Objective-Cの次の新しい開発環境Swiftとは?

Apple社の製品である、iPhoneやパソコンのシリーズであるMacintoshで利用するアプリケーションは、比較的容易に作成できることをしっていますか?

新しいアプリケーションを作成できる専用のツールを、Macintoshへインストールすると可能になります。

 

この専用のツールは「Xcode(エックスコード)」と呼ばれているアプリケーションです。

インストールは、App Store(アップストア)から無料で行うことができますが、自分で作ったアプリケーションを公開するには別個に有料のサービスへ申し込む必要があります。

 

自分で作成したアプリを販売することによって利益を得ることは、一昔前であれば、ほんの一握りの人にのみに許されたことでした。

しかし、現在では、少なくともiPhoneや、Macintoshの世界では、誰でもビジネスチャンスを掴むことができるようになっています。

App Store(Macintosh用)や、iTunes Store(iPhone用)で購入された有料のアプリの売上の70パーセントを受け取ることができるため、もしも、人気アプリを開発することができれば想像もできない額の利益を得ることが可能となります。

 

Swiftとは?

これまで、開発ツールのXcodeでは「Objective-C(オブジェクティブ・シー)」と呼ばれているプログラミング言語を利用して、新しいアプリケーションを開発していました。

ところが、2014年の6月に、新しく開発言語として発表されたのが「Swift(スイフト)」と命名されたプログラミング言語です。

この言語は、これまでのObjective-Cと互換性がありますので、この言語を利用しなければ、開発ができなくなる訳ではありません。

 

しかし、新しいものが登場する、と言うことは、これまで利用してきた方法に特有の問題を解消することが目的であることが通常です。

まずは、Swiftで開発する方が、プログラムの記述が簡単です。これまで、必須の記述内容であった、不要になったメモリ割当ての開放や、プログラムの改行などに関しては、プログラム側が自動で行うことになりました。

そのため、改行記号が不要になるなどのプログラムの簡略化が行われました。

 

また、作成するアプリの内容によっては、Swiftで作成するアプリの方が高速に動作すると考えられています。

特に、記述が大幅に簡略化されたことによって、これからプログラムの勉強を初める人の学習コストの低下と、アプリを開発スピードの向上の両面から、非常に期待されているSwiftです。

 

Swiftのメリット

これまで、プログラムの文末に必要であった改行記号「;(セミコロン)」を不要とするだけではなく、それ以外の記述でも、入力ミスを起こしそうな要素を排除しているようです。

過去の失敗を繰り返さないように、プログラム言語として、できるだけ一目で全体の流れを理解できるようなルールをいくつも設けています。

これによって、単純な記述ミスを防ぐことが可能となっています。これまでなかった機能としては、プログラムを新しく記述すると、それにすぐ反応して、プログラムを実行した結果をすぐに確認できる機能である「Playground」が追加されています。

この機能があれば、プログラムの動作を確認するために、毎回、それを実行して動作確認をする手間が省けます。

 

全く新しい言語を創りだすことが、簡単にできるとは思えません。

それだけ必要に迫られた結果と思えます。これまでのプログラミング言語に存在していた、ミスを誘発するような要素を排除することで、生産性を上げることができる言語となりました。

これからプログラムの勉強を初める人にはちょうど良いタイミンと言えます。プログラムの記述を追いかけるように、その結果を検証できる機能などは正に生産性の向上に直結する仕組みです。

プログラミング言語である以上は、それなりの勉強時間を必要とする訳ですが、インターネット上には、無料で閲覧できる初心者向けの解説が多数存在しています。

おそらく、一昔前に抱いていたような「プログラムの勉強」から受けるイメージとは、明らかに異なる環境が提供されていると、言えるのではないでしょうか?

 

Swiftでどうなる?

新しいアプリケーションの開発は、必ずしもビジネスだけのために、行うものではありません。

仕事や、家庭生活で、現在対面している種々の問題を解決するために自分専用のアプリを開発することも可能です。

入門書などには、だれでも数分間で作成できる単純な作業を行うアプリが、用意されていますので、まずは、そこからスタートしてはどうでしょうか?

もしかしたら、全く新しい未来が開けるかも知れません。