Wi-Fineとは? 全国2000カ所以上の場所で提供されるマルチメディア

外出先でWi-Fi環境を利用する目的は、ほとんどの場合はインターネットへ接続する事です。

メールの送受信をしたり、いつも見ているブログをみたり、といった目的で利用する人がほとんどを占めると思います。

しかし、よく考えると、それ以外にも有益な利用方法があるのではないでしょうか?

 

無料でWi-Fi環境を提供している店舗などでは、その場所からインターネットを利用することを目的としている人へ、そのWi-Fi環境を提供している訳ですが、ある意味では絶好のチャンスともいえます。

何のチャンスかというと、その店舗を含めた周辺一帯で提供されているサービスを、Wi-Fiに対応した機器をもっている人に宣伝することができる絶好のチャンスではないか、という事です。

 

Wi-Fineとは?

「Wi-Fine(ワイ・ファイン)」とは、無線LANの統一規格である「Wi-Fi」と、楽しい、元気、素晴らしいという状態を表現する英単語である「Fine」を組み合わせた造語です。

Wi-Fiを利用して、生活をもっと楽しくしたい、および新たなメディアを通じて、豊かな社会を実現したい、という願いをこめて、命名されたようです。

では、具体的には、どのようなサービスなのでしょうか?

 

まず、一番重要なことですが、このWi-Fineが提供するWi-Fi信号へ手持ちのWi-Fi対応機器を接続しても、基本的に、インターネットへ接続することはできません。

インターネットのような仮想のサービスではなくて、ほんの少し歩けば現物を手にすることができるサービスを提供するのが目的だからです。

例えるならば、居酒屋の前で配っている本日のおすすめ料理や、タイムサービスの時間帯を記載したチラシを、Wi-Fi経由で配信しているイメージです。

 

その一軒のお店に関係する情報だけではなく、そのあたり一帯のすべてのお店のお得な情報を、このWi-FineのWi-Fi信号へ接続した人へ届ける事も可能です。

届ける情報を自由に設定できるところが、このWi-Fineの特徴です。

 

Wi-Fineはなにが新しいの?

Wi-Fineでは、そのWi-Fi環境を提供している極々狭いエリアに限定したお得情報や、天気予報や、ニュースや、R25などを提供しています。

このR25とは、リクルート社が発行しているフリーペーパーです。25歳以降の若い世代に向けた記事が中心となっています。その他にも、場所毎に独自の情報を提供しています。

 

例えば、駅では路線図や、時刻表、その駅の構内図、運行状況などを、空港ではフライト情報、アクセス情報、空港内のグルメ情報、お土産品の情報などを提供しています。

これが店舗であればクーポン付与などのお得情報、新製品情報などをそのエリアにいる人に限定して、配信することができます。

 

その他、ニンテンドーDSシリーズをもっている人であれば、ニュース、占いなどの一般的な情報の閲覧以外にも、世界中のユーザーと対戦ゲームをしたり、追加コンテンツをダウンロードしたり、といったサービスを利用することができます(現在、つくばエクスプレスの路線で提供中です。)。

 

Wi-Fineの楽しみ方

現在、すでに全国で2000カ所以上の場所で提供されているWi-Fineのサービスです。

利用できる場所は、公式サイト(http://wifine.jp/index.html)で確認することが可能です。

接続できる通信端末に付いては、Wi-Fiに対応していればそれ以外の要件は基本的にありません。

インターネットへの接続を希望する人は、別個に有料の公衆無線LANサービスを契約する必要があります。

今後も、更なるサービスの追加と、提供エリアの拡大が確実なこのサービスは、もしかしたら今後のWi-Fiの利用方法を変えてしまう可能性すらあるサービスです。

 

他にも、色々な可能性を持っているこのサービスです。

一例としては、喫茶店チェーンの「プロント」では、Wi-Fineへ接続した機器により、無料でJJazz.Net、というジャズを中心としたインターネットラジオ局の放送を視聴することができるサービスを提供しています。

このように、提供する側の業務の内容によっては、より個性的なサービスが開始されるのではないでしょうか?

どのようなあたらしいサービスが、これから提供されるのかが大変楽しみな状況です。