今更ですがプラチナバンドとはどんなバンドですか?

携帯電話を提供している各通信会社のサービスを比較する際に、ここ何年かの間、必ず利用される用語が「プラチナバンド」です。

他にも「ゴールデンバンド」と定義することもあるこの用語は、携帯電話の性能とどのように関係するのでしょうか?

プラチナも、ゴールドも、価値のあるもの表す単語ですので、とても価値のあるもの、ということは予想できます。

 

各通信会社が、この価値のあるものを巡って、激しい戦いを行っているようです。

それだけ、価値のあるもの、という事になります。この記事では、通信会社に関するニュースなどで、よく使われているプラチナバンドについて、その価値がどの程度のものであるかを紹介しています。

 

プラチナバンドとは?

携帯電話で通信用に使用される周波数帯は、一般的には、500MHzから1GHzの周波数帯が適していると言われています。

その中でも、特に700MHzから900MHzの周波数帯である電波は、最も携帯電話での使用に適していることから「プラチナバンド」と呼ばれています。

この携帯電話に適したと評価されるには、減衰が少なく、遠くまで届くことができること、及び建物の陰にいても、電波を届ける事ができること、という二つの要件を満たすことが必要です。

 

通常、電波は周波数が低いほど、その波長は長くなります。

反対に、周波数が高くなると、その波長が短くなります。

波長が長いほど、電波の通り道にある障害物を回り込んで、その後ろにも届きやすくなります。

この現象を「回折(かいせつ)」と呼びます

 

この現象によって、ビルの陰などにいても、電波が届きやすくなります。

極端に波長が長くなると、今度は室内へ届きにくくなるなどの別の問題も発生します。

その他にも、極端な長さの波長にすると、その機器のパーツの製造と、通信機器内のパーツの配置に神経を使う必要があるため、通信機器のコストが上がってしまう、という問題が発生します。

結局、波長の長短によるメリットをもっとも受けることができるのが、プラチナバンドと呼ばれる700MHzから900MHzの周波数帯ということです。

 

プラチナバンドの現在

国内で携帯電話のサービスを提供している通信会社では、SoftBank以外の携帯キャリアが、以前からこのプラチナバンドに該当する周波数帯での通話とLTEのサービスを展開していました。

一社のみプラチナバンドを利用したサービスを展開することが出来なかったSoftBankも、2014年夏から、900MHz帯を使用したLTEのサービスを開始することができました。

今後は、対応する基地局の増加に伴って、全ての通信会社によるプラチナバンドの有効利用が全国で展開されます。

 

プラチナバンドの今後は?

現在の流れとしては、プラチナバンドにプラスして、更に高い周波数帯の電波を使った高速のデータ通信を提供する手法が定着しています。

全く異なる周波数帯の電波信号を一つに合わせる技術(キャリアアグリゲーション)を利用することにより、一昔前には想像も出来なかったようなデータ通信速度が実現されました。

 

電波の環境が良くないエリアでは、プラチナバンドを利用して、通信が遮断されることのない環境を提供するとともに、電波環境の良い場所では、高い周波数帯の電波信号も同時に利用することで、高速なデータ通信の恩恵を受けることができる環境が現時点での理想型です。

 

今後は、このデータ通信網を利用して高品質の携帯通話を提供することができる技術(VoLTE)などを、投入することで、更なるサービスの向上を実現します。

VoLTEについては、国内の通信会社では、すでにNTTドコモが提供を開始しています。

auについても、現在提供開始前の試験を実施中です。

高速のデータ通信網が利用できることで、単なるデータ通信だけではなく、以前のような低速のデータ通信回線では提供する事が出来なかったサービスを、現在では提供できるようになりました。

データ通信用の回線を利用して、高品質の音声通話を提供することができるVoLTEなどはその典型です。