新発売された無線ルーターのWXR-1900DHP(バッファロー製)がすごい!

次々と販売が開始される新型の無線ルーターですが、今回バッファロー社が販売を開始した新機種は、それなりのお値段はしますが、それに見合った快適なスピードと、便利機能を満載しています。

どの機種にするかを悩んでいる人には、その決めてとなるような有益な情報を紹介します。

 

最近の新機種の特徴としては、Wi-Fiの正式規格である「IEEE802.11ac」の理論上の限界値にどれだけ近づく事ができるか、という共通したテーマと、その他の付加機能の充実度を競う状況であると言えます。

その中でも、この「WXR-1900DHP」は、全ての面でバランスのとれた機能を提供しています。

 

この無線ルーターはとにかく早い

この機種でのWi-Fi環境を利用した場合の通信速度は、使用する周波数帯が5GHzであるIEEE802.11acで、下り最大1300Mbps(=1.3GBps)を実現しています。

合計、3個のCPUを搭載しているこの機種では、5GHz帯と、2.4GHz帯のデータ処理をそれぞれ別のCPUが担当しています。

 

最後に残った強力なCPU(1GHzデュアルコア)により、セキュリティ対策として搭載した機能である「IPsec」の高速処理や、USBポートへ接続したUSB-DACのワイヤレス化などの通信以外の処理に対応することで、内部のデータ処理が無線通信の速度へ影響を与える事のない設計となっています。

同じ通信速度を実現している過去の機種よりも、無線ルーター自体の情報処理による影響を受ける可能性が非常に低い、と言えるでしょう。

 

また、データを変調する際の効率を大幅に上げる事と、三本のアンテナを同時に利用してデータを送受信することで高速化を実現しています。

さらに、2.4GHz帯を使用するその他の規格でも、接続する通信端末によっては、下り最大600Mbpsまで通信速度を上げる事が可能です。

この2.4GHz帯の速度アップに貢献しているのは、通常は5GHz帯でのみ利用されるIEEE802.11ac規格で利用されている「256QAM」技術を、2.4GHz帯でも採用した結果です。

この技術は、送信するデータをWi-Fiの信号へ変調するさいの効率を大幅にアップすることができるものです。

 

この無線ルーターは遠くへ届きます

Wi-Fi規格のIEEE802.11acで採用された「ビームフォーミング機能」により、現在通信端末のある場所に限定して、強いWi-Fi信号を送信する技術を搭載していますので、これまでのWi-Fiの規格よりも遠くまでデータを送信することが可能です。

 

さらに、この機能を最新規格のIEEE802.11acに対応していない通信端末のうち、5GHz帯を使用したWi-Fi規格(IEEE802.11a)に対応している一部の機種でも利用できる独自技術「ビームフォーミングEX」機能も搭載しています。

対応機種としては、iPhone(5、5C、5S)、iPad(iPad mini Reteinaを除く、2013年以降のモデル)、Nexus 7(2013年モデル)などです。

 

本来は、障害物などによる影響を受けやすい5GHz帯を使用しているIEEE802.11ac(または、IEEE802.11a)ですが、このビームフォーミング機能により、特定の方向に強い信号を発信することができることになります。

 

また、Wi-Fi信号を発信する高性能のパワーアンプを採用している点も考慮すると、今まで利用していた無線ルーターでは、Wi-Fi信号が届きにくかった場所でも、通信速度の改善が大いに期待できます。

有線LANの部分でも、市販の製品では最も高速なデータ通信が可能である最大1000Mbps(=1Gbps)の伝送速度に対応しています。

 

この無線ルーターはなかなかのものです

この機種のメーカー直販価格は、2万5704円(税込)です。単なる通信速度と、利用可能範囲の拡大だけでも大変魅力的なこの機種ですが、さらに新しい分野での活動範囲が追加されています。

それは、CD以上の高音質を提供することができる「ハイレゾ音源」に対応しているオーディオアンプである「USB-DAC」を接続することができる機能です。

 

現在、メーカーにより接続を検証したUSB-DACは、2機種(TEAC製のUD-501、パイオニア製のN-50)のみですが今後が期待できる新機能です。

この機能を利用すれば、Wi-Fi環境(または有線LAN環境)で接続されたパソコンなどの高音質の音楽データを、この無線ルーターを経由して、USB-DACに接続されたスピーカーから再生することが可能です。

 

その他、強力な暗号化方式を使用した通信規格である「IPsec、L2TP over IPsec」に対応している点や、次世代のIPアドレス規格である「IPv6」へ対応している点なども特徴です。

要は、将来的にも継続して利用することができる機能を搭載している機種という事です。

見た目も、SFの映画に出てくる宇宙ステーションのようなイメージです。

この機種に変えることにより現在の通信環境に関する問題が一気に解消する可能性があります。

 

しかも、これからの新しい通信規格にも対応しています。

たしかに高価ですが、それに見合った快適なWi-Fi環境を提供できる新機種の紹介でした。