ステマ(ステルスマーケティング)とは?

最近、どちらかと言うと、あまり良くない商法として、ニュースなどで取り上げられることがあるのが「ステマ」です。

特定のネーミングを与えられていることから予想すると、独自の方法によって集客するようです。

問題は、その集客の方法と思われます。昔から商売人にとっては、いかにお客さんを集めるか、という問題が永遠のテーマでした。

知り合いに頼んで、来店してもらったり、有名人が以前来店したことを証明するかのように、そのサインを目立つところへ貼ったり、などの努力をすることは当然の事です。

 

しかし、ある程度の脚色があったとしても、それが問題になったということはあまり聞きません。

同じ客寄せでも、インターネット上でやっていると問題になるのでしょうか?

よくインターネットでは、芸能人などが商品の宣伝をしていますが、それが問題になるとは思えません。

実際に問題になるようなレベルの宣伝行為とは、どのようなものでしょうか?

 

ステマとは?

「ステマ」とは、ステルス・マーケティング(英語では、stealth marketing)の略称です。

この用語の意味するところは、日本では「サクラ」や「ヤラセ」などの表現でおなじみの手法に類似している行為です。

 

インターネット上で行われるステマとしては、例えばある商品を販売している会社の関係者が、ブログや、掲示板などで、あくまで一般のユーザーの意見として、自社の製品をほめちぎったうえで、競業する他社の製品の評価を下げるような書込みを行うケースなどが該当します。

過去に、アメリカでは、映画会社が架空の映画評論家を作り出して、自社の映画を評論させていた例があります。

 

単に一般のユーザーとして、ブログなどに書き込む程度であればそこまでの影響力はありません。

しかし、これが一定の知名度を持っている人が行うと、その影響力はとても無視できないものとなります。

メーカーからお金をもらって、ほとんど使っていない製品を、自分がいつも使用していると誤解されるような内容の文章によって、自分のブログなどで紹介する行為はかなりの問題です。

 

ステマへの現実

消費者庁では、一定の行為は、不当表示と評価できるとの見解を表明しています。

それは、ある商品を販売している業者、または依頼を受けた第三者が、本来その商品を使用した人の公平な感想を記載すべき口コミサイトや、ブログなどに自社の商品が他の事業者が提供しているものよりも、品質が高いものであると誤認させる内容の書込みをするような場合です。

 

この行為は、法律上も問題となる行為です。

最近では、複数の芸能人が報酬を受けとって、あるオークションサイトをあたかも利用しているかのような内容の記事を、自分のブログへ投稿していることが判明した事件がありました(ペニーオークション事件)。

 

実際には落札していない商品を、そのオークションを利用して、安価で落札することができたように誤認させる内容の記事を自分のブログへ投稿した訳です。

その芸能人のファンであれば、本人が利用している商品を、自分でも手に入れたいと思う事は当然です。

そのファン心理を利用したステマ商法は、新手の商法として、今後も根絶されることはないと思われます。

ある程度の影響力を持っている有名人のブログなどには、ある程度の規制が必要なのかもしれません。

 

ステマにご注意

インターネットをはじめた動機として、好きなタレントなどの情報を得るためにネットの利用をはじめました、という人は、結構いるのではないでしょうか?

確かに、インターネット上には、公式、非公式を含めて、有名人に関する多数のサイトが存在しています。

本人が公認していない非公式のサイトで、価値のないものを購入してしまうならわかります。

しかし、ステマの問題点は、公式サイトの、しかも本人が自分の使用経験からすすめている商品でさえ、本当に本人が利用しているのかどうかを信用できないところです。

 

好きな有名人がすすめるからではなく、その商品自体にどんな魅力があるかを判断する必要があるようです。

長所のみを並べるだけで、その商品の短所に全くふれていない記事には、要注意ということになりそうです。

本当に毎日使用していれば、必ず短所にも気がつくはずです。

そのような記載がないときは、報酬をもらっているため、短所を記載することができないか、あるいは全く使用していないかのどちらかである、という可能性を考える必要があります。