モデムとは?

インターネットへ接続するために、最初に設置する通信機器が「モデム(modem)」です。

このモデムと言う用語は、あらゆるところで利用されてきましたが、もともとはどのような意味を持っているのでしょうか?

インターネットの誕生とともに、生まれた印象があるこの用語ですが、どのような経緯で利用されるようになったのでしょうか。

 

モデムの事を知ると、インターネットの仕組みを理解する手助けになるかも知れません。

それほど、モデムの存在は、インターネットにとって重要なものです。

そのモデムも、実際には色々なタイプがあるようです。

 

当初は、一般の電話回線を利用していましたので、それに対応したモデムは実際に電話をかける動作をしていました。

その後も、ADSL回線や、光回線や、モバイル回線の利用が開始すると、それぞれの回線に対応したモデムが利用されるようになりました。

 

モデムとは?

モデムは、少しだけ難しい表現で、日本語にすると「変調復調装置」と呼ぶ事ができます。

要は、性質の異なる二つの信号を、それぞれ異なる別の形式に変調する事と、一度他の機器で変調された信号をもとの形式へ復調する事を目的とする機器です。

英語のmodulator(変調)と、demodulator(復調)と言う単語から、それぞれの頭の部分を持ってきて、それを合体して「modem(モデム)」と命名されたようです。

 

正確には、パソコンなどの端末と、光回線などのデータ通信網との間に設置されている機器であるデータ回線終端装置の1つです。

デジタル信号と、アナログ信号の間で、その変調と、復調を担当します。では、なぜこのような作業をモデムが行う必要があるのでしょうか?

 

信号を送信するには、それぞれの信号の送信に対応した通信回線を利用する必要があります。

初期に利用されていたダイヤルアップの方式では、送信するデータを、一般的に利用されていた電話回線で、送信できる形式へ変換しなければデータを送信する事が出来ませんでした。

その後、ADSL、光、モバイルなどの利用形式が、利用されるようになっても事情は変わりません。

 

やはり、それぞれの通信回線が対応できる形式へ、送信するデータを変換する必要があります。

また、受信したデータを、今度は、パソコンなどの通信端末でも受け取る事ができる形式へ戻す必要もあります。

 

モデムは信号の道案内

光信号と、デジタル信号の間で、その変調、復調を行う光回線用の通信機器(ONU)は、モデムとは呼ばれない事もあるようです。

しかし、広い意味では、信号の変調と、復調を担当している通信機器はすべてモデムと呼ぶ事ができます。

このモデムとは別の用語で「ルーター」と呼ばれる通信機器が設置してある事もあります。

 

この機器は、モデムにより、通信端末で受け取る事ができるように復調されたデータを、そのデータの送信をリクエストした端末へ最終的に届ける事を仕事としています。

丁度、郵便局からポストへ届いた郵便物を、宛名に基づいて一つずつ家族へ手渡すような処理を行っています。

実際には、1台の通信機器が、モデムとルーターの機能を両方持っているケースが増えましたので特に意識する必要はありません。

 

しかし、機能としては全く別のものとなります。

そのため、モデムの機能に問題が起こった時は、インターネットへの接続は難しくなりますが、反対に、ルーターとしての機能だけに障害が発生した時は、ルーター機能を持っている通信機器を別に用意して接続すれば、インターネットへの接続を、復旧させる事が可能です。

 

モデムのこれから

これからも、例え名称が変わったとしても、モデムの存在は、インターネットの利用には不可欠なものです。

インターネットへ接続する通信回線の形式が変われば、その形式へデータを変調する事ができるタイプのモデムが今後も登場する事になります。

将来的には、現在利用されている物よりも、更にコンパクトなタイプのモデムが利用されるのではないでしょうか?

 

現在でも、モバイル回線を利用する際に、利用している機器であるモバイル・ルーターのサイズはどんどん小さくなっています。

これが進めば、カバンに付ける、マスコット程度の大きさになったモバイル回線用のモデムが登場するかもしれません。