PasspointはWi-Fiの理想型

パソコンや、スマートフォンなどで長時間モバイル回線を利用することによって、通信速度が低下した経験のある人であれば、もう二度とそのような接続環境での利用は望まないでしょう。

通常の通信速度の数パーセントまで低下したそのモバイル環境は、初期のインターネットの世界を通信速度の面で経験できる点では意義があるのかもしれません。

しかし、インターネットの歴史を勉強するのはまたの機会にしたいものです。

地球上に多数存在している無線LANのアクセスポイントである「Wi-Fiスポット」へ接続できれば問題はありません。

モバイル回線とは異なり、データの送受信量による速度制限とは、無縁の接続環境を利用することが可能です。

しかし、それにはそのアクセスポイント毎に設定されているSSIDとパスワードを、利用している通信端末へ設定する、という多少手間のかかる手順を踏む必要があります。

今後も、その手順を省略することはできないのでしょうか?

実は、そのような手順を必要としないで、そのエリアに存在しているWi-Fiスポットへ、自動で接続できる方法があります。

Passpointとは?

「Passpoint(パスポイント)」は、無線LANの規格であるWi-Fi(ワイファイ)を管理している業界団体であるWi-Fiアライアンスが認定している通信規格です。

これまでは、複数のWi-Fiスポットへ接続する際に必要であった、各アクセスポイントの認証動作を不要とする新技術です。

「Hotspot 2.0」と呼ばれていた技術の正式名称となりますが、実際にはどのような仕組みになっているのでしょうか?

また、便利でも、セキュリティ上の問題があるようではとても歓迎できません。

このPasspointに対応しているWi-Fiスポットに入ると、自動的にネットワークを検知して接続までしてくれます。

ユーザーが手動で、接続に必要なIDや、パスワードを入力する必要がないため、デジタルカメラなどからでも、簡単にWi-Fi環境へ接続することができます。

パソコンや、携帯電話用のSIMカードが内蔵されていないタイプのタブレット端末では、そのアクセスポイントへ初めて接続する時だけは、アカウント設定として、IDと、パスワードを設定する必要があります。

ところがSIMカードを内蔵しているタイプの通信端末であれば、Passpointは、SIMカードのよる認証にも、対応しているため最初から認証手続きが不要です。

つまり、外出先に、Passpointに対応したWi-Fiスポットがあれば、自動的に、モバイル回線から、データ通信量による速度制限のないWi-Fi環境へ、接続先を切り替えます。

問題は、セキュリティ対策ですが、Passpoint規格として認定されている通信機器は、自動的に「WPA2」という厳重な暗号化方式に対応したWi-Fi信号を、発信するように設計されていますので、特に、問題は起こりません。

Passpointでどうなる?

これまでは、利用すれば便利であることが分かっていても、接続用のカウントを設定する手間を考えて、利用していなかった人や、セキュリティ上の問題から、利用を避けていた人でも、遠慮なく利用することが可能です。

このように、Wi-Fi環境を利用する環境が整うことによって、将来的に予想されている問題を解決することができるかもしれません。

それは、今後のモバイル回線を利用したデータ通信料の爆発的な増加です。

Passpointが一般的に利用されるようになれば、接続できるWi-Fi環境を提供しているエリアに入るだけで、自動的に接続回線が切り替わりますので、現在接続している回線を気にすることなく、インターネットへ利用することができるようになります。

しかも、セキュリティ上も、問題のないことが明確になっている通信規格ですので、現在のように、利用するWi-Fi環境に、設定されているセキュリティ対策のことを、気にする必要もなくなります。

このPasspointが、一般的に提供されている全てのWi-Fiスポットで、採用される日が待ち遠しい状況です。

Passpointで期待できるWi-Fiの未来

すでに、アメリカでは、サンフランシスコ市の公衆無線LANサービスや、21カ所の主要空港のWi-Fiスポットで、この通信規格を採用したWi-Fi環境を提供するサービスが開始されています。

これから、日本国内でも、徐々にこのようなサービスを提供するエリアが増えていくことが予想されます。

将来的には、Wi-Fiスポットの存在を意識することなく、外出先でも常に最適な環境で、インターネットを利用するような時代がやってきそうな状況です。