RAM(ラム)とは?

パソコンの機能を説明する際に、最も使用されている用語の一つである「RAM(ラム)」には、いくつかの種類が存在するようです。

どちらにしても、この部品がパソコンの情報処理にとって、非常に重要な役割を受け持っていることは間違いありません。

 

しかし。本来そのパソコンの情報処理は、そのパソコンの頭脳とも言えるCPU(中央演算処理装置)が受け持っているはずです。

CPUと、RAMによって、パソコンの処理速度が変わるという事は、一体、どのような理屈なのでしょうか?

そこには、パソコンを含めたコンピューター特有の関係があるようです。

複数の部品が連携して、情報処理を行う以上は、RAMの事も知っておく必要がありそうです。

 

RAMとは?

RAMとは「Random Access Memory」の略称として、定着したものですが、本来は「Random Access read/write Memory」を意味していたようです。

この部品が対応している部分としては、CPUによる情報処理に備えて、データの消去、及び書き換えを行う事です。

また、この部品の中に書き込まれたデータには、CPUから何時でも、等しい時間内に、アクセスする事ができる(=ランダムにアクセス可能)、という性質も持っています。

 

現在のコンピューターは、そのほとんどが、RAMを、メインの記録装置(メインメモリ)として利用しています。

そのため、通常は、メインメモリの事を、RAMと呼ぶ場合が多いようです。

RAMとは異なり、一度記憶したデータの消去や、書き換えができないタイプの記録装置を「ROM(Read Only Memory)」と呼びます。

このタイプは、CDメディアに代表されるように、電源の供給をしなくても、中身は消えません。

 

RAMのもう一つの特徴として、パソコンの電源をオフにすると、電源の供給がなくなりますので、RAMの中に記録されているデータも全て失われる、と言う点をあげる事ができます。

電源供給が無くても、データを記憶する事ができるタイプも存在しますが、パソコンのRAMとしては、通常は利用されません。

RAMは、データの書き込みと、読み出しの速度が非常に早いため、CPUと連携するには相性が良いのですが、値段的には高価な製品です。

 

そのため、パソコンでは、速度の面ではRAMに劣るものの、安価で大容量のデータを記憶する事が可能である「ハードディスク(磁気ディスク)」を、外部の記録装置として利用しています。

最近では、磁気ディスクを利用しないタイプの外部記録装置も、多少高価ですが、コンパクトで、省電力である点が評価されて利用されるようになりました。

 

RAMの性能

RAMの性能は、何と言っても、データの呼び出しにかかる時間が、どれだけ短時間で済むのか、と言う点にかかっています。

しかし、ノートパソコンのように、内蔵した電池で駆動しているタイプでは、速度も大事ですが、やはり消費電力が気になります。

一般的に利用されているパソコンでは、DRAMと呼ばれているタイプが、記憶装置として利用されています。

 

このタイプは、常に記憶を保持するために、頻繁な書き込み動作(リフレッシュ)を行っています。

そのため、?Dynamic(ダイナミック=動的)RAMと呼ばれています。

 

常に書き込み動作を行っているDRAMですが、消費電力は高くつきますが、構造が単純で、製造コストが低い、と言う点が評価されている部品です。

これとは、逆に、記憶保持動作が不要であるため、消費電力が低い上、DRAMよりも高速でデータへアクセスできる「SRAM」と呼ばれるタイプのRAMも存在します。

こちらは、回路が複雑であるため、製造コストが高くつきます。

コスト的に、パソコンのメインメモリとして、利用するのではなく、通常は、CPUと、RAM(メインメモリ)の間に設置されて、両者の性能差を埋める事によって、情報処理全体の速度を上げるための「キャッシュメモリ」として、利用されています。

 

RAMのこれから

最近では、消費電力を抑える事ができるタイプのDRAMも登場して、実際に利用されているようです。

これからも、その分野での新しい技術の発展によって、消費電力が低い上に、アクセス速度の早い製品が、開発されるのではないでしょうか。

これとは、別の問題で、メインメモリと、CPUの速度差が問題となっています。

 

これは、近年のCPUのクロック周波数の飛躍的な向上によって発生した問題です。

つまり、CPUの処理速度がアップしても、メインメモリへのアクセス速度が向上しなければ、メインメモリの動作速度が実施的な処理速度の上限となってしまう、と言う事です。

 

CPUを製造しているメーカーでは、CPUの速度向上は、すでに物理的な限界点に近づいている事を認識しています。

現在では、クロック周波数以外の部分の性能を、向上する事によって、全体としてデータ処理の速度を向上させることを、今後の課題としているようです。

多少、速度向上のスピードが鈍くなった、CPUの処理速度に、メインメモリが追いつく事があれば、将来的に、更なる処理速度のアップが実現します。