CPUとは?

コンピューターの頭脳とも言える部分であり、実際の情報処理を行っている部品は「CPU(シーピーユー)」と呼ばれています。

これがコンピューターの中で、あらゆるプログラムを実行しています。

 

しかし、単独では何もできないため、他の部品と連携する必要があります。

現在のコンピューターの世界では、無駄な存在はありません。CPU以外の部品も、それぞれが重要な仕事を担当しています。

CPUが、必要な作業を行うにも、その作業の結果を表示するにも、常に、他の部品の協力が必要です。

 

CPUとは?

CPUは「Central Processing Unit」の略称です。日本語で表現すれば「中央演算処理装置」となります。

プログラムに従って、数値計算や、情報処理や、その機器自体の制御までを、行う存在です。

以前は、一つのチップ(パーツ)に一つのCPUが搭載されていましたが、技術の進歩によって、一つのパーツに複数のCPUの機能が入っているタイプ(マルチコア型)も、利用されています。

 

CPUは、他の主要な部品である記憶装置や、表示装置や、通信装置などと接続されています。

この接続された経路(バス)を経由して、他の装置と、連携する事が可能となっています。

 

実際には、記憶装置(RAM)の中に配置されているプログラムに基づいて、命令を実行する仕組みとなっています。

そのため、パソコンの電源を入れても、記憶装置へ、OS、及びその他のアプリケーションが配置(書込み)されるまでは、操作を行う事ができません。

以前使用されていたワープロなどのように、最初からプログラムが書き込まれている方式の方が、すぐに操作を始める事が出来る点では優れています。

しかし、新しいプログラムを書き込む事で、それまでよりも高い機能を、追加する事ができる現在の方式の方が、拡張性が高いと評価する事ができます。

 

CPUの進化

CPUの性能を表す数値として、最も使用されているのが「クロック周波数」という用語です。

現在、パソコンなどで使用されているCPUは「クロック同期型」のタイプですので、この数値が大変重要になります。

このタイプのCPUでは、クロック信号に従って、一定の間隔で、計算や、制御を行っています。

つまり、このクロック信号の間隔が短ければ、短いほど(=クロック周波数が高い)同じ時間内で、多数の仕事をする事ができる、と言う事になります。

CPUを製造しているメーカーにとっては、いかに高いクロック周波数をもった製品を開発するかが、経営上の最も重要な課題となります。

 

クロック周波数が「1GHz」と表示されているCPUは、1秒間に「10億回」の情報処理を行う事ができます。

現在では、家庭用のパソコンに搭載されるCPUでも、すでに3GHzを越えるクロック周波数を実現した製品が販売されています。

 

しかし、そのCPUによって、設計が異なりますので、クロック周波数以外の部分で、高速な情報処理を行う事が出来るタイプのCPUも存在しています。

そのため、単純にクロック周波数のみで、情報処理の速度を比べる時は、同じメーカーの同じタイプのCPU同士で比べる必要があります。

そのコンピューターの主な利用目的によって、性能と価格の点から、最適と思われるCPUが異なると言う事情もあります。

 

CPUのこれから

これからも、かなりの速度で進化すると思われるCPUの性能です。

しかし、常に最高の性能を持っているCPUを必要とする訳ではありません。

最新のCPUは、かなり高額であり、インターネットや、電子メールのやり取りをするだけの人にとっては、そこまで必要のない存在です。

パソコンなどの性能を評価するには、CPUの以外の部品の性能も大いに関係しますので、トータルでバランスのとれた組み合わせであればそれで十分です。

 

CPUも性能アップと同時に、利用目的によって、そのモデル毎に設計を変えています。

あまりパソコンに負担をかけない使い方であれば、標準的なタイプのCPUで足ります。

 

しかし、動画の編集などに利用する時は、出来るだけ処理速度の高いタイプのCPUが、例え高額であっても必要になります。

その辺りの判断を行う際には、CPUのメーカーの公式サイトで、そのCPUの詳しい仕様を確認する事をお勧めします。