iPhone(iOS)のセキュリティ対策はどうする?

OSがAndroidであるスマートフォンに付いては、パソコンと同じように、セキュリティ対策を目的とするアプリのインストールが、お決まりの儀式のようです。

ところが、iPhoneを含めたiOSを利用している端末については、そもそもパソコンなどでは一般的に使用されている、ウィルス感染などを防ぐ事を主な目的とした、常に端末の中を監視するタイプのセキュリティ対策アプリが、存在していないようです。

 

本当に、そのような対策が不要なのかについては、それぞれ論ずる人によって、ニュアンスの異なる解説が行われています。

要約すると、正規のアプリは、かならずApple社での審査を経由しなければ、iTunes Store(アイチューンズ・ストアー)からインストールすることが出来ません。

そのため、自由にアプリをインストールできるパソコンや、AndroidをOSとするスマートフォンなどに比べると、ウィルスを代表とするマルウェア(不正プログラム)の侵入が発生する可能性が低い、という事のようです。

しかし、全く問題なしとも言えない事情があります。

 

iPhoneにとってのセキュリティ対策は必要?

過去には、Apple社の審査をパスしたはずのアプリに、不正なプログラムが混ざっていることにより、ユーザーのアドレス帳の情報が、外部に流出した事件がありました。

また、有料アプリが、購入者が対価を払って使用できるはずの機能を、最初から持っていないことが、後から判明したこともありました。

人間が審査をする以上は、完全に安全という状態は期待できません。

 

アプリ自体は安全でも、インターネット上のWebサイトに不正なプログラムが仕掛けられているような例もありました。

使用しているiOSのバージョンが古いと、このような不正プログラムの侵入を許してしまう可能性が高くなります。

また、無料だからと、評価を全く確認しないで、片っ端からアプリをインストールすると、問題のあるアプリまで、端末へ入れてしまう可能性があります。

アプリの機能としては問題がなくても、無料だと思っていたら、高額の利用料金を請求するような画面が、表示されるようなアプリが存在する可能性もあります。

 

iPhoneにとってのセキュリティ対策はどうする?

これをインストールしたら、問題はすべて解決します、というようなiPhone用のセキュリティ対策アプリは存在していません。

それは、iOS自体のシステムが、そのような常駐アプリのインストールを認めていないことも一因です。

できるだけシステムの動作を軽くするため、及びセキュリティ上の不安を減らすため、と言う理由で、そのようなシステムを採用しているものと予想します。

それならば、どうしてセキュリティ対策をすればいいでしょうか?

 

まず、iOSは常に最新の状態を維持する必要があります。これだけでも、かなりの効果があります。

その点からすると、すでに最新のiOSを利用することができないタイプの旧型iPhoneなどは、少なくともインターネットへは、接続しないことをおすすめします。

次に、新しいアプリをインストールするときは、必ず口コミなどを確認して、他のユーザーが問題を指摘していないことを、確認する必要があります(例 インストールしたら、動作が重くなったなどの情報の有無)。

 

最後に、これはiPhoneだけの話ではありませんが、外出先で、セキュリティ対策の行われていないWi-Fi環境を、利用しないようにすべきです。

どうしても、利用する必要があるときは、Wi-Fi経由で送信するデータを暗号化するアプリを導入することをおすすめします。

有料ですが「アバスト! セキュアライン for iOS」などのアプリが有効です。

 

iPhoneにとってのセキュリティ対策はやっぱり必要?

上記で紹介したアプリのように、常駐して、常にウィルスの監視などを行う機能はなくても、不正なプログラムの侵入や、個人情報の流出などを防ぐ効果があるアプリは、有料、無料のものがいくつかあります。

そのようなアプリを導入して、上記に記載した注意事項を守る事により、総合的なセキュリティ対策を行う事が、もっとも効果的な手段となりそうです。

有料アプリでは、パソコン用のセキュリティ対策の製品と同じメーカーである「ウイルスバスター・モバイル」が利用できます(税込3,065円)。

常に監視をするのではなく、アプリのインストール直後や、手動でスキャンを命令した時に、不正なプログラムを探して削除する機能を持っています。