保護者のできる対策 ペアレンタルコントロール(機能制限)とは?

誰でも、簡単にインターネットを利用することができる時代になると、非常に便利な反面、これまで心配する必要のなかったことに神経を使う必要が出てきました。

なにせ、子供であっても、インターネット上で高額な商品を注文することや、顔も知らない人と友達になることが可能となっています。

無制限に、モバイル端末の利用を許可することには、どうしても抵抗を感じてしまうのが、保護者として当然の感覚です。

 

Apple社の製品であるiPhoneなど、iOSを搭載している一連の通信端末でも事情は全く変わりません。

その利用方法によっては、未成年者がトラブルに巻き込まれる可能性がある点は、すべての通信端末に共通しています。

それでは、iPhoneなどの端末には、そのような心配をしなくても済むような機能は、内蔵されていないのでしょうか?

 

実は、多少の設定を行うことによって、子供が、無条件に全ての機能を利用することを、制限することが可能です。

一般的には「ペアレンタルコントロール」と呼ばれている機能です。

 

ペアレンタルコントロールとは?

保護者の決めたルールに従って、iPhoneで利用できるサービスへ制限をかけることができる機能です。

この機能を有効にすると、保護者の決めたパスワードを入力しなければ、制限されている動作を行うことができません。

どのサービスを制限するかは、自由に決めることが可能です。

 

まずは、4ケタのパスワードを決定するところから、設定を初めます。

このパスワードは、設定変更や、再設定の場合などにも、必要になります。

iPhoneの設定アプリを起動して、項目の「一般」から、機能制限を開くと、設定画面が表示されます。

対象となる未成年者の年齢によって、実際の設定内容は異なると思いますが、一般的には、アプリの購入が可能である「App Store」や、「iBooks Store」、「App内課金」などの項目に制限をかける必要があると思われます。

 

また、インターネットの閲覧に制限をかけるには「Safari」の利用に制限をかけることになります。

その他、有害なアプリのインストールを防ぐには「インストール」に制限をかける方法が有効です。

必要なアプリは、保護者が本人に代わってインストールすることにすれば、利用する上で問題はありません。

 

これとは別に、コンテンツの内容によって、制限をかける方法もあります。

Safariの利用を許可して、インターネットへの接続を可能とした場合には、この項目で細かい設定をすることによって、有害なサイトへの接続を防ぐことができます。

指定したWebサイトのみを、閲覧できるような制限もできますので、子供が閲覧を希望しているサイトの内容を、保護者が確認した後で、登録するような方法が可能です。

 

ペアレンタルコントロールの効果

子供さんには、不評でしょうが、かなり強力な対策になります。

それでも、完全とは言えない要素はありますが、すぐにできる対策は、ひと通り行う必要が、あるのではないでしょうか?

このような機械的な対策と同時に、子供さんに対する、インターネットの利用に関する教育は、どうしても必要になると思われます。

 

仮想の世界であっても、その中で行った行為や、一定の判断が、すぐに現実の世界の問題になって、自分に戻ってくる可能性などは、最初に伝える必要があります。

そして、最低限の知識を身につけてから、インターネットなどの大人の世界へ、デビューすることが望まれます。

 

子供の成長に従って、制限の内容を緩和することで、少しずつインターネットを含めたネットワークを経由した人間関係や、契約関係に付いても、慣れていくことができると思います。

ちょうど、少しずつ辛いものや、苦いものや、酸っぱいものに慣れていくことで、最終的には、大人と同じ食事を楽しめるような味覚が身につくのと同じです。

このような分野での教育が必要になるとは、10年前には、誰も想像することが出来ませんでした。

 

しかし、これが現状であり、この状況は更に、極端になると思われます。

すでに、ゲーム機でインターネットを利用することが可能となっていますが、子供が簡単に触れることのできるような機器のほとんどが、ネットワークを利用できる機能を持つようになる時代が、もうすぐ到来します。

 

ペアレンタルコントロールの今後

今後も、インターネット利用者の低年齢化は更に進行すると思われます。

単なる通信端末の機能制限だけでは、対応に限界がありますので、「ネット道徳」の時間を学校などで用意する必要が、本来はあるのかも知れません。

ネットワークの利用に関する注意点と、最低限のルールを教えることを目的とした教育は急務と思われます。

 

低年齢層の保護者の全てが、このようなインターネットなどに関する知識と経験を持っている訳ではありません。

現実的には、数学や、国語の授業と同じ程度に、必要な科目と思われます。