海外出張に役立つグローバルWi-Fi 価格体系とデータ制限について

海外に旅行で行っても、思う存分にパソコンや、スマホをインターネットに接続したいと希望するのは当然の欲求です。

しかし、どうやってインターネットを利用するのでしょうか?日本と同じように、無料で利用できるWi-Fiスポットを利用することができれば、それで十分とも言えます。

そもそも一カ所に住むわけではないので、行く先々で無料のWi-Fi信号を探すのは面倒くさいのではないでしょうか?

無料のWi-Fiスポットには、利用者の個人情報などのデータを盗まれる可能性が常に存在しています。

 

それでは、現在契約している国内の通信会社を介して、海外の提携事業社の設備を利用する方法(国際ローミング)はどうでしょうか?

確かに、無料のWi-Fiスポットを探すよりは、遥かに確実な方法です。

ただ、その国でサービスを提供している通信業者によって料金にかなりの開きがありますし、パケット定額のサービスを提供していない場合は、後から高額な通信料金を請求されることになります。

 

グローバルWi-Fiとは?

「グローバルWi-Fi」とは、株式会社ビジョンが提供しているサービスで、海外旅行にいく際に、海外で利用することを目的とするWi-Fi機能の付いたモバイル通信機器をレンタルするサービスです。

現在、海外の200以上の国や、地域で利用する事が可能です。

料金については、目的地の国により異なりますが、たとえばカンボジアであれば、3G回線を利用するモバイル用通信機器を利用して、1日あたり380円(期間限定キャンペーン)となります。

 

複数の国を旅行する場合には、ヨーロッパ地域、アジア地域、アメリカ大陸、世界中で利用できる4コースが提供されています。

たとえば、アメリカ大陸周遊プランでしたら、アラスカからアルゼンチンまで3G回線を利用するモバイル用機器を利用する事ができて、1日あたり1480円(期間限定キャンペーン)となります。

 

グローバルWi-Fiはお得ですか?

対応している国であれば、通信料金を気にする事なくインターネットへ接続できる点を考慮すると、利用料金に見合うか、それ以上のお得感があるのではないでしょうか?

日本のように、すべての国で、パケット料金が定額という訳ではありませんので、国際ローミングを利用して、後から高額の通信料金を請求される可能性を考えると検討する余地があると思われます。

 

早めに申し込めば、自宅まで宅配便でレンタル用の機器が届きます。

もしも、出国が近くなって申し込んだ場合は、グローバルWi-Fiカウンターがある空港で受けとる事も可能です。

また、レンタル機器の返却もその空港で行うことが可能です。

 

その他のオプションとして、Apple社の製造しているタブレット端末である「iPad(アイパッド)」や「iPad mini(アイパッド・ミニ)をレンタクできるサービスや、ホテルの有線LANを利用して、インターネットへWi-Fiすることができる「ホテル de WiFi」というサービスを利用する小型のWi-Fiリュータをレンタルすることも可能です。

 

グローバルWi-Fiは、海外旅行のお供に最適ですか?

グローバルWi-Fiにも、国内のモバイル回線と同じように、データ通信料による速度制限があります。

具体的には、通常3日あたり400MB(1日あたり、約130MB)の制限をこえると、現地時間の24時までは速度が低下します。

アメリカ、ハワイ、アラスカについては、この制限を、1日あたり500MBへ増加することが可能です。「大容量アメリカデータPLUS」というコースを、1日あたり1270円(期間限定キャンペーン)で追加して申し込む事で適用されます。

 

この記事の内容が、これから海外旅行を予定している人にとって有益な情報となれば幸いです。

海外にいっても、通信だけは、できるだけ日本のように定額で安心できる回線を求めてしまうのは、現代人にとって、通信も生活必需品の一つになった証ではないでしょうか?

なにせ、冒険家でさえ、いざというときには衛星電話を利用する時代ですから、本当の意味での「天涯孤独」な人などほぼ皆無なのではないでしょうか。