Wi-Fi Direct(ワイファイ・ダイレクト)がさらにパワーアップ

Wi-Fi(ワイファイ)に関する機能を話題にする時には、その前提として、すでにその場所に無線ルーターなどの無線親機によって、Wi-Fi環境が提供されているものとして、話を進めることがほとんどです。

しかし、そのようなWi-Fi環境がなくてもWi-Fiの電波信号を利用してデータ通信を行う方法も存在しています。

「Wi-Fi Direct(ワイファイ・ダイレクト)」と言う技術を利用すると、パソコンなどの通信端末同士で直接通信(P2P、Peer to Peer通信と呼びます。)を行う事ができます。

今回、Wi-Fi規格を管理している業界団体である「Wi-Fi Alliance(ワイファイ・アライアンス)」のWi-Fi Directの機能拡張に関する発表では、どのような機能が追加されたのでしょうか?

 

Wi-Fi Directとは?

簡単におさらいをすると、Wi-Fi Directは、無線ルーターなどを利用しなくても、Wi-Fi機能がある通信端末同士が直接接続することにより、データ通信を行う事を可能とする機能です。

例えば、1階にあるパソコンから、2階に置いてあるWi-Fi Directに対応したプリンターへ、直接印刷したいファイルのデータを送信して、印刷を行うような形態が一般的です。

 

この方法が利用できれば、わざわざ無線ルーターなどの通信機器を用意する必要がありません。

この場合に、プリンターの側がWi-Fi Directに対応していれば、パソコンなどの通信端末の側は、単にWi-Fi対応機器であれば、それで足ります。

通常は、プリンターのメーカーが無料で提供しているアプリケーションを通信端末に入れるだけで、すぐにWi-Fi Directを利用した印刷が可能です。

 

その他、お互いの通信端末が保存しているデータの送受信、音楽や、動画の再生、同じ画面の共有なども可能です。

無線親機を中間に配置して、通信を経由しない分だけ、関係のない第三者が情報を閲覧する可能が低くなる点は、セキュリティ対策の面では大変有効な接続方法です。

この接続方式では、それぞれの端末が、他の通信端末からの接続を待つ形となります。

ちょうど、互いの端末が無線親機のようなアクセスポイントになったような形態で通信を行います。

また、Wi-Fi Directを利用した通信は、最新のセキュリティ対策の手法である「WPA2」によって守られています。

 

Wi-Fi Directの追加機能

すでに、いくつかの機能が追加されているWi-Fi Directです。

現在では通信端末同士でお互いに保存しているコンテンツの送受信を可能とする「Wi-Fi Direct Send」通信端末から直接対応プリンタを利用して印刷することを可能とする「Wi-Fi Direct Print」DLNAに対応したデバイス同士をお互いに発見することが可能となる「Wi-Fi Direct for DLNA」最後に、ディスプレイのミラーリング(同じ画面を他のディスプレイなどで表示させる技術)を可能とする「Miracast」という4つの機能がすでに追加ずみです。

 

今回の発表では、これまで複数の操作によって、初めて利用することが可能であった上記の4つの機能を、1回の操作で可能とする新機能を追加したことがアナウンスされました。

また、開発者に向けて、専用の開発ツールを提供することにより、いままでよりも容易にアプリケーションの開発を行う事ができるような環境を提供することも合わせて発表されました。

このような環境整備によって、更に新しくて便利なアプリケーションが登場することは確実と言えます。

更に、どのような新しい利用方法が発表されるかが大変楽しみな状況です。

 

Wi-Fi Directのこれから

将来的には、すべての機器がインターネットを含めたネットワークへ接続されることが予想されています。

その場合には、有線ケーブルを必要としないWi-Fi環境を利用した形態の接続が、主に使用されるようになることはほぼ確実な状況です。

その点では、Wi-Fi Directは、今後もますます必要とされる技術の一つであることは言うまでもありません。

常に、最新のセキュリティ対策を行った状態で利用できるこの規格は時代の要求に答える事ができる、大変頼もしい存在と言えます。