Macintosh(Mac)のTime Machine(タイムマシン)でどこへ戻る?

パソコンなどの情報端末に頼り切った生活を送っていると、その快適な生活が永遠に続くように錯覚する事があります。

しかし、そのような快適な環境は、使用している端末の不具合などによってすぐに幻想である事に気が付きます。

特に、長期間利用してきたパソコンの不具合によって、全く新しい端末へ交換したような場合は、文字通り、一からのスタートになります。

 

独自に進化してきたパソコン用のOSであるMac OS X(マック・オーエス・テン)は、Apple社の製品であるMacintoshに搭載されています。

この記事では、その機能の一つであるTime Machine(タイムマシン)を紹介します。

これは、パソコン本体へ接続した外付けのハードディスクへ、現在のOS、及び、その他ユーザーが追加したファイルの全てを自動でバックアップする機能です。

 

Time Machineとは?

もしも、Time Machineが接続されていれば、現在使用しているMacintosh(Mac)を、別のMacへ交換してもすぐに同じ環境へ戻す事ができます。

これは、利用しているOSの設定情報と、後から追加したアプリケーションや、ドキュメントファイルの全てが、外付けのハードディクスへ保存されているからです。

現在利用している端末で不具合が発生した場合にも、この機能が役に立ちます。

問題のなかった時点まで、Macの状態を戻す事ができるからです。

いきなり、Time Machineを利用して過去の状態を復元する方法以外にも、現在使用しているMacの起動ディスクを初期化した後で、Time Machineの中に保存されているバックアップを読み込む事で、快適に利用できていた頃のMacへ戻す事も可能です。

 

このバックップは、自動で行われます。

その間隔は、1時間毎です。

 

バックアップを行ってから、24時間経過すると、1日毎のバックアップにまとめます。

1か月経過すると、それを1週間毎のバックアップへまとめる事になります。

この1週間毎のバックアップは、そのハードディクスの容量がなくなるまで保存されます。

 

最終的には、Time Machine用のハードディスクが一杯になると、古いバックアップから自動的に削除されます。

 

Time Machineによるデータ保護

Time Machineを利用して、特定のファイルを復元するには、復元したいファイルが入っていたフォルダをFinderから表示して、アプリケーションのTime Machineを起動すれば、復元できるファイルが一覧表示されます。

その状態で、復元したいファイルを選択して、右下の復元ボタンを押せばファイルが復元されます。

必要なファイルを間違って削除したような場合に有効な方法です。

 

次に、特定のファイルの復元ではなくて、OSのシステム全体を、過去の状態に戻す時は、Macを起動する際に、キーボードの「command + R」キーを押し続けて、復元メニューの中の「Time Machineバックアップから復元」を選択する必要があります。

購入直後のMacへ、以前利用していた端末のバックアップの情報を移行するには、そのハードディスクを接続した状態で新しいMacを起動するだけで可能です。

この場合は、Macの画面に、Time Machineのバックアップから復元するかどうかを訊ねるメッセージが表示されます。

 

Time Machineの利用

Time Machineで利用しているハードディスク以外にも、外付けのハードディスクをMacへ接続している場合に、その中にある情報もTime Machineでバックアップする事が可能です。

それにはTime Machineの設定を変更して、バックアップ対象から除外する項目の中から、そのハードディスクを外す必要があります(オプション設定項目の中にあります)。

Time Machineに利用するハードディスクの容量に付いては、バックアップの対象となるデータの2倍程度の容量のものであれば十分です。

 

他社からもバックアップを行うアプリケーションは、多数提供されていますが、もともとOSに標準で付いているTime Machineは外付けのハードディスクを接続してTime Machineを有効にすれば、すぐに利用できるところが特徴です。

Macを利用しているのに、このTime Machineの機能を利用していない人は、一度その機能の内容だけでも確認することをおすすめします。

イザという時には、非常に役に立つ機能です。