au WALLETとは?

独自路線で、顧客サービスを提供している携帯キャリアの「au」ですが、今回紹介する「au WALLET(ウォレット)」もかなり個性的なサービスです。

これまでの携帯キャリアが提供しているサービスは、せいぜい貯めたポイントを使って、携帯電話の機種交換を行ったり、一定のプレゼントを手に入れたりすることができる程度の内容でした。

 

貯まったポイントを眺めていても、全く使い道を思いつくことがないため、そのまま放置している人は、かなりの数になると思われます。

このau WALLETに付いては、何でも購入できる電子マネーとなっています。

 

事前に、お金をカードにチャージする必要がある点では、Suicaや、nanacoなどと同じようなプリペイドカードのサービスとなります。

それでは、このau WALLETを利用するメリットは、どこにあるのでしょうか?

 

au WALLETとは?

このカードは、その外見からは、正にクレジットカードそのものに思えます。

なにせ「MasterCard」のロゴが表示されていますので、そこだけを見ると、クレジットカードと間違えても無理はありません。

しかし、純粋なプリペイドカードであるため、入会には審査などはありません。

入会金や、年会費なども不要となっていますが、残高不足になれば、買い物には使用できません。

 

このカードを使用して買い物をすると、WALLETポイントが貯まります。

また、毎月のau通信料に応じて、やはりWALLETポイントが貯まります。

このポイントは、このau WALLETカードにチャージして、買い物の際に現金の代わりに使用することが可能です。

 

このカードとは別に、クレジットカードの機能を持っている、au WALLETカードを申し込みことも可能です。

このWALLETポイントは、税込で200円分の買い物をするたびに、1ポイントが貯まります。

更に、クレジット機能が付いているau WALLETカードであれば、2ポイントが貯まります。

1ポイントは、1円として買い物に使うことができます。

 

これが、auの通信料であれば、税抜1000円毎に、10ポイント、au簡単決済を利用した通信料金合算支払い、若しくはau WALLETカードを利用した支払いで、税込100円毎に、1ポイント貯まるようになっています。

 

また、このカードが利用できるところは、MasterCardの加盟店や、Web Moneyの加盟店となっています。

Web Moneyとは、オンラインゲームや、音楽のダウンロードなどのインターネット決済で利用されているプリペイド電子マネーです。

実際の支払いには、このカードの裏面に記載されているプリペイド番号を、支払い画面に入力するだけですぐに商品を購入することが可能です。

 

au WALLETはどうやって使うの?

まずは、au IDを使って、インターネット上の公式サイト(https://wallet.auone.jp/index.html)から申し込みを行います。

届いたカードの初期設定は、専用アプリをインストールした、スマートフォン(iPhone、Androidに対応)で行います。

カードへのチャージも、この専用アプリで行うことが可能です。他にも、auショップの店頭で、チャージすることができます。

 

チャージに使用する手段としては、au簡単決済を利用するか、クレジットカードを利用するか、若しくはインターネット銀行(じぶん銀行限定)を利用するか、を選択することができます。

クレジットカードは、基本的に、MasterCardブランドのカードであることが必要です。

 

この「じぶん銀行」とは、KDDIと、三菱東京UFJ銀行が提携して、設立した銀行ですので、チャージに関して、優遇措置を受けることができます。

例えば、2014年内であれば、au WALLETカードへチャージした金額が、5パーセント増えます。

スマートフォンに入れているアプリで、このカードの残高や、購入履歴を、すぐに確認できる点が便利です。

 

ポイントに付いては、キャンペーンなどによって、通常よりも、沢山付与されることもあります。

例えば「イトーヨーカドー」では、通常のau WALLETカードを利用して、買い物をすれば、通常の2倍となる、200円(税込)毎に2ポイントが付与されます。

クレジット機能が付いているau WALLETカードであれば、更に優遇されていますので、200円(税込)毎に3ポイントが付与されます。

 

au WALLETはどうですか?

以上のように、これまで各携帯キャリアが行ってきた、単純なポイント制度とは、一味も二味も、違う内容となっているau WALLETです。

他の分野で提供されているポイントサービスで貯まっているポイントを、このサービスへ移行することもできます。

貯まったポイントの使い道がない時などは、WALLETポイントとして、有効利用することが可能となっています。

auのユーザーであれば、とりあえずは、公式サイト(https://wallet.auone.jp/index.html)を要確認です。