POPサーバ(メール受信サーバ)とは?

普通の郵便であれば、ポストの中へ届きますので、直接受け取る必要がありません。

しかし、電子メールの場合はどうでしょうか?

常に、パソコンなどの通信端末の電源を入れておかないと、メッセージを受け取る事ができないようでは困ります。

電気代も無駄になりますし、そもそもノートパソコンや、スマートフォンであれば、移動中でインターネットへ接続できない可能性すらあります。

 

実際には、電子メールに付いても、郵便ポストに該当する保管場所が存在します。

しかし、それぞれの建物毎に設置されている訳ではありません。

 

実際には、利用している電子メールのサービスを提供しているプロバイダー(インターネット・サービス・プロバイダー)の用意したサーバの中で保存しています。

そして、通信端末の電源を入れて、メールソフトを起動すると、通常の設定であれば自動的にサーバに保存されているメッセージを読み込みます。

この一時的にメッセージを保存するサーバが、メール受信サーバである「POP(ポップ)」サーバです。

 

POPサーバとは?

POPサーバは、正確には「ポスト・オフィス・プロトコル」と言う名称です。

電子メールを送信すると、通常は、送信先の端末へ設定されている電子メールのアドレスを提供しているプロバイダーのPOPサーバへ最初にメールが届きます。

その後で、送信先の端末内のメールソフトによって届いたメールを読み込み事ができます。

 

ここまでくると、電子メールの送信先である相手方は、届いたメッセージを初めて確認する事が可能となります。

しかし、そのプロバイダーが「Webメール」の形式により、メッセージを確認するサービスを提供している時は、そのプロバイダーの公式サイトからも届いたメッセージを確認する事ができます。

 

Webメールの形式で、メッセージを確認できるサービスが利用できる時は、いつも使用している通信端末でなくても、インターネット上のWebサイトから、届いたメッセージの内容を確認する事が可能です。

ただし、このような方法で届いたメッセージを確認するには、正しいIDと、パスワードを使用して、自分のメールを確認できるWebページへログインする必要があります。

いつも利用している端末の中に入っている、メールソフトを利用する場合は、最初の設定を行う際に、ID(アカウント)と、パスワードを保存しておけば、このような手順を踏む必要がありません。

 

POPサーバの仕組みは?

手紙と同じように、電子メールによって届いたメッセージの内容も、他人からは、見る事が出来ないようにする必要があります。

それには、何らかの手段を使って、その端末が、メールの送信を受けた人が利用しているものである事を確認しなければ、POPサーバに届いたメッセージを渡す事は許されません。

 

それでは、どのような方法で、正当な受取人である事を確認するのでしょうか?

簡単に、他人がPOPサーバに保存してあるメッセージの内容を確認できるようでは、重要な内容のメッセージのやり取りに電子メールを利用する事ができなくなります。

 

通常は、電子メールのアドレスを取得すると、そのアドレス固有の設定情報である「アカウント情報」を受け取ります。このアカウント情報の中にある、POPサーバの名前、ユーザー名、及びパスワードの全てが、正確に設定してあるメールソフトでなければ、POPサーバの中に保存してあるメッセージを、読み込む事ができないような仕組みが用意されています。

 

このアカウント情報は、すべてのメールアドレス毎に固有の情報ですので、他のメールアドレスのアカウントとは絶対に中身が一致しないようになっています。

但し、パスワード以外の部分は、メールアドレスから推測する事ができますので、出来るだけ複雑なパスワードを、設定しておく事をお勧めします。

 

POPサーバのおかげです

目に見えない、電子メールの受信用ポストであるPOPサーバは、以上のような便利な仕組みを利用して運用されています。

しかし、便利な仕組みも利用方法によっては、問題が発生します。自宅にある郵便ポストであれば、頑丈な鍵を付ければ、中にある郵便物を盗む事はできません。

 

電子メールの場合は、その鍵に該当する、POPパスワードの管理方法によっては中身を盗まれてしまう可能性があります。

そのため、ある程度複雑なパスワードを、定期的に変更するような方法で、万全なセキュリティ対策を行う必要があります。