Twitterによるトラブル 口の悪い人はバカッターと呼ばれます

Twitter(ツイッター)は、文字数が140文字と制限された短文を投稿することができるインターネット上の情報サービスです。

ブログとの一番の違いは、投稿された短文(tweet、ツイートと呼びます。)を執筆している人を一方的に選択(フォロー)すると、初めて自分の見ているリストに、フォロー以降にその人が投稿したツイートが表示される仕組みです。

自分を含めた、特定の人の過去のツイートを一覧表示することも可能です。

このあたりの仕組みが、自分のページを開くと芸能人などのブログがこれでもかと紹介される傾向のある一般的なブログサービスとの違いです。

 

文字数の制限があることにより、無駄な部分を極力なくした、文章の要点のみを読むことができるため、短時間に多数の投稿を読む事が可能であるところがTwitterの特徴です。

興味のなくなった人の投稿は、一方的にフォローを外す事により、以降はリストにも表示されなくなります。

Twitterを提供しているTwitter社では、このサービスは、ブログなどのSNSとは異なる独自のネットワークであると主張しています。

しかし、ブログと同じように、色々なトラブルが発生しています。

 

Twitterの本来の姿は?

本来は、自分の意見を短文にまとめて投稿したり、自分の近況を簡単に書き込むことにより、友人などとの交流に使用したりといった目的で利用されていたTwitterです。

しかし、次第にそれ以外の目的で利用する人が増えてきました。

 

現在では、企業の主要な宣伝方法として利用されたり、有名人の情報提供や、ファンとの交流に利用されたり、政治家が自分の信念や、意見を表明する場として利用したり、といった流れが定着しています。

最近では、とうとうローマ法王までが、Twitterのアカウントを習得したことがニュースにもなりました。

それだけ、このサービスを利用することによるメリットが、無視できないレベルにまで高まっていることを表しているエピソードです。

 

関係者が増えると、それだけトラブルの発生する可能性が高くなる訳です。

すでに政治家が、Twitterでの発言について謝罪をしたり、食品を扱う企業での非衛生的な行為が発覚して、その店舗を閉鎖したり、といった話が山ほどでてきました。

短文であることにより、ブログなどよりも手軽に投稿することができます。

 

そのため、その中身を吟味することなく、軽い気持ちで投稿することにより大きな問題を起こしているようです。

投稿した内容に問題があるときは、投稿した人が有名人でなくても、すぐに問題のある内容が拡散してしまうのがインターネットを利用したサービスの特徴です。

 

Twitterの注意点

例え、短文の投稿であっても、インターネットを利用している人であれば、基本的にすべての人が、問題のあるtweetの中身を確認することができる点を認識する必要があります。

フォローされていなくても、投稿者の使用しているTwitterのアカウントから検索すれば、過去のtweetを全て確認する機能がありますので、現在のフォロワー(自分をフォローしている人)の数は、関係ありません。

 

政治や、思想に関する話題を投稿するときは、反対意見を持っている人からの強い反発を受ける事を覚悟してから投稿する必要があります。

本来、お互いの顔も見えない状態で、簡単には結論の出ない話題を、このような短文しか投稿できないサービスで表明することには、無理があるのかもしれません。

それでも、あえて投稿するのであれば、そのtweetに対する否定的な反応に対してはできるだけ冷静な対応を心がけることをおすすめします。

 

Twitterはそれでも便利な存在

最近では、Twitter関連の不祥事が連発するため、Twitterのことを、口の悪い人は「バカッター」などと呼んでいるようです。

しかし、もともとは、大変優れたコミュニケーション・ツールですので、そのメリットを生かした使い方が、早く一般的になることが望まれます。

ブログのように、それなりの時間をかけてつくる記事には絶対に真似の出来ない、新鮮で即効性のある内容が、イベントの進行と同時に投稿されるTwitterは、災害時にも大活躍できるような特性を持っている発明品です。