Hotspot ShieldはWi-Fi環境で頼りになる門番

あちらこちらに点在するWi-Fi(ワイファイ)スポットでは、場所によっては、Wi-Fiでのインターネット接続を無料で提供しているところすら存在します。

 

しかし、その接続には、多少の不安が伴うのが通常です。厳重にパスワードが設定してあればまだしも、まったくセキュリティ対策を取っていないWi-Fi環境を利用する場合には、どうしても不安を感じてしまいます。

 

実際に、そのような環境では、比較的容易に通信しているデータの中身を確認することが可能である、という内容のニュースが流れたことがあります。

 

 

そのようなセキュリティ対策を取っていないようなWi-Fi環境で、どうしてもインターネットへ接続する必要がある時には、どうすればいいでしょうか?

 

Wi-Fi環境自体には全くセキュリティ対策をしていない場合でも、送受信するデータを暗号化することができれば、例え誰かが通信を傍受しても、中身を確認することは困難となります。

 

そのような手段があれば、外出先でも安心して、Wi-Fi環境を利用することが可能となります。

 

 

 

Hotspot Shieldとは?

 

「Hotspot Shield(ホットスポット・シールド)」は、そのような要求に応じて、通信内容を暗号化することができる頼もしいアプリケーションです。

 

もともとは有料アプリですが、無料でも十分利用できるレベルのサービスを提供しています。

 

通信の暗号化、IPアドレスの隠蔽、マルウェア(不正プログラム)を潜ませたサイトの防御などの機能を無料で利用できるサービスです。

 

有料版になると、更に機能が追加されますが、セキュリティ対策としては無料版でも十分以上の効果が期待できる内容となっています。

 

 

有料版(一年毎に更新で、年間約3000円前後)になると、以上の機能に追加して、感染型のマルウェア、フィッシングサイト、スパムサイトなどからも防御する機能や、電子メールによるテクニカルサポートや、Webサイトの閲覧速度を最大で2倍に高速化できるネットワークを利用することが可能です。

 

また、無料版では表示されている広告の出ない状態で、インターネットへ接続することが可能です。

 

パソコン(Windows、Macintosh)、及びスマートフォン(iOS、Android)に対応しています。

 

 

Hotspot Shieldの安全性

 

このアプリでは、暗号化された仮想の専用通信回線(VPN)を利用して、送受信されるデータの盗聴などにより発生する問題を解消しています。

 

また、IPアドレスも含めて、検知できないようにしていますので、インターネットへの接続サービスを提供しているプロバイダの管理者であっても、こちらの接続環境(利用しているプロバイダなどの情報)を知る事ができません。

 

ここまで暗号化された情報であれば、例えセキュリティ対策のないようなWi-Fi環境であっても、第三者が手に入れた通信データの内容を確認することができなくなります。

 

これまで不安に感じていた、電子メールの送受信や、クレジットカードの利用などを安心して行う事が出来ます。

 

もちろん、自宅の接続環境を利用する場合でも、このアプリを起動しておけば、更に安全度がアップします。

 

 

Hotspot Shieldの利用

 

このアプリを利用すれば、外出先でのインターネット接続に関する危険性が、激減することが期待できます。

 

また、海外のWebサイトが本国以外からのアクセスに制限をかけているような場合でも、国外からそのようなサイトを閲覧することが可能となります。

 

これも、VPNを利用することにより、こちらの接続環境が相手から確認することができなくなる、という特性によります。

 

外出した時だけ、このアプリを起動する方法もありますが、常に利用する方がセキュリティ対策の面では好ましいと思われます。

 

どうしても、暗号化を行う分だけ、通信速度が幾分低下する可能性があります。

 

しかし、もともと光回線のような高速回線を利用している場合は、体感速度として不満がでる可能性は低いと思います。

 

有料版では、その面でも対応した、通信速度が向上する機能を利用することが可能です。