターネット回線には、NTT以外の通信会社のものを利用している人は、特に注目です。

料金面だけをとっても、この記事で紹介した新サービスは、興味をひかれる話題ではないでしょうか?

 

詳しいサービスの内容は、来年の初頭には、判明すると思われます。

そして、来年からは、これまで以上の激しい販売競争が、継続されていくことが必至である通信業界です。

この競争によって、他社からも、新しくて、便利で低価格の通信サービスが新登場することも大いに期待できます。