Apple SIMカードは常識を破壊するか?

通信業界ほど変化の激しい業界は少ないのではないでしょうか。

昨日までの常識がいつの間にか通用しなくなることが、頻繁に起こることにより、新たなビジネスチャンスが生まれるようです。

むしろ、常識が次々に変わっていく事を歓迎すべきなのかもしれません。

 

この記事で紹介する新技術も、正に常識を変えていく可能性があるものです。

その常識は何かかと言うと、携帯電話の中に必ず入っているSIMカードに関するものです。

最近になって、別の通信会社が提供しているSIMカードへ入れ替える事により、携帯電話を換えることなく、通信会社を変更することが、やっと実現しつつある日本です。

しかし、そのような手法がすぐに昔話になりそうです。

 

Apple SIMカードとは?

Apple SIM(アップル・シム)カードとは、最近アメリカで出荷が開始されたApple社の製品である「iPad Air(アイパッド・エアー)」や、「iPad mini3(アイパッド・ミニ・スリー)に搭載されたSIMカードです。

現在使用している携帯電話の電話番号などの固有情報を管理しているSIMカードを入れ替える事なく、その通信端末で利用する通信会社を、複数ある候補の中から、自由に選ぶことできるようになっています。

 

現在のところは、アメリカと、イギリスの通信会社から選択することしかできません。

しかし、将来的に他の国でもこの機能を利用できる日がくるとしたら、それは確かに常識が変わる日となります。

 

Apple社によると、現在のApple SIMカードで申し込む契約の期間は、短期契約のものであり、実質的にはプリペイド携帯に類似したものとなりそうです。

そのような短期期間の契約が可能であれば、海外旅行の時だけ、訪問した国の通信会社を短期間利用するような使い方も考えられるところです。

この方法であれば、他の国へ持っていった携帯電話を利用することにより、高額な国際ローミングの料金を払う必要がなくなります。

 

Apple SIMカードで何がかわるの?

仮に、この仕組みが日本でも利用できるようになるとしたら、どうなるでしょうか?

まず契約を獲得したいと思っている通信会社は、Apple社に依頼して、選択できる通信会社の候補にしてもらう必要があります。

しかし、かなり厳しい競争になると思われます。

なぜなら、少しでも条件の良い料金コースを提供する競合会社が現れたら、すぐに設定を変更して、その通信会社へ切り替えることが簡単にできるからです。

 

日本では、大手の通信会社の回線をレンタルして、多種多用な低額通信サービスを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)が存在します。

もしも、全ての通信会社が、Apple SIMカードを利用する端末で選択できるようになるとしたら、どれほど熾烈な争いになるのか予想できません。

もちろん、ユーザー側にしてみれば、大変歓迎すべき状況です。

 

現在のように、一定の契約期間を過ぎるまでの解約や、通信会社の乗り換えに対して違約金を請求する方法での顧客の流出防止策は、近い将来になくなる運命なのかもしれません。

まずは、スマートフォンの端末だけを購入して、その画面から各通信会社が提供しているサービスの内容をのんびりと吟味します。

その後で、利用する通信会社を選択する、という形での利用が将来的に増えていく事が予想されます。

そうなると、サービスを提供する各通信会社も、その提供するサービスの内容を、思い切って変更する必要が出てくるかもしれません。

 

Apple SIMカードでどうなる

これまでは、通信会社が支配してきたこの業界ですが、今回のような新機能を導入することにより通信端末を製造しているメーカーの支配力が強くなっていく事が予想されます。

問題は、製品の購入と通信会社の選択を同時に行う事が常識である現在の形から、この二つのイベントを切り離して考える形へ変わる事により、どのようなメリットがユーザー側にあるかです。

すでに、アメリカの通信会社では、契約期間を縛るやり方から月額の通信料金で他社との差別化をはかる手法へ変りつつあるようです。

日本国内でも、現在のような一定期間の契約期間を守る事により、端末の代金が実質無料になるようなサービスから、月々の通信料金をいかに下げるか、という形の競争に変化していく可能性がありそうです。